新着記事

FX口座 GMOクリック証券

GMOクリック証券のスプレッド・手数料は高い?安い?

FXトレードをするときに気になるのが、取引にかかる手数料ですよね?

せっかくトレードで利益を得ても、手数料が高いと手元に残る利益が減ってしまいます。できるだけ、手数料は安い方が良いですよね

GMOクリック証券のFXトレードでは、口座開設にかかる費用や入出金の手数料は無料です。ただし、多くのFX会社と同じように、スプレッドと呼ばれる手数料のようなものがかかります。この記事では、GMOクリック証券の手数料とスプレッドについて解説します。

GMOクリック証券でかかる手数料は?

FX会社で口座を立ち上げてトレードに必要な資金を入金したり、出金したりするときは手数料がかかることがあります。ここでは、GMOクリック証券でかかる手数料全般について解説します。

口座開設費用と口座維持費用

口座開設費用とは、口座を開設するときに必要な費用のことです。また口座維持費用は、FX会社で口座を作って維持するときにかかる管理費用を言います。

GMOクリック証券では、口座開設費用も口座維持費用もかかりません。両方とも無料です。

入金手数料

入金手数料とは、トレードに使う資金を口座に振り込むときにかかる手数料です。FX会社の中には、入金するときに手数料がかかる会社もあります。GMOクリック証券の入金手数料について説明する前に、まずは入金方法について解説します。

GMOクリック証券で入金する方法は、2種類あります。即時入金サービスと振込入金です。

即時入金サービスとは、GMOクリック証券の会員ページから入金をする方法です。提携銀行からインターネットバンキングを使って、GMOクリック証券のFX口座に入金をします。

入金手続き後は数分以内に反映されるため、入金した資金を使ってすぐにトレードをしたい場合に便利です。即時入金サービスの入金手数料は無料です。ただし提携銀行が限られていることがデメリットです。また提携先の銀行で、インターネットバンキングを契約している必要があります。

一方、振込入金の場合はどの銀行からでも入金ができます。銀行の窓口はもちろん、ATMでも入金が可能です。

ただし、振込の際にかかる手数料は利用者負担となります。また即時入金サービスとは異なり、翌営業日の入金となるためすぐに使いたい場合には不向きです。

出金手数料

出金手数料は、口座に入っている資金を銀行口座に戻すときにかかる手数料のことです。即時入金サービスと同じように、GMOクリック証券の会員ページから出金手続きができます。出金手数料は無料です。出金先の銀行口座に制限はなく、利用者が指定できます。

注意する点は、出金の受付時間によって出金日が翌日、あるいは翌々日になることです。また土日や祝日に出金手続きをすると、次の営業日が出金日となります。すぐには出金処理がされないことに、気を付けましょう。

取引手数料

取引手数料とは、為替取引をするときにFX会社に支払う手数料です。GMOクリック証券では、取引手数料は無料です。

ただし、スプレッドという実質の取引手数料がかかります。スプレッドについては次項で詳しく解説します。

スプレッドって何?GMOクリック証券のスプレッドは?

口座開設費用や維持費用、入出金に手数料はかかりませんが、スプレッドと呼ばれる実質の手数料が存在します。スプレッドは、通貨を買うときと売るときの為替レートの違いで発生します。

スプレッドとは?

FXでは二国間の通貨を売り買いすることで、その差額を利益としています。しかし取引をしてみると、同じ通貨でも通貨を売るときと買うときの価格が異なることに気付くでしょう。この差をスプレッドと呼びます。

例えば、買値(ASK)が1ドル110円50銭のときに、売値(BID)が1ドル110円55銭の場合を考えてみましょう。このときのスプレッドは5銭(0.05円)です。このスプレッドが、実質の手数料となります。

GMOクリック証券のスプレッドは?

GMOクリック証券のスプレッドは、0.2銭と業界で最安です。さらに2020年10月12日から2020年12月22日の間は、スプレッド縮小期間というキャンペーンをしており、ドル/円が0.1銭になっています。

取り扱い通貨ペア 通常スプレッド
AM3:00~AM9:00
期間中スプレッド
AM9:00~翌AM3:00
米ドル/円 USD/JPY 0.2銭 0.1銭
ユーロ/円 EUR/JPY 0.5銭 0.3銭
ポンド/円 GBP/JPY 1.0銭 0.6銭
豪ドル/円 AUD/JPY 0.7銭 0.4銭
NZドル/円 NZD/JPY 1.2銭 0.9銭
カナダドル/円 CAD/JPY 1.7銭 1.5銭
スイスフラン/円 CHF/JPY 1.8銭 1.6銭
トルコリラ/円 1.7銭 1.7銭
南アフリカランド/円 ZAR/JPY 1.0銭 0.8銭
メキシコペソ/円 MXN/JPY 0.3銭 0.3銭
ユーロ/米ドル EUR/USD 0.4pips 0.3pips
ポンド/米ドル GBP/USD 1.0pips 0.6pips
豪ドル/米ドル AUD/USD 0.9pips 0.4pips
NZドル/米ドル NZD/USD 1.6pips 1.4pips
ユーロ/ポンド EUR/GBP 1.0pips 0.8pips
ユーロ/豪ドル EUR/AUD 1.5pips 1.4pips
ポンド/豪ドル GBP/AUD 1.6pips 1.4pips
ユーロ/スイスフラン EUR/CHF 1.8pips 1.6pips
ポンド/スイスフラン GBP/CHF 2.8pips 2.6pips
米ドル/スイスフラン USD/CHF 1.6pips 1.5pips

GMOクリック証券のスプレッドで注意すること

前項では、GMOクリック証券のスプレッドを提示しました。しかし、場合によってはスプレッドが変わる場合など注意すべき点もあります。ここでは、GMOクリック証券のスプレッドで知っておきたい注意点について解説します。

【スプレッドの注意点①】Exモードはスプレッドが違う

Exモードとは、最大発注数量が通常モードよりも大きい注文方法です。トレードする通貨ペアによって変わりますが、基本的には最大で通常モードの5倍量の発注をかけることができます。

Exモードのスプレッドは、配信レートが通常モードと異なります。そのためスプレッドも変わり、通常モードよりも大きくなることがあるので注意しましょう。

【スプレッドの注意点②】通貨ペアによってスプレッドが違う

取引モードの違いだけでなく、トレードする通貨ペアによってはホームページで確認できるスプレッドが異なることがあります。GMOクリック証券では、トルコリラと円の通貨ペアのスプレッドは1.7銭です。しかしこれは固定された数字ではありません。

GMOクリック証券のスプレッドでは原則固定スプレッドと言って、原則的に固定されたスプレッドが適用されています。トルコリラ/円は、原則固定スプレッドの適用対象外の通貨ペアです。つまり、スプレッドが1.7銭以上になる可能性があります。

GMOクリック証券のスプレッドと手数料 まとめ

この記事では、GMOクリック証券の手数料とスプレッドについて基礎から解説しました。GMOクリック証券の手数料は下の図のとおりです。

口座開設費用 0円
口座維持費用 0円
入金手数料

即時入金サービス 0円

振込入金 振込手数料は利用者負担

出金手数料 0円
取引手数料 0円
スプレッド 通貨ペアによる

GMOクリック証券のスプレッドは業界でも最安です。縮小期間中は通常のスプレッドよりもさらに安く、お得にトレードができます。この期間中にGMOクリック証券でFXトレードを始めてみてはいかがでしょうか?

-FX口座, GMOクリック証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.