新着記事

FX口座 GMOクリック証券

GMOクリック証券の解約方法!必要な手続きや注意点とは?

GMOクリック証券の口座を解約したいけど、やり方がわからないとお困りではありませんか?

GMOクリック証券で口座解約をする場合は、解約手続きの前に必要な手続きがあります。この手続きをしないと損をすることもありますので、どういう手続きが必要なのかを確認しましょう。

この記事では、GMOクリック証券で口座解約する前に必要な手続きと、解約の手順について説明します。

GMOクリック証券で口座解約する2つのパターン

GMOクリック証券で口座解約をする理由には、2つパターンあります。

自ら解約する場合と、口座が凍結されてしまう場合です。ここではその2つのパターン、特に口座凍結されてしまう場合について詳しく説明していきます。

【解約パターン①】自ら解約する場合

解約を希望するときは、普通は自ら口座を解約したい場合ですよね。トレードをしなくなった、大損をしてしまい一度辞めることにした、などの理由で口座解約をしたいと思うことがあるでしょう。

しかし、トレードをしなくなった場合や通知が多くて解約をしたい場合は、別の方法で対処できることをご存じですか?詳細は、あとで詳しく解説します。

【解約パターン②】口座凍結される場合

自ら口座解約を希望する以外に、強制的に口座が使えなくなる口座凍結の状態になることがあります。口座が凍結されてしまる原因は、GMOクリック証券の規約に違反してしまった場合です。

「違反」と聞くと、「そんなことするはずがない」と思うかもしれません。しかし特に初心者の場合は、自分でも気が付かないうちに規約違反をしてしまうことがあります。ホームページから以下の店頭外国為替証拠金取引約款が確認できますので、一度は目を通しておきましょう。

第32条(本取引・本サービスの利用禁止・解約)

お客様が、法令等・諸規則、オンライントレード取扱規程、本約款、「取引ルール」の
各定めに違反した場合、お客様が本約款の内容について承認していただけない場合、当社
が提供する価格等の情報の取得方法または利用方法が不適切であると当社が判断した場合、
または過度の回転売買等不適切な取引であると当社が判断した場合、その他やむを得ない
事由が生じたものと当社が判断した場合は、当社は直ちにお客様に本取引の新規取引及び
本サービスを禁止することができるものとします。この場合、お客様は直ちに期限の利益
を喪失するものとします。

GMOクリック証券FXネオ「店頭外国為替証拠金取引約款」より引用

口座解約前に必要な手続き

GMOクリック証券で口座を解約する場合は、すぐに解約手続きに入ってはいけません。解約前に必要な手続きがあるからです。以下の点に当てはまっていたら、このあと紹介する事前手続きが必要です。

  • 未決済のポジションが残っている
  • 口座内に証拠金が残っている
  • GMOコネクト口座を開設している

【解約前に必要な手続き①】ポジションの全決済

口座解約をする前に必ず確認しておきたいのが、未決済のポジションが残っていないかどうかです。ポジションが残っている状態では、解約ができません。必ずポジションは全決済しておきましょう。

ポジションを決済するときは、損失リスクを小さくするためにも、少額を少しずつ決済をしていくことをおすすめします。ですが、トレードが増えればその分手間がかかりますよね。その場合は、一度に全ポジションをトレードをする全決済も可能です。ポジションの全決済は、GMOクリック証券の取引ページから行います。

【解約前に必要な手続き②】口座内の出金

ポジションを全決済したら、次は口座内の残高を出金しましょう。GMOクリック証券では、出金にかかる手数料は0円です。以下の手順に従って出金操作を行ってください。

GMO出金方法

まず、GMOクリック証券の会員ページにログインし、FXネオを開きます。そして、上の画像の赤丸「入出金・振替」をクリックしてください。

GMOクリック証券の出金方法

入出金ページが開くので、「出金」をクリックして出金手続きに進んでください。出金するには、出金先の口座を設定する必要があります。もし設定していなくても、出金ページで指定ができます。

【解約前に必要な手続き③】GMOコネクト口座の解約

GMOコネクト口座とは、GMOあおぞらネット銀行と連携させることのできる口座です。もし連携させているのなら、口座解約前にコネクト口座を解除する必要があります。GMOコネクト口座の解約は、GMOあおぞらネット銀行で手続きをします。

手順1.GMOあおぞらネット銀行にログインし、お客様情報をクリック

手順2.サービス利用状況でGMOコネクト口座を解約

解約方法が不明の場合はサービスセンターに問い合わせてくださいね。

GMOコネクト口座を解約しても、GMOあおぞらネット銀行の口座は解約されません。コネクト口座の解約後もそのまま使えます。

GMOクリック証券の解約方法

口座解約の前に必要な手続きを済ませたら、次は口座の解約を手続きをします。

解約方法には、最初に電話で解約する方法とネットで解約する方法の2種類。どちらの方法も、解約手続きに必要な書類を請求するための手順です。そのため、その場で解約ができるわけではありません。ここでは、GMOクリック証券の口座解約の方法2種類についてそれぞれ説明します。

電話で解約書類を請求する場合

口座の解約に必要な書類を請求するには、GMOクリック証券のコールセンターに電話をする方法があります。ホームページに記載されているコールセンターの電話番号に電話をかけ、資料を請求しましょう。

このとき、ユーザーIDと電話暗唱番号が必要になりますので、手元に用意しておいてくださいね。資料請求後に、登録している住所へ書類が届きます。

ネットで解約書類を請求する場合

解約の資料請求は、電話だけでなくネットからも行えます。

まずGMOクリック証券の会員ページにログインして、マイページを開きます。

GMOクリック証券の口座解約

お問い合わせをクリックして、さらに「新規のお問い合わせ」をクリックします。

GMOクリック証券の口座解約

問い合わせページが開くので「FXネオ」に印をつけて、下部の①に自由記入欄に口座解約届出書を希望することを記入してください。最後に②の「次へ」を押すと確認画面が開きます。内容を確認して送信すると、書類の請求は完了です。

GMOクリック証券の口座解約

GMOクリック証券の口座解約

ネットで資料請求した場合も、電話と同じように後日登録した住所に書類が届きます。

GMOクリック証券の口座解約手順

ここでは、口座解約の手順について説明します。先に解約書類の請求方法について解説しましたが、ここでは一連の手続きの流れを追っていきましょう。

【解約手順①】口座解約届出書を送ってもらう

解約方法で説明したとおり、電話かネットから解約届出書を送ってもらう必要があります。

登録している住所に届くので、登録情報と異なる場合は注意が必要です。住所変更があった場合の対処方法については、このあとで解説します。

【解約手順②】口座解約届出書に記入して送り返す

口座解約届出書が届いたら、必要事項を記入して送り返します。口座解約届出書の記入方法は、一緒に届く説明書に従って、誤りのないように記入しましょう。

【解約手順③】口座が使用できなくなったら完了

送り返した口座解約届出書に不備がなければ、そのまま口座は解約されます。実際に口座を開いてみて、使用できなくなっていれば口座解約が完了です。

GMOクリック証券で口座解約をするときの注意点

口座解約をするときは、口座残高と登録情報に注意が必要です。ここでは、GMOクリック証券の口座解約するときに注意したい点について解説します。

【解約の注意点①】口座残高を0にすること

解約前の手続きでも解説しましたが、口座残高0にする必要があります。GMOクリック証券では、最低出金額が1万円以上です。口座残高が1万円以下のときは、自動的に全額出金されます。

【解約の注意点②】登録情報に変更がある場合は事前に変更が必要

解約に必要な口座解約届出書は、GMOクリック証券に登録している住所に届きます。そのため、登録した住所に住んでいない場合は、まず最初に住所変更を行う必要があります。

また住所だけでなく、氏名が変更となった場合も事前に届け出が必要です。

口座解約の手続きが面倒な場合は?

ここまで説明してきたとおり、口座を解約するためには手順を踏まなくてはいけません。

しかし、口座の事前手続きをして、解約の書類を請求するのが面倒という方もいますよね。特に、GMOクリック証券の口座を使わなくなった場合や、通知が多くて解約したい場合には、別の方法で対処することも可能です。ここでは、口座解約が面倒な場合の対処方法について解説します。

GMOクリック証券を使わなくなったとき

GMOクリック証券でトレードをしなくなったときは、口座内の資金を出金するだけで対処できます。口座を解約しなくても良いので、面倒な手続きが必要ありません。

また、もう一度GMOクリック証券でトレードをしたくなったときに、改めて口座を開設する手間もはぶけます。GMOクリック証券では、口座を使わずに放置していても問題はありません。

ただし。ポジションが残っているときは全決済をして利益を確定しておかないと、損失が出ることがあります。しばらくトレードを休む場合は、一度全決済をしておきましょう。

通知が多いとき

FXトレードではユーザーがトレードをしやすいように通知機能が付いています。通知機能は、一定条件のときに通知するなど自分自身で設定も可能です。

しかし、使わない設定の通知や、お得情報のメール受信の通知が多くて困ることもありますよね。その場合は、わざわざ口座を解約しなくても通知が切れることをご存じですか?ここでは、通知を切る方法を解説します。

GMOクリック証券の会員ページにログインします。マイページの上部のメニューにある「登録情報・申請」をクリックしてください。

GMO通知設定

登録情報・申請ページの左メニューから「Eメール・ダイレクトメール」を選択します。

GMO通知設定

するとメール設定画面が開くので、変更したいメール設定の「変更画面」をクリックすると通知のオンオフができます。

GMO通知設定

GMOクリック証券の口座解約方法 まとめ

この記事では、GMOクリック証券の口座を解約する方法について解説しました。

口座を解約したいときは、コールセンターに電話をするか、ネット上で口座解約届出書書類を請求する必要があります。口座解約届出書が届いたら、必要事項を記入して送り返します。書類が受理されれば、口座解約は完了です。最後に口座が使えなくなっていることを確認しましょう。

口座解約をするときに注意したいことは、事前に手続きが必要な場合があるということです。特に登録情報の住所に変更がある場合は、請求した口座解約届出書が別の住所に届いてしまうので注意が必要です。

  • ポジションの全決済
  • 口座残高を0にする
  • GMOコネクト口座の解約
  • 登録情報の変更

GMOクリック証券でトレードをしなくなったから、通知が多いからという理由で解約をしたいときは、解約をするよりも簡単な対処方法で試してくださいね。

-FX口座, GMOクリック証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.