新着記事

FX口座 口座比較

初心者向けのFX口座を徹底比較!選び方からおすすめまで紹介

はてな

  • FXを始めたいけど、何から手をつけたらいいの?
  • FX口座を選ぶ際のポイントは?
  • 初心者向けのFX口座のおすすめは?

などの疑問をお持ちではありませんか?

この記事を読むことで以下のことがわかります。

ポイント

  • FX口座を選ぶ際の手順
  • FX口座を選ぶ際のポイント
  • 初心者向けおすすめFX口座

これからFXを始めようと考えている方、FXの口座選びで迷っている方、FX口座のおすすめが知りたい方、などのお役に立つ内容となっています。

初心者がFX口座を選ぶ際の手順

FX口座にはそれぞれ特徴があります。

短期トレードに適した口座、情報が豊富な口座、長期トレードに適した口座など、口座ごとに得意な分野、苦手な分野があります。

しかし、口座の特徴を理解していたとしても、自分に合った口座となると、どのようなトレードが自分に合っているのかがわかっていなければ、選びようがありません。

ですから、まずは自分にどのようなトレードが合っているのかを知ることが、優先されます。

以降、次のような手順に沿って解説していきます。

  1. どのようなトレードが合っているのかを知る
  2. FX口座の特徴を理解する
  3. 初心者向けのおすすめ口座5つの比較
  4. 自分に合った口座を選択する

以上のような4ステップを経ることで、自分に合った口座選びがスムーズに行えます。

【初心者が口座を選ぶ手順1】どのようなトレードが合っているのかを知る

前述したように、まずは自分にどのようなトレードが合っているのかを、理解しましょう。

トレードスタイルは大きく分けて、4つあります。

  1. スキャルピングトレード
  2. デイトレード
  3. スイングトレード
  4. ポジショントレード

以下で、4つのトレードスタイルの簡単な解説をしていきます。

1.スキャルピングトレード

スキャルピングトレードは数秒から数分の間でトレードを完結させる超短期トレードです。

チャンスが多い一方、判断の回数が多くなるので、高度な判断力と経験が必要なトレードスタイルです。

2.デイトレード

デイトレードは数分から数時間で、トレードが完結する短期トレードです。

ほとんどの場合、その日のうちにポジションは決済します。

スキャルピングトレードよりも判断回数は減るので、ある程度の余裕を持ってトレードをすることができます。

3.スイングトレード

スイングトレードは数日から数週間でトレードを完結させる中期トレードです。

判断回数がぐっと減ると同時に、短期トレードに比べてトレードチャンスも減ってしまいます。

しかし、余裕を持って判断ができるで、トレードの計画をしっかり立てることができます。

4.ポジショントレード

ポジショントレードは数週間から数ヶ月、場合によっては数年という長い時間をかけて、トレードが完結する長期トレードです。

前述の3つのトレードスタイルと比べると、トレードチャンスはかなり減ります。

それに加えて、ファンダメンタルの分析が必須となります。

このように、トレードスタイルによって、トレードチャンスの頻度やトレードが完結するまでの時間に大きな違いが生じてきます。

口座を選ぶ前に、どのようなトレードスタイルが自分に合っているのかをある程度知る必要があります。

なぜなら、取引スタイルによって、口座選びの際に重視すべきポイントが違ってくるからです。

例えば、スキャルピングトレードを始めようと考えているのに、スワップポイント(ポジションを長く保有することでもらえるポイント。簡単に言えば利息のようなもの)を気にしても仕方ありません。

スキャルピングトレードなら、1回ごとのコストを重視すべきで、口座選びの際にはスプレッド(売値と買値の差額。実質的なコストとなるもの)が狭い口座を選択するべきです。

ですので、まずはトレードスタイルを選択する必要があるのです。

初心者に向かないトレードスタイル

トレードスタイルをざっくりと理解できたところで、自分にあったトレードスタイルを選択するのですが、初心者に向かないトレードスタイルがあります。

それが、スキャルピングトレードとポジショントレードです。

なぜなら、スキャルピングトレードは短時間で適切な判断を繰り返し行わなければなりません。

ですから、適切な判断力や経験がない初心者には、向いていないスタイルということができます。

次にポジショントレードでは、ファンダメンタル分析を取り入れ長期的な予測のもと、ポジションを取らなければけらばならないトレードスタイルなので、初心者には向きません。

その理由として、ファンダメンタル分析を使ってエントリーポイントなどのトレード計画を立てなければならない点があげられます。

ファンダメンタル分析は、ただ単に知識だけを覚えていれば使える、というものではありません。

例えば、経済指標などの数字が良ければ、通常、対象国の通貨が買われますが、その他の状況によっては売られる場合もあります。

単純な知識や数字だけでは判断できず、現在の相場状況や、これまでの推移など、様々な組み合わせから判断しなければなりません。

ですので、経験や知識のない初心者には向かないトレードスタイルといえます。

初心者に向いているトレードスタイル

以上から考えると、初心者の選択できるトレードスタイルは、デイトレードかスイングトレードということになります。

ここまで絞り込みができれば、あとは自分のライフスタイルから無理なく行えるトレードスタイルを選択することができます。

実際にトレードしてみて、選択したトレードスタイルが合わないなと感じたら、変更も可能です。

しかし、頻繁にトレードスタイルを変更していては、トレードスタイルを選択した意味がありません。

ですので、一定期間は選択したトレードスタイルに沿ったトレードを行いましょう。

次は、FX口座の特徴を押さえて、デイトレードやスイングトレードに適した口座の把握を行います。

【初心者が口座を選ぶ手順2】FX口座の特徴を理解する

FX口座の特徴を理解するために必要な指標は以下の5つです。

  1. スプレッド
  2. スワップポイント
  3. 最低取引単位
  4. ツールの使いやすさ
  5. デモトレードの有無

1.スプレッド

スプレッドは売値と買値の差額で実質的な取引コストです。

取引回数に応じて取引コストが積み重なってくるので、短期トレードであればあるほど、コストは高くなってしまいます。

ですので、デイトレードを選んだ方にとっては、気にすべき指標となります。

一方で、スイングトレードを選んだ方にとっては、短期トレードに比べると重要度は下がります。

2.スワップポイント

スワップポイントとは、2国間の金利差調整分のことです。

ニューヨークの取引終了をまたいで、ポジションを保有することでもらうことができます。

ポジションの保有日数が長ければ長いほど、もらえるスワップポイントも多くなります。

ですので、デイトレードではあまり重要視しなくていい指標ということができます。

一方でスイングトレードの場合、数週間に及びポジションを保有することもあるので、重要視すべき指標と言えます。

3.最低取引単位

最低取引単位とは、そのFX口座で取引できる最も少ない数量のことです。

少ない数量で取引するメリットは、資金量を抑えることができるため、リスクを抑えたトレードが可能になることです。

トレードを開始して間もない頃は、ミスが多くなるため、少ない数量でトレードを行い、ミスによる損失を最小限に抑えることが望ましいでしょう。

4.ツールの使いやすさ

初心者には、直感的に使うことができるツールがおすすめです。

高機能なツールは使い慣れるまでに時間がかかりますし、初心者にとって使いこなすことが難しく、迷いの原因にもなってしまいます。

ですので、初期の頃はシンプルなツールが良いでしょう。

5.デモトレードの有無

デモトレードが用意されているFX会社であれば、無料でリスクなく、操作方法などの確認や練習を行うことができます。

また、バーチャルな資金を使用するため、いくら損失が出たとしても、実際の資金に影響はありません。

さらに、デモトレード口座を開設するのに、メールアドレスの入力だけで行える口座がほとんどですので、簡単に始めることができます。

以上、初心者がFX口座を選ぶ際に重視すべき5つの指標を見てきました。

この5つの指標は、一般的な口座比較をする際にも、重視される項目ですので、経験者であっても参考になると思います。

次はデイトレード、スイングトレードを快適に行うことができる、おすすめのFX口座を詳しく解説していきます。

【初心者が口座を選ぶ手順3】おすすめFX口座5選!徹底比較

初心者向けのFX口座を5つご紹介します。

  • SBIFXトレード
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • 外為どっとコム
  • 外為オンライン

1つずつ解説していきます。

SBIFXトレード

SBIFXトレードの特徴

ポイント

  • 1通貨からのトレードが可能
  • 取り扱い通貨ペアが多い
  • スプレッド・スワップポイントともに優秀

リスクを抑えてトレードを始めたい初心者の方におすすめのFX口座です。

1通貨からトレードができるので、リアルマネーをリアルタイムで動かす体験が低リスクで行えます。

しかし、取引数量によってスプレッド幅が変わるので、ご注意ください。

取引数量が小さければ、スプレッド幅も狭くなりますが、取引数量が大きくなるごとに、スプレッド幅も広くなります。

また、取り扱い通貨ペアが豊富に用意されているので、スイングトレードでは選択肢の幅が広がりチャンスが増加します。

それに加えて、スワップポイントも比較的高く設定されています。

GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴

ポイント

  • 10,000通貨からの取引(※例外あり)
  • ツールが使いやすい
  • スプレッド・スワップポイントともに優秀
  • デモトレードができる

GMOクリック証券の最低取引単位は原則10,000通貨からなので、少額取引はできるものの、1,000通貨取引ができるFX口座と比べ、トレードを開始するために必要な資金量が大きくなってしまいます。

しかし、取引ツールは直感的に使える「はっちゅう君」が人気で、初心者にも扱いやすいツールが用意されています。

また、プラチナチャートは高性能・多機能で取引に慣れてくれば、強い味方になってくれるツールと言えます。

そして、スプレッド幅は狭く、スワップポイントは高く設定されているので、幅広いトレードスタイルに対応していると言えるでしょう。

デモトレードが用意されているので、実際に自分に合っているツールなのかどうか、今すぐにでも試してみることができます。

DMMFX

DMMFXの特徴

ポイント

  • 最低取引単位が10,000通貨
  • 補助ツールが便利
  • スプレッド・スワップポイントともに優秀

DMMFXもGMOクリック証券と同様、最低取引単位が10,000通貨からなので、1,000通貨取引と比べると、トレードを開始するための資金量が大きくなってしまいます。

しかし、取引ツールは直感的に使うことができ、自分の取引を分析してくれる補助ツールも提供されています。

トレードを学ぶために最も効果のある教材をあげるなら、自分の行ってきたトレード記録と言えるでしょう。

このトレード記録を、自動で分析してくれるのが取引通信簿です。

取引通信簿では、自分のトレードを客観的に振り返ることができます。

初心者の頃はどうしても主観的に相場を見て、その主観に基づいてトレードを行いがちです。

ですから、客観的に取引データを分析してくれるツールは非常に有効と言えます。

また、デモトレードを利用すれば、ノーリスクで取引に慣れることも可能です。

DMM FXのおすすめポイント

  • 知名度の高いFX会社なので安心して取引ができる!
  • DMMFXFX口座数は80万口座を突破するほどの人気のFX会社!(2020831日時点)

DMM FXは、口座開設から最短即日でお取引が可能になります。
また、口座開設をして口座開設完了日から3か月以内に新規取引500Lot以上で『20,000円』がキャッシュバックされますので是非この機会にご参考ください。

【無料】DMM FX口座開設はこちらから!


外為どっとコム

外為どっとコムの特徴

ポイント

  • 情報量が多いこと
  • スプレッド・スワップポイントともに優秀
  • みらい予測チャートが利用可能

外為どっとコムでは、豊富な情報を提供してくれています。

ニュースはもちろんのこと、過去に発表された指標を各国ごとに、グラフで見ることができるので、指標データの推移が一目瞭然です。

また、スプレッド・スワップポイントともに優秀で、万能型のFX口座と言うことができます。

そして、みらい予測チャートでは、過去のチャートから現在のチャートと類似した形を見つけ出し、チャートが今後どのように動くのかを予測をしてくれます。

トレーダーが行う最も重要な仕事の1つとして、トレード計画を立てるという作業があります。

このみらいチャートを参考にすれば、トレード計画を立てる練習も可能です。

初期の頃はこのようなツールを使って、トレード計画を立てるのも良いでしょう。

外為オンライン

外為オンラインの特徴

ポイント

  • スプレッドが広いこと
  • iサイクル2取引という自動売買があること
  • 取引ツールがシンプルで直感的に使いこなせること

外為オンラインは、他のFX口座に比べてスプレッドが広く設定されています。

ですので、短期トレードには向かない口座ということができます。

しかし、iサイクル2取引という外為オンライン独自の自動売買取引を行うことができます。

なぜ、自動売買取引をおすすめFX口座に入れたかというと、初期の頃はどうしても、感情に流されて取引してしまいがちです。

ですので、感情の入らない取引というものを実感していただくために、自動売買取引として人気の高いiサイクル2取引をご紹介しています。

また、取引ツールはシンプルであり、直感的に使いこなすことができるので、初心者にもおすすめの口座ということができるのです。

 

【初心者が口座を選ぶ手順4】口座を選択する

以下では、5つの口座の指標を一覧表にしています。

SBIFXトレード GMOクリック証券 DMMFX 外為どっとコム
外為オンライン
スプレッド(2021年1月)
ドル円 0.1銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.9銭
ユーロ円 0.28銭 0.5銭 0.5銭 0.5銭 1.9銭
ポンド円 0.5銭 1.0銭 1.0銭 1.0銭 3.4銭
南アフリカランド円 8円 1.0銭 1.0銭 1.0銭 14.9銭
トルコリラ円 5円 原則固定対象外 - 1.7銭 0.9円
最低取引単位 1通貨 10,000通貨 10,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
ツールの特徴
  • 高性能
  • 多機能
  • 高性能
  • 直感的
  • 直感的
  • 多機能
  • 高性能
  • 多機能
  • 直感的
  • シンプル
  • 自動売買取引
デモトレードの有無 なし あり あり あり あり
通貨ペア数 34 20 20 30 26

上表からもわかる通り、どの口座もスプレッド・スワップポイントともに、優秀です。※外為オンラインは自動売買取引口座としてピックアップしています。

デイトレード・スイングトレードを問わず、どこを選んでもある程度ご満足いただける口座に絞り込んでいます。

GMOクリック証券とDMMFXでは最低取引単位が10,000通貨からですが、ある程度の資金量がある方であれば、10,000通貨からでも問題ないでしょう。

そして、ツールに関して、それぞれの口座で特徴を解説してきましたが、やはり、ご自分で実際に体験してみることをおすすめします。

デモトレードができれば、操作方法の確認とともに、使用感の確認も無料で行えます。

しかし、SBIFXトレードでは、デモトレードが用意されていませんが、1通貨取引ができるので、小さなリスクで操作方法と使用感の確認が行えます。

以上のおすすめ口座であれば、初心者でも問題なく使いこなせるでしょう。

まずは、デモトレードや少額トレードで実際に体験してみて、ご自分にしっくりとくるものを選択してください。

ただ、外為オンラインはスプレッドが広いため、自動売買を体験してみたい方、特にトレード時に感情的になりやすい方に、感情の入らないトレードを経験していただくための口座としてご紹介しています。

初心者向けFX口座徹底比較のまとめ

初心者向けのFX口座をご紹介してきました。

まず、初心者がFX口座を選ぶ際に、トレードスタイルから決めることを解説してきました。

しかし実際は、初心者にマッチするトレードスタイルは2つに絞り込むことができます。

続いて、FX口座の特徴を理解するためのポイントを5つ解説しています。

ポイント

  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 最低取引単位
  • ツールの使いやすさ
  • デモトレードの有無

以上のポイントは、初心者がFX口座を選ぶ際に重視すべきポイントです。

また、初心者に限らず、現在のFX口座がいまいち合っていないなと考えている方も、前述の手順に従い口座選びの見直しをしてみるのも良いでしょう。

ご自分に合ったFX口座を選択するには、トレードスタイルと5つのポイントを把握することができれば、あとは、おすすめのFX口座を参考に選択するだけです。

そして、自分に合うと感じた口座で実際にデモトレードや少額トレードを行ってみることで使用感の確認をすることができます。

実際に体験してみることで、あなたにあったFX口座と出会える可能性が高まることでしょう。

-FX口座, 口座比較

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.