新着記事

FX口座 GMOクリック証券

GMOクリック証券のロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

FX取引をするときは、いくらからでも通貨を買えるわけではありません。FX取引では、最低取引数量が決まっているのです。

そのため、FX会社によっては最低取引数量が大きく、担保として必要な資金が多く必要な場合があります。FX口座を開設する前に、ロットや最低取引数量を確認しておきましょう。この記事では、ロットの基礎知識から、GMOクリック証券のロットについて徹底解説します。

FX取引の単位ロットとは?

FX取引をしていると、頻繁に目にする「Lot(ロット)」という言葉。取引するときの単位かな?となんとなく想像はできるかもしれません。でも、ロットの意味がきちんとわかっていないと、取引で損をしてしまうこともあります。ここでは、ロットの基礎知識を初心者向けに詳しく説明します。

Lot(ロット)とは?

Lot(ロット)とは、売買する通貨の最小単位です。FXの世界では、ロットという単位を使って通貨が取引されています。基本的には、1ロット=10,000通貨で取引がされています。1通貨はドルで表すと1ドル、円なら1円です。

GMOクリック証券の最小ロット

例えば、1ロットが10,000通貨とすると、1ロットをドル/円で取引するときは10,000ドルから売買できます。1ドル100円のときであれば、1ロット10,000ドルを取引するのに必要な資金は100万円です。つまり、ロット数が小さいほど、用意する資金が少なくて済むということになります。

ただし、FX取引ではレバレッジをかけることができますから、実際に必要な資金はより少なく取引ができます。レバレッジを25倍に設定した場合、1ロットを取引するのに必要な資金は4万円です。(1ロット=10,000通貨、1ドル=1円で取引したとき)

最小取引単位とロットは何が違う?

ここまでロットの仕組みを説明してきましたが、実は実際に取引をするときの最小ロット数は1ロットではありません。どういうこと?と混乱するかもしれませんが、図を使って詳しく説明していきますので安心してくださいね。

GMOクリック証券の最小ロット

FX取引をするときは、最小取引単位が通貨の取引単位となります。例えば1ロット10,000通貨のとき、最小取引単位が1,000通貨とすると、実際は0.1ロットから取引が可能ということです。ロットとは、あくまで1ロットが10.000通貨ですよ、という決まり事。1kgは1000gと決まっていることと同じです。最低の取引単位が1ロットというわけではない、ということを理解しておきましょう。

でも、FX会社のホームページを見ていると「最小取引単位は1,000通貨」とか、「1通貨から取引可能!」など、会社によってバラバラですよね。実は、最小取引単位はFX会社によって異なります。それも1~100,000通貨と幅広いのです。FXを始めたばかりで慣れていない場合は、最小取引単位が少ないFX会社を選んでリスクを小さくしましょう。

ロット数と最低必要証拠金の関係

証拠金とはFX取引をするときに、FX会社に預けて担保にする資金のことです。FX取引では、レバレッジをかけて最大で資金の25倍にあたる通貨を取引できます。

しかし逆に言うと25倍の損失が出る可能性もあるため、FX会社の利益を守るためにトレーダーは担保金として証拠金を預ける必要があるのです。この必要最低限の証拠金を、最低必要証拠金と呼びます。新しい取引を始めるときや、ポジションを持っているときは、常に最低必要証拠金が余力として口座内に入れておかなくてはいけません。

最低必要証拠金は、取引金額の4%と決められています。取引金額は、為替レートと取引数量で計算できます。例えば、1ドル100円のときに最小取引単位10,000通貨のFX会社で、1ロッ取引をした場合を見てみましょう。ただし、このときのレバレッジは25倍です。

最低必要証拠金=為替レート×取引通貨量(通貨量×ロット数)×4%なので、100×(10000×1)×0.04=40,000円が最小取引単位です。同じ条件で、2ロットを取引した場合は以下の計算式で算出します。

100×(10000×2)×0.04=80,000円

取引ロット数が増えるほど、最低必要証拠金が多く必要なことがわかりますね。

GMOクリック証券の最大・最小ロットは?

GMOクリック証券のロット

前項ではロットについて基本的な仕組みを説明しましたが、次はGMOクリック証券の最大・最小ロットを見ていきましょう。

GMOクリック証券の最小ロット

最小ロットとは、最小取引単位となるロット数のことです。例えば、最小取引単位が1,000通貨のときは1ロット=10,000通貨ですから、最小ロットは0.1ロットとなります。

GMOクリック証券のFX最低取引単位は、10,000通貨です。つまりロットで表すと最小ロットは1ロットですね。

他のFX会社と同等のロット数ですので、他社で取引経験がある方でも違和感なく取引ができます。ただし、アフリカランド/円とトルコリラ/円の場合は100,000通貨ですので、注意しましょう。

GMOクリック証券の最大ロット

最小ロットや最小取引単位を中心に説明してきましたが、実は取引できる最大のロット数も決まっています。大量の注文が一度に入ると、FX会社の処理が遅れる原因となります。そのため、一度に取引できるロット数を制限しているのです。

GMOクリック証券の最大ロットは、100万通貨です。これは通常モードでの最大ロットです。このあと紹介するExモードで取引をすると、最大ロット数が変わり、一度の注文でより大きな単位を取引できます。

Exモードとは?

GMOクリック証券のFXでは、通常モードとExモード2種類の注文方法があります。通常モードでは、先に説明したとおり一回の取引の最大ロットは100万通貨です。一方Exモードの最大ロットは、その5倍の500万通貨。一度の注文でより大きな単位の取引が可能です。

Exモードで取引を行うときは、注文画面でExモードを選択する必要があります。Exモードを選ばないと通常モードでの注文になるので注意しましょう。

また、Exモードでは配信レートとスプレッドが通常モードとは異なります。Exモードは無料で使えますが、レートとスプレッドに注意して取引をしましょう。

GMOクリック証券の必要証拠金

GMOクリック証券の最小・最大ロットについて説明してきました。注文をするときは、ロット数に応じた最低必要証拠金が必要になることを忘れてはいけません。GMOクリック証券の最低必要証拠金の計算式は以下のとおりです。

最低必要証拠金=為替レート×(10,000通貨×取引数量)×0.04

例えば、1ドル100円のときに3ロット注文するときの最低必要証拠金は、100円×(10,000通貨×3ロット)=12万円。このときのレバレッジは25倍です。

必要証拠金は為替レートによって左右しますので、注文する前に確認をしましょう。GMOクリック証券の最低必要証拠金は会員ページの余力・スワップから確認ができます。

GMOクリック証券の最大・最小ロット まとめ

この記事では、ロットに関する基礎知識とGMOクリック証券の最小・最大ロットについて解説しました。

ロットと最小取引単位はイコールではない、という点が理解しにくいかもしれません。各FX会社のホームページには最小取引単位が記載されていますので、いくらから取引ができるのかを確認してみましょう。

また、最小取引単位が小さいということは、その分必要証拠金も少なくて済むということです。そのため、用意する資金が少なくてもFX取引を始めるられます。FX初心者の場合は、ロット数が小さいFX会社を選ぶとリスクを低減できます。

GMOクリック証券では、最小取引単位(最小ロット)は10,000通貨と多くのFX会社と同じです。リスクも小さく、取引しやすい金額になります。

一方で、最大ロットはExモードを使うと500万通貨となり、業界でも上位に入る取引量です。一度にたくさんの通貨量を取引したい場合は、GMOクリック証券のFXネオは非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

-FX口座, GMOクリック証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.