新着記事

FX口座 GMOクリック証券

GMOクリック証券のレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

少ない資金で、より大きなリターンを得ることができるレバレッジ。値動きが小さくても、その何倍も大きいリターンが得られることは非常に魅力的です。

一方で、レバレッジは損失も大きくなるリスクがあります。つまり、大きいレバレッジをかけてトレードをすることは、ハイリスク・ハイリターンなトレードなのです。

しかしレバレッジの仕組みを理解し、適切な倍率をかけてトレードすることで、リスクを下げてリターンを上げることができます。

では、GMOクリック証券でかけられるレバレッジの倍率はどれくらいなのでしょうか?設定や変更の方法は?そんな疑問を解消するため、この記事ではGMOクリック証券でかけることのできるレバレッジ倍率と、その設定方法について解説します。

レバレッジとは?

GMOクリック証券のレバレッジについて解説する前に、レバレッジとは何かをおさらいしておきましょう。

レバレッジとは、資金の何倍何十倍もの金額を取引できるようにする仕組みです。FXトレードでは、口座に入金する資金のことを証拠金と呼びます。これを担保として取引を行うのです。

国内のFX会社では、レバレッジの倍率は最大25倍までと法律で決められています。海外のFX会社は、最大レバレッジが数百倍というところもありますので、注意しましょう。

レバレッジはかけた倍率分のトレードができるため、得られるリターンもレバレッジの倍率によって変わります。しかしリターンが数倍になるということは、損益が出たときもかけたレバレッジの倍率になるということ。少しの値動きで大きな金額が動くということを、押さえて置く必要があります。

ここでは、100万円を証拠金として預けた場合を例としてレバレッジについて詳しく説明します。

100円=1ドルのときに、25倍のレバレッジをかけて25万ドルを買うとします。もし、101円に値上がりしたときに25万ドルを売ると、25万円の利益となるのです。つまり、100万円を預けて25倍のレバレッジをかけた場合、1円値上がりするだけで25万円のリターンとなります。

一方1ドル99円のときに、25万ドルを売ると25万円の損益になります。つまり1円の値下がりで25万円マイナスとなるのです。最初の投資額が100万円でしたから、証拠金は一気に75万円に減少します。

レバレッジを高く設定するとリターンも大きくなりますが、その分リスクも大きくなることがわかりますね。

GMOクリック証券でかけれらるレバレッジ倍数は?

GMOクリック証券では、1〜25倍のレバレッジをかけて取引をすることができます。

海外のFX会社では数百倍のレバレッジをかけることもできますが、日本国内のFX会社は25倍までと法律に定められています。これはレバレッジをかけすぎることでリスクが大きくなり、投資家の負担になることを防ぐためです。GMOクリック証券も日本のFX会社ですので、レバレッジは最大で25倍までかけることができます。

GMOクリック証券のレバレッジルール

各FX会社によってレバレッジや、強制ロスカットのルールがあります。ルールを知っておかないと、トレードで損をしてしまうかもしれません。ここでは、GMOクリック証券で知っておきたいレバレッジのルールについて解説します。

【ルール①】レバレッジは証拠金で決まる

GMOクリック証券でのレバレッジは、証拠金で決まります。下記の計算式を使って計算します。

レバレッジ(倍)=(建玉数量×現在の為替レート)÷時価評価総額

建玉とは取引されずに残っている未決済総数のことで、ポジションとも呼びます。現在持っている通貨の数量と考えて良いでしょう。また時価評価総額は、証拠金として口座に入金している金額のことです。

【ルール②】証拠金維持率とレバレッジの関係性

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する純純資産の割合のことです。下記の計算式で算出し、%で表します。

証拠金維持率(%)=時価評価総額÷必要証拠金×100

例えば時価評価総額が100万円、ポジションの必要証拠金が20万円だったとします。このときの証拠金維持率は500%です。このときのレバレッジは5倍になります。

証拠金維持率 レバレッジ
2500% 1倍
1250% 2倍
500% 5倍
250% 10倍

必要証拠金の計算式は以下のとおりです。

必要証拠金=為替レート×10万通貨×4%

レートにより必要証拠金は変わります。実際の必要証拠金はGMOクリック証券のホームページでご確認ください。

【ルール③】レバレッジによる強制ロスカットに注意

強制ロスカットとは、損失が一定金額以上になった場合に自動で全決済され、損失が確定される仕組みのことです。損失が大きくなることを防ぐ、というメリットがあります。

レバレッジの倍率が高いほど一回の取引での損失も大きくなるため、強制ロスカットが起こりやすくなります。GMOクリック証券では、レバレッジ25倍で証拠金維持率が100%を割り込むと新規ポジションが取れなくなり、50%を割り込むと自動ロスカット(強制ロスカット)が執行されます。

GMOクリック証券のレバレッジ設定・変更方法

レバレッジを設定する方法は、FX会社によって異なります。レバレッジの倍率を自分で決められる場合と、証拠金の金額で自動的に決まる場合があります。

GMOクリック証券では、レバレッジを自分で設定することができません。レバレッジを自分で設定できないのなら、リスクが高くなってしまうの?と不安になりますよね。実はレバレッジを調整することは可能です。ここでは、GMOクリック証券でレバレッジの設定方法と変更方法、現在のレバレッジを確認する方法について解説します。

レバレッジの設定方法

GMOクリック証券では、レバレッジを設定することはできません。ただし自分で調節することは可能です。

GMOクリック証券のレバレッジは先に説明したとおり、(建玉数量×現在の為替レート)÷時価評価総額で決まります。つまり、自分がかけたいレバレッジ倍率にするためには、時価評価総額(証拠金)を調整すれば良いのです。

また、建玉数量(取引数量)でもレバレッジが変わるので、取引をする通貨量を変えることでおおよそのレバレッジを調整することができます。ただし取引が可能な取引数量は証拠金額で制限されます。ですので、証拠金を多く入金して取引数量を調節することで、レバレッジを設定することをおすすめします。

ここでは、取引数量を設定する方法を説明します。

会員ページにログイン後、トレードページの「新規取引」で取引数量が設定できます。また、スピード注文の画面でも取引数量を入力数欄があります。

レバレッジの確認方法

レバレッジの設定方法はわかったけど、今のレバレッジが何倍か知りたい。レバレッジの確認はどこでできるのでしょうか?

ここでは、今かかっているレバレッジ倍率を知りたい場合に、GMOクリック証券で確認する方法を説明します。

GMOクリック証券の会員ページにログインし、FXネオのページを開きます。「余力・スワップ」をクリックします。

すると、口座情報が表示されます。現在のレバレッジを確認することができます。はっちゅう君FXプラスの画面では、口座情報のレバレッジを確認しましょう。

GMOクリック証券では、自分でレバレッジを設定することができません。そのため、レバレッジ倍率は証拠金と取引数量で決まります。つまり、ポジションを持っていないときは、レバレッジが0.00倍と表示されます。

レバレッジを変更する方法

GMOクリック証券では、レバレッジを自分で設定することができません。そのため、レバレッジの設定画面はありません。

ではどうやって変更するのかというと、設定方法と同じように証拠金か取引数量で調整をします。ここでは、証拠金の追加入金方法について解説します。

まずはGMOクリック証券の会員ページにログインします。次に「入出金・振替」をクリックしてください。

すると、ページの左側に入出金・振替メニューが出てきますので、「即時入金サービス」か「振込入金」を選んでください。ここでは「即時入金サービス」を選んでみましょう。

即時入金サービスに対応している銀行一覧が表示されます。この中から、振替をしたい銀行を選んでクリックをします。

入金額を入力する欄が出てくるので、入金したい金額を入力してください。また「同意する」にチェックをします。「即時入金開始」ボタンを押すと、選んだ銀行の決済サービスページに移動するので、移動先の指示に従って必要情報を入力すると振替手続きは完了です。

「即時決済サービス」ではなく「振替入金」を選んだ場合は、振替先の口座情報が表示されますので、その口座に入金をします。

 

GMOクリック証券のレバレッジ設定 まとめ

この記事では、GMOクリック証券のレバレッジルールや設定方法・変更方法について解説しました。

GMOクリック証券でかけることのできるレバレッジは1〜25倍です。しかし、自分で設定をしてレバレッジをかけることはできず、入金した証拠金の額でレバレッジが決まります。

証拠金が少額だとレバレッジが高くなるため、強制ロスカットのリスクや損失が大きくなる可能性があります。そのため、FXを始めたばかりの場合は、証拠金を多めに入金すると良いでしょう。

-FX口座, GMOクリック証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.