新着記事

FX口座 外為オンライン

外為オンラインで使えるインジケーター一覧!逆に一般的だけど使えないのは?

はてな

・インジゲーターって何?
・外為オンラインではどんなインジケーターが使えるの?
・外為オンラインでのインジゲーターの表示方法を知りたい

という方も多くおられるのではないでしょうか。

この記事では、外為オンラインで使えるインジケーターをトレンド系とオシレーター系に分けて一覧にしています。インジケーターとは何か、どんなインジケーターなのかということについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で分かること

・インジケーターとは何か
・インジケーターは大きく2種類に分けられる
・外為オンラインで使えるインジケーター一覧
・外為オンラインで使えないインジケーターは?
・外為オンラインでのインジゲーターの設定方法

インジケータ―とは

インジケーターとは、チャート上やチャート画面下に表示するサポートツールのことです。チャートに組み込まれている機能だと考えると分かりやすいかもしれません。「テクニカル指標」とも呼ばれています。

インジケーターを活用することで、チャートが見やすくなります。インジケーターの種類にもよりますが、

ポイント

・トレンドを予想しやすくなる
・売買のタイミングを見極めやすくなる

などのメリットがありますよ。テクニカル分析に欠かせないツールだと言えるでしょう。

インジケーターには多数種類があり、利用できるインジケーターの数や種類はFX会社により異なります。
複数のインジケーターを同時に表示することも可能です。

インジケーターは大きく2種類に分けられる

多数のインジケーターが存在しますが、これらは

  • 「トレンド系インジケーター」
  • 「オシレーター系インジケーター」

の大きく2種類に分けられます。

トレンド系インジケーターとは

FXにおいてトレンドとは、相場の流れのことを指します。相場が上向きの場合は上昇トレンド、相場が下向きの場合は下降トレンド、変化に乏しく横ばいのときはトレンドレスなどと呼びます。

このトレンドを見極めたり、予測するのに便利なのが「トレンド系インジケーター」です。

トレンドに合わせて売り・買いを行う順張りという取引手法に使われることが多いです。また、短期的な予想ではなく、中長期的な相場予想を立てるのに役立ちます。

トレンド系インジケーターは、チャート上に直接表示されるものが多いですよ。

オシレーター系インジケーターとは

オシレーター系インジケーターは主に、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するのに役立ちます

特に、売られ過ぎていたら買う、買われ過ぎていたら売る、逆張りという取引手法を行う際に活躍します。また、短期的な予測に向いています。

オシレーター系インジケータはチャート上ではなく、チャートの下部に表示されることが多いです。

外為オンラインで使えるインジケーター一覧

外為オンラインで使えるインジケーターは、全部で26種類です。

トレンド系インジケーター

外為オンラインのチャート上で使えるトレンド系インジケーターは、以下の11種類です。

・単純移動平均線(SMA)
・指数平滑移動平均線(EMA)
・加重平均移動平均線(WMA)
・複合型移動平均線(GMMA)
・一目均衡表
・ケルトナーチャネル
・新値足
・ボリンジャーバンド
・DMI
・MACD
・RCI

移動平均線

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を結んだ線のことです。

ポイント

  • トレンドの開始・終了・反転を察知する
  • トレンドの勢いを判断する

のに役立ちます。

外為オンラインでは、単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、加重平均移動平均線(WMA)、複合型移動平均線(GMMA)が表示できます。

単純移動平均線(SMA)はその名の通り単純に終値の平均値を結んだもの、指数平滑移動平均線(EMA)・加重平均移動平均線(WMA)は過去の値より現在の値を重視して平均値を計算したもの、複合型移動平均線(GMMA)は短期と長期6本ずつの指数平滑移動平均線(EMA)を同時に表示したものです。

指数平滑移動平均線よりも加重平均移動平均線の方が、よりさらに現在の価格を重く見積もった平均値が計算されます。

一目均衡表

一目均衡表は、日本人考案のインジケーターです。ローソク足と転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つの線で表示されます。

ポイント

  • トレンドの方向性
  • トレンドの強弱
  • 相場の転換点

を判断するのに役立ちます。

ケルトナーチャネル

ケルトナーチャネルはトレンドの発生を判断するのに役立つインジケーターです。移動平均線とハイバンド、ローバンドの3つの線で表示されます。

ローソク足がハイバンドを抜けた場合は上への強いトレンドが発生している、ローソク足がローバンドを抜けた場合は下への強いトレンドが発生しているというサインだと考えられます。

新値足

新値足(しんねあし)は、時間を考慮せず、株価の値幅だけに注目するのが特徴です。

トレンドトレンドの転換点を判断するのに役立ちます。一般的に、陽転したら買う、陰転したら売るという戦略が取られることが多いです。

中長期的なトレンドの判断に向いていると言われています。

ボリンジャーバンド

上下2本ずつのバンドと移動平均線、計5本の線で構築されています。高い確率で上のバンドと下のバンドの中で価格が変化すると想定して、今後の価格予想を行うインジケーターです。

一般的に、上下のバンドの幅が狭くなった状態のあとに訪れる急激にバンドが広がる状態(=トレンドの発生直後)に新規にポジションを持つという戦略を取られることが多いです。

DMI

DMIは

ポイント

・トレンドの有無
・トレンドの強弱
・トレンドの方向

を判断するのに役立ちます。

+DI、-DI、ADXの3本の線で構成されており、+DI、-DIは+・-方向の割合を、ADXはトレンドの強弱を表します。

ADXが上昇している=トレンドがある、ADXが下降している=相場が持ち合いにある可能性が高いと考えられます。また、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかは+DI、-DIで判断します。

DMIはオシレーター系インジケーターに分類されることもありますよ。

MACD

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、MACDラインとシグナルラインの2本の線で構成されます。移動平均線を応用して1979年にジェラルド・アペル氏に開発されたインジケーターです。日本語には「移動平均線収束拡散法」などと訳されます。

MACDラインは長短2つの移動平均の差(短期EMA̠-長期EMA)を、シグナルラインはMACDラインの値をさらにある期間で平均したもの(MACDのEMA)を表しています。この際の移動平均は、単純移動平均(SMA)ではなく指数移動平均(EMA)が用いられています。

一般的に

ポイント

・MACDラインがシグナルラインを下から上に突き抜けたら買い
・MACDラインがシグナルラインを上から下に突き抜けたら売り

と判断されることが多いです。

RCI

RCI(Rank Correlation Index)は、日付と価格に順位をつけて両者にどれだけの相関関係があるのかに着目したインジゲーターです。「順位相関指数」と呼ばれることもありますよ。

主に今の価格が割安なのか割高なのかや売買のタイミングを判断するのに用いられます。RCIのラインが100%に近づけば高値圏、-100%に近づけば安値圏だと考えられます。

ポイント

  • 買われ過ぎの100%ラインに接近した後反転した際に売る
  • 売られ過ぎの-100%ラインに接近した後反転した際に買う

などと使われることが多いです。

トレンド系ではなくオシレーター系に分類されることもありますよ。

オシレーター系インジケーター

外為オンラインのチャート上で使えるオシレーター系インジケーターは、以下の14種類です。

・単純移動平均乖離率(SMA)
・指数平滑移動平均乖離率(EMA)
・加重平均移動平均乖離率(WMA)
・アルティメットオシレーター
・ウィリアムズ%R
・ウィリアムズA/D
・サイコロジカルライン
・篠原レシオ
・シャンデモメンタムオシレーター
・ストキャスティクス
・ピボット
・ROC
・RSI
・VLDMI

移動平均乖離率

今の価格が移動平均線からどのくらい乖離しているか(離れているか)を%で示したのが、移動平均乖離率です。

「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」の判断材料に使われることが多いです。売られ過ぎなら買いのサイン、下に買われ過ぎなら売りのサインとなります。

外為オンラインでは、単純移動平均乖離率(SMA)、指数平滑移動平均乖離率(EMA)、加重平均移動平均乖離率(WMA)が使用できます。

アルティメットオシレーター

日々の値動きから買い圧力と売り圧力を探り、需給関係の方向性を判断するインジケーターです。中長期のトレードに向いていると言われています。「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」の判断に利用されることが多いです。

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R(Williams %R)は、一定の期間の価格変動の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したものです。買われすぎ、売られすぎの判断材料になります。

敏感に反応するため短期での取引に向いており、ボックス圏相場で逆張りをする際に使われることが多いです。

ウィリアムズA/D

ウィリアムズA/Dは、ウィリアムズ%Rと同様ラリー・ウィリアムズ氏が考案したインジケーターです。A/DのAはAccumulation(累積)、DはDistribution(離散)を意味します。

トレンドの転換を確認するのに用いられることが多いです。

サイコロジカルライン

サイコロジカルラインのサイコロジカル(Psychological)は心理という意味です。投資家の心の働きを数値化したインジケーターだと言えます。

例えば当たりとはずれのくじが1枚ずつ入っている箱から1枚引くとき、あたりが出る確率は2分の1です。ただ、当たりが数回続いた場合「そろそろはずれが出るのではないか」、と考える方が多いのではないでしょうか。サイコロジカルラインはこのような心理を利用しています。

そのため、算出方法も特徴的です。価格の上昇率などは考慮せず、直近12日間に何日間前日の終値より上昇した日があるのかその比率を計算します。

売買のタイミングをはかるのに用いられることが多いです。

篠原レシオ

篠原レシオは、Aレシオ、Bレシオ、Cレシオという3つのレシオで表示されます。Aレシオは相場のエネルギー、Bレシオは人気の強弱を表していますよ。この2つのレシオをCレシオは、A・Bレシオの補足的役割を果たします。

売買するタイミングをはかるのに用いられることが多いです。

シャンデモメンタムオシレーター

シャンデモメンタムオシレーター(CMO)は買われすぎ、売られ過ぎの判断、トレンドの強弱を知るのに役立ちます。

0~100で表示され、50を過ぎていたら買われ過ぎ、50を割り込んでいたら売られ過ぎだと考えられます。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、現在の価格が、ある一定期間の為替レートの最安値と最高値の変動幅相場の中でどこに位置するのかを表します。

買われすぎ、売られ過ぎの判断に役立つ、初心者の方にもおすすめなインジケーターですよ。0~100で表示され、80以上で買われすぎ、20以下で売られ過ぎだと考えられます。

ボックス相場で有効であり、逆張りのシグナルとして用いられることが多いです。

ROC

ROC(Rate of Change)は、当日の終値と過去の終値の変化率を表す指標です。相場の勢いを確認したり、買われ過ぎ・売られ過ぎの傾向を判断するのに向いています

持合い相場で有効なモメンタム指標です。

RSI

RSI(Relative Strength Index)は、1本の線である一定の期間の値動きの強弱を示したインジケーターです。買われ過ぎか、売られ過ぎかを判断するのに向いており、逆張りの目安やトレンドの転換を知る目安として用いられます。

0~100%で表示され、70~80%以上なら買われ過ぎ、20%~30%なら売られ過ぎだと判断されることが多いです。ボックス相場に強い反面、強いトレンドが出た際はダマシが多い傾向にあります。

相対力指数と呼ばれることもありますよ。

VLDMI

VLDMI(Variable Length Dynamic Momentum Index)は、ボラティリティに配慮すること、サインを出すのが早いことが特徴である、買われ過ぎ、売られ過ぎを示すインジケーターです。

0~100%で表示され、一般的に70を上回ると買われ過ぎ、30を下回ると売られ過ぎと判断されます。

分析系インジケーター

種類名
サポート&レジスタンス

サポート&レジスタンスでは、サポートラインとレジスタンスラインが表示されます。サーポートラインは下値抵抗線、レジスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれますよ。

サポートライン・レジスタンスラインは多くのトレーダーが意識するポイントです。外為オンラインのサポート&レジスタンスを使えば自動かつ簡単に視覚化できます

外為オンラインで使えないインジケーターは?

比較的多くのインジケーターが使用できる外為オンラインですが、使えないものもあります。一例ですが、以下のようなものです。

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • パラボリック
  • エンベロープ
  • ギャンライン
  • ギャンファン
  • DonChian
  • Renko Chart
  • ヒストリカルボラティリティ
  • マルチタイム移動平均線
  • モメンタム
  • スパンモデル

インジケーターを使用するときに注意すべきこと

インジケーターを使用する際に念頭に置いておいた方が良いことをまとめました。

テクニカル分析に絶対はない

テクニカル分析に絶対はありません。どんなにインジケーターがシグナルを出していても、外れるときもあります。インジケーターを過信し過ぎず、リスク管理をしながらFXトレードを行いましょう。

数種類のインジケーターを組み合わせて使うと〇

インジケーターにはそれぞれ、強み・弱みがあります。ひとつのインジゲーターだけを信じて取引していると、だましにあうことも。初心者であれば、トレンド系から1種類、オシレーター系から1種類を選んで使うと良いでしょう。

ただ、数多くのインジケーターを使えばいいというわけではありません。インジケーターの数が多すぎると、判断が鈍ってしまいます。利用するインジケーターの分析方法や操作方法を理解した上で、自分の投資スタイルに合ったものや欠点を補うものを活用しましょう。

外為オンラインでのインジケーターの設定方法(PC版)

  1. チャートをクリックする
  2. チャートが表示されたらチャート設定をクリックし、テクニカル欄にある表示したいインジケーターにチェックを入れる
  3. 期間等を変更したい場合は、インジケーター名の横にある展開ボタンをクリックし設定する
  4. 保存をクリックする

複数のインジケーターを選択でき、保存1、保存2、保存3と保存先を代えることで3パターンまで登録できますよ。

まとめ

外為オンラインでは、全部で26種類のインジケーターが使用できます。
デモ口座でも本口座と同様にインジケーターが利用できますよ。

インジケーターは数種類を組み合わせることでより効果を発揮しますが、複数出し過ぎて混乱してしまうことも。自分の取引スタイルに合った組み合わせを探してみると良いでしょう。資産を増やすために、上手に活用していきましょう。

-FX口座, 外為オンライン

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.