新着記事

FX口座 外為オンライン

外為オンラインのデモ・バーチャル口座の使い方・やり方

「FXを始めたいけれど、不安だ」、「どのFX会社が使いやすいのか知りたい」、「実際に取引をしながら、学んでいきたい」と思っている方におすすめなのが、デモ・バーチャル口座です。

外為オンラインのデモ口座は最短1分で作成でき、使用料や手数料はかかりません。仮想通貨を使って実際と同様に取引できるので、練習や使い勝手を試すのに適しているでしょう。外為オンラインの特徴である「iサイクル2取引」も試せますよ。

今回は、そんな外為オンラインのデモ・バーチャル口座について、使い方ややり方、解約方法などをご紹介します。外為オンラインを検討している方はぜひ、参考にしてください。

この記事で分かること

・外為オンラインの特徴
・デモトレードとは
・外為オンラインのデモ口座の開設方法
・外為オンラインのデモ口座の使い方
・デモ・バーチャル口座のメリット・デメリット
・外為オンラインデモ口座のメール配信停止、解約方法

外為オンラインの特徴

外為オンラインの特徴は、自動売買が簡単にできる「iサイクル2取引」システムです。仕事や家事、育児が忙しくなかなか取引画面を開けない方や、感情に左右されずに機械的に取引したい方に向いています。また、コースによっては1,000通貨から取引ができるので、「いきなり大金を動かすのは怖い」という初心者の方にも向いているでしょう。

その他、ニュースやセミナーが豊富なことが魅力として挙げられます。その他外為オンラインの基本情報は、以下の通りです。

通貨ペア 26通貨
最小取引単位 L25コース・L25Rコース:10,000通貨
L25 miniコース・L25R miniコース:1,000通貨
スプレッド(2021年1月4日時点) 米ドル⁄円:0.9銭
ユーロ⁄円:1.9銭
英ポンド⁄円:3.4銭
スワップポイント(2021年1月4日時点参考値) 米ドル/円 買い:0 売り:-40
ユーロ/円 買い:0 売り:-35
デモ口座 無料、無期限
本口座開設までに必要な日数 個人口座3~5営業日程度、法人口座7~10営業日程度

デモトレードとは

デモトレードのデモは「demonstration(デモンストレーション)」の略です。デモトレードは仮想のお金を使用してFX取引を行うことを指します。

実際のお金は一切使用しません。そのため、デモトレードで勝ったとしても実際にお金は増えません。また、負けて資産が減るリスクもありません

取引画面や取引ツール、取引通貨ペア、為替レートなどは本口座と同様なので、FX取引の練習や体験に使われることが多いです。

外為オンラインをはじめ多くのFX会社では、本口座とは別にこのようなデモトレードを行うためのデモ口座が開設できます。本口座と違いデモ口座は、数分程度で開設できますよ。

外為オンラインのデモ口座の開設方法

外為オンラインのデモ口座の開設方法は、簡単です。ブラウザの場合デモ口座お申込み(無料)」、デモアプリの場合は「口座開設」をクリックし、名前(もしくはニックネーム)、フリガナ、メールアドレスを入力するだけ。入力したメールアドレスに、ログインID、パスワードが届くので、「デモ口座ログイン」からログインしましょう。

最短で1分と短時間かつ、個人情報の入力などの面倒な手間なく開設できます。デモ口座は以下の4つで体験できますよ。

・パソコン
・スマートフォン(ブラウザ版)
・スマートフォン(アプリ iPhone用)「外為オンライン バーチャルトレード」
・スマートフォン(アプリ Android用)「外為オンライン デモ」

外為オンラインのデモ口座の使い方

ここからは、外為オンラインのデモ口座の使い方をご紹介していきます。

取引方法

外為オンラインのデモ口座でFX取引を行う方法をご紹介します。

  1. デモ口座にログインする
  2. メイン画面に表示される「レート情報」の取引したい通貨の「売り」または「買い」または「指値、他注文」をクリックして、注文画面に移行する
  3. 注文種類(クイックトレード、指値・逆指値、OCO、If Done、If Done+OCO)を選択する
  4. 注文種類に合った注文ロット数や指定レート、有効期限などの入力画面に切り替わるため、注文内容を入力していく
  5. クイックトレードの場合はレートボタン、そのほかの注文種類の場合は内容確認ボタンをクリックすれば注文完了
  6. ポジションを持った場合はメイン画面の「ポジション状況」、指値などで注文中の場合はメイン画面の「注文中明細」に反映される

ポジションを持った場合、現時点で利益があるのか損をしているのかは、ポジション情報の「決済予定損益額」欄で確認できますよ。

iサイクル2取引の取引方法

「iサイクル2取引」は自動売買ツールです。あらかじめ設定した条件を満たしたときに、24時間自動で売買が繰り返されます。

外為オンラインのデモ口座では、作成後1時間以内にiサイクル2取引が自動発注されます。自動発注後約定すると、登録したメールアドレスに約定完了メールが届きますよ。自分で設定してiサイクル2取引を行う際の取引方法は以下の通りです。

  1. 「iサイクル2/サイクル2取引」をクリックする
  2. 「iサイクル2取引」をクリックする
  3. 注文を行う

iサイクル2取引には「ランキング方式」、「マトリクス方式」、「ボラティリティ方式」という3つの注文方法があります。最初はランキング方式が表示されますが、「マトリクス方式はこちら」「ボラティリティ方式はこちら」の下のボタンから切り替え可能です。

ランキング方式は、外為オンラインがシミュレーションしランキング化した設定の中から良いと思うものを選択し、注文する方法です。マトリクス方式は、青いマスをクリックするとそのマスの条件で注文できます。

ボラティリティ方式は、通貨ペア、売りか買いか、変動幅、対象資産を指定して注文を行います。

iサイクル2取引の停止方法

デモ口座作成時にiサイクル2取引が自動発注されてしまうため、停止したいと感じる方もおられるでしょう。iサイクル2取引の停止方法は、以下の通りです。

  1. 「iサイクル2/サイクル2取引」をクリックする
  2. 「iサイクル2/サイクル2取引[稼働状況照会]」をクリックする
  3. 停止したい取引を選択する
  4. 内容を確認し、よれけば停止ボタンをクリックする

iサイクル2取引停止後はその時点で持っている建玉が残ります。停止したタイミングで利確もしくは損切りしても、より利益になるチャンスを待って利確もしくは損切りしても良いですよ。

デモ・バーチャル口座のメリットとデメリット

デモ・バーチャル口座には、メリットもデメリットもあります。利用前に把握しておくと、後悔しにくいでしょう。

デモ・バーチャル口座のメリット

デモ・バーチャル口座のメリットとしては、

  • FXのルールや操作方法を覚えられる
  • リスクを負うことなく取引を試せる
  • 取引ツールの使い勝手を試せる

などが挙げられます。ここからは、これらのメリットについてご紹介していきます。

FXのルールや操作方法を覚えられる

FXを文章のみで学ぶよりも、実際に操作しながら勉強を行う方が身につきやすいことは想像に難くないでしょう。デモ・バーチャル口座なら、実際に操作・取引しながら、FXのルールを覚えられます。架空のお金を使用するので、「間違えて注文してしまった」なんてときも損をする心配はありません。

また、本口座とほぼ同じ取引ツールを利用できるのも魅力でしょう。「取引ツールを見たけれど何がなんだかわからなかった」というFX初心者の方も多くいます。デモ・バーチャル口座なら取引ツールに触れながら様々な取引を試せるので、実践により近い状態でFXを学べますよ。

リスクを負うことなく取引を試せる

デモ・バーチャル口座なら予想が大きく外れてしまっても、実際に自分の資金が減ることはありません。そのためリスクを負うことなく、通貨を買うべきか売るべきかや、利確・損切のタイミングなどの感覚を掴んでいけます

また、資産が減る可能性がないので、実験的な取引を行えるのも魅力です。感覚ではなく、自分で利確や損切のタイミングのルールを決めてそのルール内で取引を行う方も多いかと思います。

デモ口座なら

  • そのルールを破ったらどうなるのか
  • 高額資金で取引したらどうなるか
  • 普段扱わない通貨ペア

などをノーリスクで試せますよ。加えて、どの取引スタイルが向いているか試すチャンスでもあります。

・短時間に売買を繰り返すスキャルピング
・スキャルピングよりも長く保有し数十分~1日かけて取引を行うデイトレード
・2~3日かけて取引するスイングトレード
・中・長期と長い目で見て取引するポジショントレード

など、FXは保有期間においてだけも様々なスタイルと戦略があるので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

取引ツールの使い勝手を試せる

「取引ツールが使いやすいFX会社が良い」という方も多いでしょう。チャートのデザインや機能、それに付随する分析のしやすさ、注文方法の種類などはFX会社により異なります。利用する方との相性もあります。

外為オンラインの本口座の開設には3~5営業日かかりますが、デモ口座なら最短1分で開設できるため、「取引ツールの使い勝手が知りたい」という目的ならデモ口座で充分でしょう。画像などもホームページには掲載されていますが、実際に使ってみて判断できるのがデモ口座の良さです。

デモ・バーチャル口座のデメリット

デモ・バーチャル口座のデメリットとしては、

  • 本口座での取引より緊張感がない
  • 勝っても利益が出ない
  • スプレッドの開き、約定のずれが経験できない

などが挙げられます。ひとつずつ見ていきましょう。

本口座での取引より緊張感がない

リアルなお金がかかっている取引と比較すると、どうしても緊張感がなくなりがちです。本番はデモ取引と異なり「損切のとき、手が震えた」、「含み益のとき待てずにすぐ利確してしまった」なんて方もいます。また、痛手を負わない分リスク管理も甘くなりがちです。

いざというとき冷静に判断できるかやリアルな資金管理スキルなどは、デモトレードでは体験しきれない部分があると言えるでしょう。

勝っても利益が出ない

残念ながら、いくらデモ・バーチャルトレードで勝っても、資産は1円も増えません。「デモ口座ではなく本口座で取引していれば儲けていた」チャンスを逃す可能性があるのです。資産を増やしたくてFXを始める方がほとんどかと思います。FXをゲームとして行うのでなければ、ある程度経ったところで本口座に切り替えるのが良いでしょう。

スプレッドの開き、約定のずれが経験できない

FXにおけるデモ・バーチャル口座と本口座の大きな違いとして、デモ・バーチャル口座は

・スプレッドの開きがない
・スリッページによる約定のずれがない

ということが挙げられます。スプレッドの開きは、

  • 流通量が低いとき(朝5時~8時あたりの時間帯や年末年始、お盆など)
  • 流通量が急激に変動したとき(大きな報道があったときなど)

に起こりやすいです。また、スリッページによる約定のずれは、市場が大きく変動した際に起こりやすいです。これらは、デモ・バーチャル口座では、経験できません。

スリッページについて

スリッページとは、注文時に指定したレートと実際に約定するレートとの差のことです。外為オンラインでは「許容スリップ」が設定できます。許容スリップ幅を小さく設定するとずれは減りますが、約定しずらくなるというデメリットもあります。

外為オンラインのデモ口座はいつまで使えるの?

他のFX会社の中には90日などとデモ口座の有効期限が定められている会社もありますが、外為オンラインのデモ口座には有効期限がありません。納得いくまでデモ口座で試せるのはメリットだと言えるでしょう。

ただ、デモ口座でいくら得をしても、実際に現実世界の資金が増えるわけではありません。資金を増やすためには、どこかのタイミングで本口座に切り替え、取引を始める必要があります

また、バーチャル取引で仮想の通貨を用いるのと実際の資金を運用するのでは、気持ちの揺れが違います。数日経ち操作に慣れた後は、少額でも本口座で取引を始めてみると良いでしょう。

外為オンラインデモ口座のメール配信停止、解約方法

外為オンラインのデモ口座を作成してみたものの、解約したいとお考えの方もおられるでしょう。ここからは、メール配信停止方法と解約方法をご紹介します。

メール配信停止方法

外為オンラインの約定通知は、デモ口座であっても本口座と同様配信停止ができません。デモ口座を使用しておらずかつ約定通知が来るのが不快だという方は、自動売買ツールである「iサイクル2取引」もしくは、「サイクル2取引」を停止しましょう。約定しなくなるため、約定通知メールも届かなくなるでしょう。

解約方法

外為オンラインのデモ口座は、お客様サポートにメールで依頼すれば解約できます。送信先や件名、本文の記載内容は以下の通りです。

送信先:support@gaitameonline.com
件名:デモ口座解約依頼
本文:デモログインID、登録名、解約理由(任意)

デモログインIDが分からなくなってしまった場合は、登録したメールアドレスを記載しましょう。外為オンラインのデモ口座には有効期限はありませんが、1カ月程度利用がない場合は、自動で廃止されることがあります。

まとめ

デモ・バーチャル口座なら、ノーリスクでFX取引を体験できます。外為オンラインなら無料のデモ口座を、最短1分で開設できますよ。個人情報を入力することなく簡単に作成でき、有効期限もないため、興味のある方はぜひ開設してみてくださいね。

-FX口座, 外為オンライン

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.