新着記事

DMMFX FX口座

DMMFXで使えるインジケーター一覧!逆に一般的だけど使えないのは?

この記事でわかること

ポイント

  • DMMFXで使えるインジケーターの一覧
  • DMMFXで使える初心者におすすめのインジケーター
  • インジケーターの使い方
  • インジケーターを上手に使うため方法

インジケーターと聞くと、トレードで勝てるようになる便利なツールとイメージされる方もいらっしゃると思います。もしくは、なんだかインチキくさいものだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

どちらも正解だと思います。適切な使い方をしてあげれば便利なツールにもなりますし、反対に使い方がわかっていなければ、全く勝てないインチキツールにもなってしまいます。

この記事ではインジケーターの使い方や上手に使いこなすための方法まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

インジケーターとは

インジケーターは主にテクニカル分析を行うときに使われるもので、チャートにラインとして描かれています。

ほとんどのインジケーターは過去の値を基準に描かれ、チャートに表示させることによって売りや買いのタイミングを計ったり、今後の値動きを予想したりするときに使われています。

インジケーターは主に2種類に分けることができます。

  • トレンド系
  • オシレーター系

トレンドとは、相場の流れのことで、高値・安値を切り上げている上昇トレンドと、高値・安値を切り下げている下降トレンドあります。

トレンド系のインジケーターを使う際にはトレンドが出ている相場で使うと機能しやすいと言われています。

 

オシレーターとは、振り子という意味で買われすぎや売られすぎを示すインジケーターです。

オシレーター系のインジケーターは主にレンジで価格が推移しているときに機能しやすいと言われています。

以下ではDMMFXのインジケーターを参考にして、ツールとともに見ていきましょう。



DMMFXのインジケーター一覧

DMMFXのFX口座数は80万口座を突破するほどの人気のFX会社です。(2020年8月31日DMMFX調べ、DMMFXと外為ジャパンFXを合算した口座数)

インジケーターを使うための取引ツールは初心者からプロまで幅広い層に好評で、すべて無料で使うことが可能です。

DMMFXのツール

PC版取引ツールには

  • DMMFX PLUS
  • DMMFX STANDARD
  • プレミアチャート

の3種類があります。スマホ版取引ツールには

  • スマホアプリ DMM FX
  • DMMFX for smart phone

の2種類があります。まずは、PC版取引ツールのトレンド系インジケーターの一覧です。

 

DMMFX PLUS DMMFX STANDARD プレミアチャート
トレンド系インジケーター 単純移動平均線
指数平滑移動平均線
加重移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
ピボットポイント
エンベロープ
パラボリックSAR
スパンモデル
スーパーボリンジャー
単純移動平均線
指数平滑移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
移動平均線
回帰トレンド
一目均衡表
ボリンジャーバンド
HLバンド
指数平滑移動平均線
エンベロープ
加重移動平均線
線形回帰分析
GMMA
ピボット
フィボナッチピボット
スパンモデル
スーパーボリンジャー
パラボリック
MACD

 

次にスマホ版取引ツールで使えるトレンド系インジケーターの一覧です。

 

スマホアプリ DMM FX
DMMFX for smart phone
トレンド系インジケーター 移動平均線
指数平滑移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
スーパーボリンジャー
スパンモデル
MACD
移動平均線
ボリンジャーバンド
一目均衡表

 

そして、PC版取引ツールのオシレーター系インジケーターの一覧です。

 

DMMFX PLUS DMMFX STANDARD プレミアチャート
オシレーター系インジケーター MACD
RSI
RCI
スローストキャスティクス
ヒストリカル・ボラティリティ
移動平均乖離率
モメンタム
ATR
DMI
ADX
MACD MACD
モメンタム
RSI
移動平均乖離率
RCI
ストキャスティックス
ATR
CCI
ウイリアムズ%R
DMI
Aroon-Indicator
Aroon-Oscillator
ROC
RVI

 

最後にスマホ版取引ツールのオシレーター系インジケーターの一覧です。

 

スマホアプリ DMM FX
DMMFX for smart phone
オシレーター系インジケーター MACD
RSI
DMI/ADX
スローストキャスティクス
RCI

 

上表を見ると、さまざまなインジケーターがあることがわかると思います。しかし、実際のトレードで使うものはシンプルで、自分が理解できるものであればどれでも良いかと思います。

複雑なものを使っても、インジケーターが何を表示しているのかを理解していなければ、トレードで使えません。

なぜなら、インジケーターは売り買いや決済のタイミングをわかりやすくするために表示しているので、インジケーターを理解していなければトレードにおいてタイミングを計ることができないからです。

インジケーターの意味を知らなければ、どこで使っていいのかもわかりませんし、わからないものを基準にトレードすれば、適当にトレードしているのと変わらないことになってしまいます。

ですので、シンプルで使いやすそうなインジケーターを選び理解することで、あなたのトレードをアシストしてくれる存在になってくれることと思います。

とは言っても、これだけ多くのインジケーターがあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、次は初心者におすすめのシンプルで使いやすいインジケーターをご紹介していきます。

DMM FXのおすすめポイント

  • 知名度の高いFX会社なので安心して取引ができる!
  • DMMFXFX口座数は80万口座を突破するほどの人気のFX会社!(2020831日時点)

DMM FXは、口座開設から最短即日でお取引が可能になります。
また、口座開設をして口座開設完了日から3か月以内に新規取引500Lot以上で『20,000円』がキャッシュバックされますので是非この機会にご参考ください。

【無料】DMM FX口座開設はこちらから!


初心者におすすめのDMMFXで使えるインジケーター

まずは、トレンド系インジケーターを2種類ご紹介していきます。

DMMFXで使える!おすすめインジケーター|移動平均線

移動平均線は一定期間の値動きの平均を計算し、ラインで表示したものです。

シンプルかつ代表的なインジケーターであり、多くのトレーダーに愛用されているインジケーターです。

使っている人が多いインジケーターなので、使ってみてわからないことがあったとしても、ネットなどで調べるとことができます。使い方などの情報もたくさん出てくるので、自己解決も容易です。

では、実際のチャートで見ていきましょう。

 

移動平均線は上のチャートの左上から右下へ緩やかに下げているラインのことです。移動平均線にあたっては下げて、少し上がって移動平均線に再度あたっては下げてを繰り返していることがわかります。

ですので、移動平均線はトレンドが発生しているときに、押しや戻りの目安として使うことができるのです。

DMMFXで使える!おすすめインジケーター|ボリンジャーバンド

次におすすめのインジケーターはボリンジャーバンドです。ボリンジャーバンドは移動平均線と「標準偏差」から構成されるインジケーターです。

標準偏差とはデータの平均値に対するばらつき具合を示す指標であり、σであらわされます。

ボリンジャーバンドの±2σの範囲内で価格が収まる確率は95.45%とされています。

したがって、ボリンジャーバンドを使うときは±2σのラインの中で価格が推移すると考えられるので、+2σのラインからは売り、-2σのラインからは買うという戦略を立てることが可能です。

しかし、この戦略は主にレンジ相場で有効なものであり、トレンド相場ではトレンドに対する逆張りとなってしまうのでおすすめできません。

 

 

上のチャートのように下降トレンドなどのトレンド相場では高値も安値も切り下げている状態なので、逆張りは有効な戦略とは言えません。

ですので、利益確定の目安として使うとよいかもしれません。例えば、下降トレンドが発生しているときに、移動平均線から売った場合、-2σのラインにタッチして、前の足の高値を上抜けたら利益確定をするなどが考えられます。

 

 

一方で上のチャートのように、レンジ相場では±2σからの逆張りが有効になってきます。

次はオシレーター系インジケーター2種類をご紹介していきます。

DMMFXで使える!おすすめインジケーター|RSI

RSIはオシレーター系のなかでもメジャーなインジケーターです。使い方は簡単で、RSIが70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断され、反転が近いと予想されます。一般的に70%以上では売り、30%以下で買っていきます。

 

 

RSIはオシレーター系のインジケーターであるため、トレンド相場とは相性が悪く、上のチャートを見てもわかる通り、上昇トレンド時には70%ラインを過ぎてもさらに上昇し続けています。

 

 

一方で上のチャートのようなレンジ相場では70%ライン付近から反転下落し、30%ライン付近では反転上昇しています。



DMMFXで使える!おすすめインジケーター|ストキャスティクス

ストキャスティクスもRSIと同様に売られすぎ、買われすぎを判断し、価格の反転を予想するインジケーターです。

ストキャスティクスには

  • 動きの速いオシレーターラインの%K、%D
  • 動きの穏やかなオシレーターラインのSlow%D

があります。使い方には

  • %Kと%Dを使うファストストキャスティクス
  • %DとSlow%Dを使うスローストキャスティクス

があります。ファストストキャスティクスは価格に敏感に反応するため、短期売買に向いていますが、だましも多くなります。

 

一方でスローストキャスティクスは価格に対しての反応は穏やかになるため中長期売買にも向いているとされています。

どちらも主な使い方として、

  • 80%を超えてきて、%Kが%Dを下抜けたとき、もしくは%DがSlow%Dを下抜けたときに売り
  • 20%を割ってきて、%Kが%Dを上抜けたとき、もしくは%DがSlow%Dを上抜けたときに買い

などの使い方があります。

 

 

ストキャスティクスもRSIと同様にトレンド相場とは相性が悪く、上のチャートのようにトレンドが発生していると、20%ラインを下回ってラインがクロスしたとしても、さらに下げ続けるような値動きが継続してしまいます。

 

 

一方でレンジ相場ではRSIと同様に機能しやすくなっています。

以上、トレンド系オシレーター系のおすすめインジケーターを見てきました。

前述したようにインジケーターは使いどころを間違えると全く機能しないという状況に陥ってしまいます。

ですので、インジケーターはどこでどのように使うのかが大切になってきます。次は使い方について見ていきましょう。

一般的なインジケーターだけど使えないものは?

インジケーターは表示させているだけでは何の意味もありませんので、どう使うかが大事です。一般的に使われているインジケーターでも、使い方がわかっていなければ、全く使えないものになってしまいます。

なぜなら、インジケーターの使い方がわかっていなければ、インジケーターが機能するような場面で使用できないからです。

例えば、移動平均線を使う場合には、

  • トレンド相場で機能しやすい
  • レンジ相場で機能しにくい

ということを知らなければ、レンジ相場で使ってしまったり、トレンド相場で使わなかったりなどと、一般的に使われているインジケーターであったとしても、使えないインジケーターとなってしまいます。

 

反対に移動平均線の性質を理解し、使い方がわかっていれば、以下のような使い方があると思います。

  • 現在トレンドが発生しているのかどうかを移動平均線で判断する
  • 移動平均線が上向きで上昇トレンドが発生していると考えられる場合
  • 押し目を狙っていくもしくは、
  • レンジ相場であることを移動平均線の状態から判断する
  • 移動平均線が横ばい+価格が移動平均線をまたいでいる場合
  • RSIを使って逆張りのエントリータイミングを計る

など、それぞれのインジケーターを使う意味と目的を理解し、トレードにおける使い方を把握していれば、使えるインジケーターとなります。

以上のように、インジケーターは使う人次第で使えるインジケーターにもなり、使えないインジケーターにもなりえるのです。ですから、自分なりの使い方ができるようにしておかなければなりません。

使い方といってもすぐに使えるようはならないので、まずは練習をして実践に備えることになります。次はインジケーターを上手に使いこなすための方法を見ていきましょう。



インジケーターを上手に使うには?

インジケーターを文字ベースである程度理解したら、実際のチャートでその動きを確認していきましょう。

移動平均線を例にとり解説していきます。

  • トレンドで機能しやすい
  • レンジで機能しにくい

と理解できているのであれば、まずはチャート上でトレンドが発生しているポイントを探します。

インジケーターが機能しているポイントを探す

 

 

上のチャートを見てください。チャートからわかることは

  • 白丸から下落が始まっていること
  • 高値安値を切り下げて下降トレンドが発生していること
  • 移動平均線が右肩下がりで推移していること

以上を確認することが出来たら、

  • 下降トレンドの発生
  • 移動平均線を基準に下げている

などの理解ができると思います。となれば、次は戻りのポイントとなりそうなポイントを探していきます。

すぐに見つけられるのは、赤丸付近の移動平均線まで戻ってきたポイントですので、赤丸付近が戻りの候補としてあげられると思います。

以上のような作業ができれば、トレード前に行うシナリオ作りができるようになってきます。

実際に下げているので、赤丸付近でエントリーすることができれば、利益を出すことが可能になります。

このように、まずは出来上がったチャートでインジケーターが機能している場面をいくつも探し出して、自分の知識と照らし合わせながら理解をしていきます。

ある程度の数を見ていき、チャート上でのインジケーターの動きと価格の動きを理解したら、次は右側が見えない状態でその先を予測します。

チャートの右側を隠し先を予測する

 

 

先ほどのチャートの白の垂直線と上のチャートの白の垂直線が同じ時間帯を示しています。白の垂直線が右端に来るあたりまでチャートを移動させ右側を隠します。

上のチャートと、先ほどの出来上がったチャートとを比べると印象がガラッと変わると思います。

この状態で、どのポイントを確認すれば、前述したようなシナリオを描けるのかを考えていきます。

上のチャートでは、白の水平線で上限下限を囲まれたレンジで推移していることがわかります。

しかし、一番右側で高値と安値を切り下げながらレンジブレイクしています。以上の事実をもとにチャートから考えられることは、

  • 下降トレンド発生の確率が高い
  • 下降トレンドであれば、戻りのポイントを探す

そして、戻りのポイントの候補として考えられるのが、

  • レンジの下限
  • 移動平均線

の2つのポイントです。

ですでの、レンジ下限か移動平均線まで戻ってきたら売ろうというシナリオを立てることができるのです。

ポイントをまとめると、

  • 出来上がったチャートでインジケーターの動きを確認
  • 次に右側を隠しながら、どのポイントでインジケーターを使いトレードができるのかを考える

以上のような方法でいろいろな場面を通して検証することで、相場を見る力が育まれます。面倒な作業ですが、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

インジケーターについて見てきました。DMMFXで具体的なインジケーターの種類を確認し、多くのインジケーターが存在することがわかりました。

そして、DMMFXで使える初心者におすすめのインジケーターをトレンド系・オシレーター系それぞれ2種類ずつご紹介しています。

また、インジケーターはただ表示させておいても意味はなく、使い方が大切です。実際にインジケーターを使っていくための方法も解説させていただきました。

インジケーターは適切に使ってあげることで、私たちの強い味方にもなってくれます。ですから、いろいろなインジケーターを使いまわすよりも、1つのインジケーターを深く理解してあげることで十分に活躍してくれることと思います。

DMM FXのおすすめポイント

  • 知名度の高いFX会社なので安心して取引ができる!
  • DMMFXFX口座数は80万口座を突破するほどの人気のFX会社!(2020831日時点)
  • 充実したサポートがあり、特にLINEを使った素早い返信サービスが人気!
  • 取引すればするほどお得なキャンペーン!ポイント換金もできる!

DMM FX口座は初心者から上級者まで幅広い層におすすめできますが、特に初心者にはおすすめできます!

こんな方におすすめ

  • FXが初心者の方
  • 手厚いサポートを受けたい方
  • 様々な取引ツールを無料で利用されたい方
  • 各種取引手数料を抑えたい方

DMM FXは、口座開設から最短即日でお取引が可能になります。
また、口座開設をして口座開設完了日から3か月以内に新規取引500Lot以上で『20,000円』がキャッシュバックされますので是非この機会にご参考ください。

【無料】DMM FX口座開設はこちらから!

 

-DMMFX, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.