新着記事

FX口座 インヴァスト証券

インヴァスト証券で使えるインジケーター一覧!逆に一般的だけど使えないのは?

  • インヴァスト証券で使えるインジケーターは?
  • インヴァスト証券で一般的だけど使えないインジケーターは?
  • インジケーターの使い方は?

などの疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事では以下のことがわかります。

  • インヴァスト証券で使えるインジケーター一覧
  • インジケーターの使い方
  • インヴァスト証券で使えないインジケーター
  • 自動売買でインジケーターを活かす方法

インヴァスト証券で自動売買だけでなく裁量トレードもやってみようと思っている方、インジケーターの使い方を知り、自動売買の精度を上げようと考えている方、などに参考になると思いますので、ご一読ください。

インジケーターとは

インジケーターは、レートから算出された情報を視覚的にわかりやすくチャート上に表示させたものです。

インジケーターには以下の2種類があります。

  • トレンド系インジケーター
  • オシレーター系インジケーター

トレンド系インジケーターを使うことで、トレンドの発生や押し戻りのタイミングを計ることができます。

オシレーター系インジケーターは相場の勢いを測るインジケーターで買われすぎ売られすぎを判断し、相場の過熱感を把握することができます。

インジケーターのメリット

インジケーターを使うメリットは、

  • 相場の方向性や状態を把握できること
  • 一定の売買タイミングが計れること

1つずつ解説していきます。

相場の方向性や状態が把握できること

チャートを見ただけでは、明らかに上昇しているとか、下落しているという場合以外は方向性がつかみにくいものです。

しかし、インジケーターを使うことで、緩やかに上昇している場合や緩やかに下落している場合でも、視覚的に方向性をつかみやすくなります。

一定の売買タイミングが計れる

インジケーターを使うことで、一定の売買タイミングを計ることができます。

なぜなら、価格情報に基づいて一定の計算式を使うことで算出された数値によって、インジケーターは描かれるからです。

例えば、単純移動平均線は過去の数日間の終値の平均値であり、N日間の終値の合計÷N日間によって算出されます。

ある時はM日間の合計を使い、ある時はN日間の合計を使う、ということはないので、レート情報を基準にして一定の値が算出されます。

ですので、一定の売買タイミングの把握ができるのです。

続いてインジケーターのデメリットです。

インジケーターのデメリット

インジケーターのデメリットとして、

  • レート情報をもとに算出されるため、レートより遅れて表示されること
  • 絶対のものではないこと

1つずつ解説していきます。

レート情報をもとに算出されるため、レートより遅れて表示されること

レート情報をもとに算出されるので、どうしてもレートに遅れて表示されてしまいます。

なぜなら、レートの確定を待たなければならないからです。

例えば、先ほどの移動平均線の計算式はN日間の終値の合計÷N日間でした。

ということは、N日間の終値が形成されるまでは、移動平均線の値が確定されません。

ですので、移動平均線はレート情報よりも遅れて表示されるのです。

絶対のものではないこと

インジケーターは確かに相場を見やすくしてくれますが、絶対的に正しいということはありません。

インジケーター通りに相場が動かないことは多々あります。

インジケーターを絶対視しないことは大切です。

なぜなら、過信しすぎればインジケーターが間違った方向性を示しても、インジケーターが指し示す可能性しか信じられないような心理状態に陥ってしまうからです。

ですから、インジケーターを絶対視しすぎず、間違う可能性もあることを念頭に置いてトレードすることが必要なのです。

以上、インジケーターのメリットデメリットを見てきました。

次はインヴァスト証券で使えるインジケーターを見ていきましょう。

インヴァスト証券で使えるインジケーターと使い方

インヴァスト証券で使えるインジケーターは以下の一覧通りです。

  • 単純移動平均線
  • 指数移動平均線
  • エンベロープ
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • オシレーター系インジケーター
  • MACD
  • モメンタム
  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • DMI
  • 移動平均乖離率
  • CCI

インヴァスト証券は「トライオートFX」「シストレ24」などの自動売買をメインとするFX会社ですので、インジケーターの種類は他のFX会社に比べて少ない印象です。

しかし、インジケーターを複数使えばいいというものでもなく、どのように使うかの方が重要です。

なぜなら、インジケーターを複数表示させていても、理解していなければ使いようがありません。

また、どのように使うのかを明確に定めておかなければ、トレード中に使用することは難しいでしょう。

例えば、一目均衡表をチャート上に表示させていたとします。

一目均衡表について何も知らなければ、ただのごちゃごちゃしたラインが表示されているだけとなってしまいます。

しかし、一目均衡表を理解して、相場の判断ができるようになれば、適切な方向へ適切なタイミングでポジションを取れる可能性が格段にアップします。

ですので、インジケーターを使う場合には、まずは対象となるインジケーターを理解することから始めましょう。

理解が進んだら、そのインジケーターの使い方を明確に定めておくことをおすすめします。

なぜなら、使い方を明確に定めておくことで、一貫性のあるトレードができるようになるからです。

それに加えて、レートの動きも合わせて観察しておきましょう。

インジケータはあくまで補助的な位置づけとして考え、値動きのパターンも含めて取引の判断に使用することができれば、判断力の向上が期待できます。

次は一般的なインジケーターでインヴァスト証券では使えないインジケーターもご紹介していきます。

インヴァスト証券で使えないインジケーター

トレンド系インジケーターでは「平均足」。

オシレーター系インジケーターでは「サイコロジカルライン」。

1つずつ解説していきます。

平均足

平均足は相場の流れを連続した陽線、もしくは連続した陰線によって視覚的に簡単に把握することができるインジケーターです。

平均足では通常のローソク足とは異なる4本値を使用します。

通常のローソク足では、始値、高値、安値、終値で一本のローソク足が描画されますが、平均足では以下の4本値を使用します。

  • 始値は前日の始値、高値、安値、終値の平均値
  • 高値は通常のローソク足と同様の当日高値
  • 安値も通常のローソク足と同様の当日安値
  • 終値は当日の始値、高値、安値、終値の平均値

平均足は前の足の中心から描画されるため、窓が開きません。視覚的にもトレンドが認識しやすくなります。

しかし、平均足は終値に平均値を使用するため、現在レートと異なる位置に平均足が描画される場合があります。

したがって、現在レートの正確な位置を把握するために、ローソク足の確認が必要になってしまいます。

次にサイコロジカルラインについて見ていきましょう。

サイコロジカルライン

サイコロジカルラインは投資家心理を数値化して売り買いの判断に利用します。

サイコロジカルラインは「対象期間内で価格が上昇した日数」を「対象期間の日数」で割った値をパーセンテージ表記します。

例えば、12日間のうち上昇した日数が10日間あれば、10÷12×100%≒83%となり、サイコロジカルラインは83%ということになります。

通常サイコロジカルラインでトレードする場合は、以下のような売買シグナルに従います。

  • 75%以上で買われすぎと判断し、売りシグナル
  • 25%以下で売られすぎと判断し、買いシグナル

ですので、サイコロジカルラインが83%であれば、買われすぎと判断し、売ることになります。

しかし、大まかな計算で求められているので、精度が低く他のオシレーター系インジケーターとの併用がおすすめされています。

インジケーターを自動売買に生かすには

インジケーターを自動売買で生かすには2つの方法があります。

  1. インジケーターを使って自動売買のストラテジーを作成
  2. ストラテジーの利用停止、継続などの判断に使う

1つずつ解説していきます。

1.インジケーターを使って自動売買のストラテジーを作成

言葉の通り、インジケーターを基準とした自動売買のストラテジーを自作します。

ただ、自作となるとインジケーターに関する理解だけでは足りず、プラットフォームへの理解も必要になってくるので、難易度は高くなります。

ですので、実際に選ぶ選択肢は2となるでしょう。

2.ストラテジーの利用停止・継続などの判断に使う

ストラテジーを一定期間利用してみると、そのストラテジーの連敗している期間や、ドローダウン期間が把握できるようになります。

もし、連敗期間やドローダウン期間でインジケーターから把握できる共通点があれば、その期間はストラテジーの利用を停止することで、連敗やドローダウンを避けることができます。

しかし、利用停止することで、本来とれるはずだった利益も得ることができなくなる可能性があるので、見極めが非常に難しくなります。

ですから、検証と実践を繰り返す根気のいる作業が必要となるでしょう。

一方でこのような根気がいる作業を繰り返し行うことで、相場を見る目が養われるというメリットもあるので、試してみる価値はあると思います。

インヴァスト証券のインジケーターについてのまとめ

インヴァスト証券のインジケーターについて解説してきました。

インジケーターは価格をもとに算出され、視覚的に相場状況をわかりやすく表示してくれる便利なツールです。

インジケーターを使うメリットもあればデメリットもあるので、解説してきたことを参考に上手に使っていただけたらと思います。

そして、インヴァスト証券で使えるインジケーター一覧と使い方もご紹介しました。

その他に、一般的でありながらインヴァスト証券では使えないインジケーターもご紹介しています。

最後に、インジケーターを自動売買で生かすために、2つの方法を提案させていただきました。しかし、実質的な選択肢は1つで、相場を見る目を養うことです。

相場を見る目を養うことは、一朝一夕には習得できるものではありませんが、習得しがいのあるものです。

ですので、腰を据えて取り組んでみてはいかがでしょうか。

-FX口座, インヴァスト証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.