新着記事

FX口座 ヒロセ通商

ヒロセ通商(LionFX)のロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

みなさん、FXでよく耳にする「ロット」や「最低証拠金」は知っていますか?

この記事は

  • ロットってなに?
  • 最大・大小は?
  • 最低証拠金ってなに?
  • いくら必要なの?

などの疑問を持っている方におすすめの記事になっています。

この記事で少しでもロットや証拠金について知っていただければと思います。



ロットってなに?

ロットとは、FX取引をおこなう最小通貨数量のことでFX会社によって1Lotあたり1,000通貨、10,000通貨、100,000通貨と通貨数量が決まっています。

FX会社によって通貨数は変わってきますのでご自身のFX会社の通貨数を調べてみてくださいね。

ヒロセ通商のロット数

ヒロセ通商のロット数は、基本1ロット=1,000通貨となっています。

例えば、USDだと1000米ドル。
1米ドルが110円のとき、1Lot=1,000米ドル×110円なので110,000円となります。これが米ドルでの取引できる最小の通貨数になります。

しかし、1部のマイナー通貨によってロット数が異なります。異なるマイナー通貨を以下の表にまとめました。

通貨ペア 1Lotあたりの通貨数量
HUF/JPY 100,000
MXN/JPY 10,000
NOK/JPY 10,000
SEK/JPY 10,000

上記4通貨ペアのみ1Lotあたりの数量が異なりますので取引時はお気をつけくださいね。

なぜ、Lotが決まっているのか?

なぜ、1,000通貨が1Lotと決まっているのか気になりますよね?
理由は、取り扱いやすいから。1米ドルづつ購入されるより1,000米ドルづつ購入したほうがわかりやすいですよね。

なので、最小単位が決まっています。

4通貨ペアだけLot通貨数量がちがうのはなぜ?

では、なぜ4通貨だけ通貨数量が違うのか…それは必要証拠金を揃えるためです。



次で、必要証拠金とはなにか詳しく説明していきます。

必要証拠金って?

必要証拠金とは1Lotを購入するのに必要な最低限のお金のことです。

ヒロセ通商ではレバレッジを一律で25倍に設定されているため、基本的に必要証拠金は1Lotの金額の4%となっています。

例えば、USD/JPYが100円のときに1Lotの取引をしたいとなると
1Lotが1,000米ドルなので、100円×1,000米ドル=100,000円。
必要証拠金は1Lotの金額の4%なので100,000×4%=4,000円。
この4,000円が必要証拠金となります。

レート×1Lotの通貨数量×4%=必要証拠金

※100円未満の数字は切り上げになるのでご注意ください。

取引ツールでの確認方法

ヒロセ通商ではLION FXの取引画面内で必要証拠金を確認することができます。

取引画面上部の【情報】→【取引情報一覧】→【証拠金(売)、証拠金(買)】で確認することができます。

画面上【取引単位】は1Lotあたりの取引通貨数量を表していますのでこちらでも1Lotの通貨単位を確認することができます。

必要証拠金の計算方法が違う通貨ペア12種類

ヒロセ通商が取引できる通貨ペア50種類のうち38種類は上記で説明した計算方法ですが、計算方法が異なる通貨ペア12種類をご紹介します。

  • EUR/PLN
  • HKD/JPY
  • HUF/JPY
  • USD/HKD
  • USD/HUF
  • USD/MXN
  • USD/PLN

上記7種類の通貨ペアは以下の計算方法になります。

レート×1Lot あたりの通貨数量×4%(100 円未満切り上げ)または、6,000 円のいずれか高い方

これは、レート×1Lot×4%で計算した金額が6,000を下回った場合でも必ず6,000円は必要証拠金として必要になるということです。

例えば、HKD/JPYが5円のとき必要証拠金を計算すると5×1,000香港ドル×4%で5,000円になります。しかし、HKD/JPYの必要証拠金は6,000円を下回るので5,000円ではなく6,000円必要になります。

次に、

  • PLN/JPY

この通貨ペアの必要証拠金計算方法は以下になります。

レート×1Lot あたりの通貨数量×4%(100 円未満切り上げ)または、3,000 円のいずれか高い方

先程と同じように必要証拠金がレート×1Lot×4%で計算し3,000円を下回る場合でも3,000円の必要証拠金が必要となります。

最後に

  • EUR/TRY
  • EUR/ZAR
  • USD/TRY
  • USD/ZAR

この4種類の通貨ペアの計算方法は以下になります。

レート×1Lot あたりの通貨数量×8%(100 円未満切り捨て)

今まで4%で計算していましたがこの通貨ペアは8%での計算になります。

この計算方法はすこしややこしいのですが
まず、EUR/TRYの場合1ユーロ=3トルコリラのとき必要証拠金は3トルコリラ×1Lot(1,000通貨)×8%=240トルコリラ。このときTRY/JPYのレートが45円として計算すると240トルコリラ×45円=10,800円。この10,800円が必要証拠金となります。

なので、1度トルコリラで必要証拠金を計算し、その後にトルコリラと日本円のレートで必要証拠金を計算する必要があります。

このように取引したい通貨ペアで必要証拠金の計算方法がことなるので取引する際はきちんと確認してみてください。

ヒロセ通商(LION FX)のおすすめポイント

顧客満足度(オリコン)5年連続1位なので、安心して取引ができる!
通貨ペアが豊富で、その数50通貨ペアもある!
スキャルピングを公認している希少会社

ヒロセ通商(LION FX)は、口座開設から最短即日でお取引が可能になります。


必要証拠金の注意点

必要証拠金ってなに?でも述べたように、必要証拠金は最低減必要な金額のことでレバレッジが最大の25倍で計算されている金額になります。

なので、必要証拠金が3,000円だからといって3,000円しか入金しないのはとてもリスクがあるので注意点を以下にまとめました。

注意ポイント

  • ロスカットに注意
  • レバレッジのかけすぎに注意
  • 初心者は1〜3倍のレバレッジがおすすめ

ロスカットに注意

ロスカットとはレートが下がった際にこれ以上損失を出さないために強制的に決算してしまうことです。ヒロセ通商のロスカット基準は有効比率が100%を切ったときに設定されています。有効比率の計算方法は有効証拠金÷必要証拠金×100で計算することができます。

有効証拠金とは口座全体の金額のことです。

例をあげると、USD/JPY100円のとき1Lot取引を行いたいとします。
そのときの必要証拠金は100×1Lot(1,000通貨)×4%なので4,000円。

なので、4,000円だけ入金して取引を行うとその時点で有効比率が100%なので0.5円でもレートが下がるとロスカットされてしまいます。

一度レートが下がりその後上がる見込みがある通貨ペアでも強制的にロスカットされてしまうので多めの入金を心がけましょう。

レバレッジのかけすぎに注意

必要証拠金と同じ金額だけを入金するとロスカットが起こりやすいだけでなく、レバレッジのかけすぎで損失も大きくなることもあります。

レバレッジをかければかけるほど、利益も増えることがありますがその反面損失が増えることもあり得るのです。

(例)5倍の場合(1米ドル100円)

資金10,000円、レバレッジを5倍に設定すると50,000円まで取引可能なので500米ドルの取引が可能です。

しかし、1円下落して99円になったとき50,000円で買った500米ドルは49,500円になるので500円の損失が発生します。

(例)25倍の場合(1米ドル100円)

資金10,000円、レバレッジ25倍に設定すると250,000円まで取引可能なので2,500米ドルを買い。

同じく1円下落し99円になったとき2,500米ドルは247,500円になってしまい、2500円の損失が発生します。

このようにレバレッジをかけすぎるのは損失も大きくなるのでご注意ください。



初心者は1〜3倍のレバレッジがおすすめ

FXをはじめたばかりの初心者の方は1〜3倍のレバレッジでの取引をおすすめしています。

ヒロセ通商のレバレッジ計算方法はレート×ロット数÷レバレッジの倍数=入金金額

USD/JPYが100円で1Lot、レバレッジを2倍で取引したい場合は100×1Lot(1,000通貨)÷2倍=50,000円

入金金額を50,000円にすることでレバレッジの倍数を変更できるので参考にしてみてください。

必要証拠金とロットが通貨ペアで異なる関係

さて、必要証拠金を解説したところで何故4種類の通貨ペアだけロットの通貨数量が異なるのか解説していきますね。

簡単に説明するとレートが低いのです。

  • HUF/JPY…0.35円
  • MXN/JPY…5.22円
  • NOK/JPY…11.85円
  • SEK/JPY…12.32円

(2020年12月現在)

このように米ドルやユーロと比べてレートが圧倒的に低い金額になっています。

例えば、HUF/JPYの1Lotが1,000通貨として必要証拠金を計算すると

0.35×1,000通貨×4%=14円。たった14円の必要証拠金になってしまいます。

このように通貨によって最小購入単位が低くならないようにレートの低い通貨ペアのみ1Lotあたりの通貨数量がことなっています。

ZAR/JPYの証拠金は300円?

上記で必要証拠金が低くなりすぎないように1Lotあたりの通貨数量を決めていると説明しました。

しかし、南アフリカランド/円だけ証拠金が非常に低くなっています。

2020年12月現在、ZAR/JPYのレートは6.83なので必要証拠金は6.83×1Lot(1,000通貨)×4%で273円。切り上げて300円が証拠金となります。

ヒロセ通商に問い合わせたところ今後も変更する予定はないとのことでした。

ただし、南アフリカランドは新興国通貨といい日欧米などの先進国に対し、現在の経済水準はまだ低いものの、高い成長性を秘めた国々の通貨なので注意が取引するのはハイリスクといわれています。

その為、初心者のかたは通常通貨ペアより注意して取引を行ってください。

まとめ

  • ヒロセ通商の基本的に1Lotは1,000通貨
  • 4通貨ペアのみ1Lotの通貨数量が異なる
  • 通貨数量がことなるのは必要証拠金を揃えるため

ヒロセ通商の場合、1Lotあたりの通貨数量は最小1,000通貨〜最大100,000通貨になります。

しかし、1Lotあたりの通貨数量は自分で決めることはできません。

通貨数量を変えたい場合は、Lot数で変更するしかないので1,000通貨、10,000通貨、100,000通貨ごとでの変更になります。

また、ヒロセ通商が定めている1Lot=1,000通貨はFX会社の中では最小の通貨数量です。

1Lot=10,000通貨と決めていることが多いので取引金額が高額になってしまいます。

ヒロセ通商は1,000通貨から取引ができるので初心者の方でも安心して少ない金額でFXを始めることができるのが嬉しいですね。

ロットと必要証拠金について、理解できたでしょうか?
FXをおこなう上で重要なロットと必要証拠金を理解し適切で楽しいFX生活を過ごしてください。

ヒロセ通商(LION FX)のおすすめポイント

  • 顧客満足度(オリコン)5年連続1位なので、安心して取引ができる!
  • 通貨ペアが豊富で、その数50通貨ペアもある!
  • スキャルピングを公認している希少会社
  • 取引ツールがパソコン・モバイルともに豊富にある!
  • 安心の24時間電話サポートもある!

ヒロセ通商(LION FX)は初心者から上級者の方に幅広く対応できるFX会社なので、デメリットはほとんどありません。

こんな方におすすめ

  • 初心者〜上級の方
  • 手厚いサポートを受けたい方
  • 50種類の豊富な通貨ペアで取引をされたい方
  • スキャルピングをしたい方

ヒロセ通商(LION FX)は、口座開設から最短即日でお取引が可能になります。
ヒロセ通商では毎月様々な多数のキャンペーンを実施しており、新規のお客様限定のキャンペーンも開催されているので、是非この機会にご参考ください。

【無料】ヒロセ通商新規口座開設はこちらから!

-FX口座, ヒロセ通商

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.