新着記事

FX口座 インヴァスト証券

インヴァスト証券の口座開設・申し込みの必要書類や情報一覧!本人確認書類は?

  • インヴァスト証券に口座開設したいので流れをおしえて?
  • インヴァスト証券の口座開設に必要な書類は?
  • インヴァスト証券で取引するメリットは?

などの疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事では以下のことを解説しています。

  • インヴァスト証券の特徴
  • インヴァスト証券の口座開設の流れ
  • 口座開設に必要な書類一覧
  • インヴァスト証券のメリットデメリット

インヴァスト証券で取引を始めようと思っている方、インヴァスト証券の口座開設に必要な書類を把握したい方などの参考になると思いますので、良かったらご一読ください。

インヴァスト証券とは?

インヴァスト証券は、JASDAQに上場しているインヴァスト株式会社の100%子会社です。

提供しているサービスは、主に自動売買がメインで以下の5つになります。

  • トライオートFX
  • トライオートETF
  • シストレ24
  • くりっく365
  • マイメイト

1つずつご紹介していきます。

トライオートFX

トライオートFXでは、自動売買プログラムをリストの中から選択するだけで、自動売買の設定が行えます。

また、オリジナルの自動売買を作成することもできるので、高いカスタマイズ性を備えています。

複数のプログラムを組み合わせることで、自分だけのポートフォリオを作ることも可能です。

PC、スマホでも操作可能なので、場所を問わず運用することができます。

トライオートETF

ETFとはExchange Traded Fundの略で「上場投資信託」のことです。

ETFの特徴として、以下の4つがあります。

  1. 少額で分散投資が可能
  2. 世界の資産に投資が可能
  3. 為替手数料なしで米国株ETFを円建てで取引可能
  4. 自動売買が可能

やり方も銘柄選びも難しくないので、初心者でも安心して始められます。

シストレ24

シストレ24は「フルオート」という機能を搭載しています。フルオート機能の特徴として3つあげられます。

  1. 売買プログラムの入れ替えも自動で行ってくれる
  2. 世界中のプロが考えだしたプログラムから選択可能で、プログラム数は6000以上もある
  3. 他の人が作ったフルオートも使うことができる

初心者でもプログラムを選ぶだけなので、簡単に始められます。

また、相場によって、不調なプログラムや好調なプログラムが存在し、プログラムの選択と入れ替えも自動で行ってくれます。

くりっく365

くりっく365とは、東京金融取引所が市場を運営しているFX取引のことです。

くりっく365では、東京金融取引所に資金が全額預託され、分別管理が行われます。

ですので、くりっく365取扱会社が万が一破綻した場合でも、顧客証拠金は原則保全されます。

また、校正かつ有利なレートが提供されています。

マイメイト

マイメイトでは強化学習型AI「エージェント」を作成します。

取引させたい通貨ペア、学習させたいテクニカル指標・ニュース情報を選択し、過去相場で学習をさせることでエージェントを作成します。

エージェントに自動売買させることも可能ですが、実取引化リリースまでは、シグナル配信として受け取ることになります。

以上、インヴァスト証券の口座をご紹介してきました。

このように豊富な口座が用意されている、インヴァスト証券の口座開設までの流れを見ていきましょう。

インヴァスト証券の口座開設の流れ

口座開設する場合、新規口座開設の方と、すでに口座を持っている方で手続きが異なります。

新規口座開設される方

  1. 口座開設の申し込み
  2. マイナンバー・本人確認書類の送付
  3. 口座開設審査
  4. 郵送書類到着後、取引開始

以上のような流れで口座開設手続きが完了します。

1.口座開設の申し込み

 

  • 「口座開設はこちら」をクリックします。
  • 口座開設を行いたいサービスをクリックします。

規約・約款を確認し同意にチェックします。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 勤務先情報
  • 投資に関する事項の確認

以上の記入を行います。

取引などに関する確認事項に関して「はい」「いいえ」で回答していきます。

2.マイナンバー・本人確認書類の送付

A~Cの組み合わせのいずれかで「マイナンバー確認書類」と「本人確認書類」のコピーを送付します。

以下のフローチャートで、書類の組み合わせをご確認ください。

Aの組み合わせは以下の2点をご確認ください。

  1. 通知カードもしくは、マイナンバー記載の住民票をお持ちの方
  2. 顔写真付きの「本人確認書類」をお持ちの方

Bの組み合わせでは以下の3点をご確認ください。

  1. 通知カードもしくは、マイナンバー記載の住民票をお持ちの方
  2. 顔写真付きの「本人確認書類」をお持ちでない方
  3. 顔写真なしの本人確認書類を2点

Cの組み合わせは以下の1点をご確認ください

  1. 個人番号カードをお持ちの方

必要書類は次の項目で一覧としてまとめてあります。

次に、すでに口座をお持ちの方の手続きです。

すでに口座をお持ちの方

  1. マイページから口座開設の申し込み
    マイページから口座開設をクリックし、規約などを確認し同意します。
  2. 口座開設審査
    審査に通れば、「口座開設手続き完了のお知らせ」メールが送られてきます。
  3. 取引スタート

※すでに口座をお持ちの方に、開設通知書発送は行っていません。

以上が、インヴァスト証券にすでに口座をお持ちの方が、他のサービスに口座開設をする手順です。

次に、必要書類一覧を提示しているので、参考にしてください。

必要書類一覧と注意点

マイナンバー確認書類
  • 通知カード
  • マイナンバー付き住民票の写し
  • 個人番号カード

マイナンバー確認書類には上表のような種類があります。

本人確認書類 顔写真付き確認書類(いずれか1点)
顔写真なし本人確認書類(いずれか2点)
  • 各種運転免許証
  • パスポート(2020年2月3日以前に交付されたもの)
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 年金手帳
  • 印鑑証明書

本人確認書類には、顔写真あり・顔写真なしのものがあります。

必要書類提出の際、以下の点にご注意ください。

  • 氏名、生年月日、現住所に間違いないことを確認
  • 文字が鮮明に読み取れること
  • 有効期限のあるものは、有効期限内であること
  • 有効期限のないものは、6か月以内のものが有効
  • 書類の裏面に記載がある場合は、表裏両面の提出が必要

次は、口座の開設基準について見ていきましょう。

口座の開設基準

インヴァスト証券口座開設時の、主な基準として以下のものがあります。

  • 満年齢20歳以上80歳以下であること
  • 金融資産が50万円以上あること
  • 国籍問わず、日本国内に居住していること

開設基準として、金融資産を明記しているFX会社は少ないので、金融資産の基準額は満たしておきたいところです。

以上、口座開設の手順について見てきました。

では、インヴァスト証券に口座開設するメリット・デメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

インヴァスト証券のメリット

インヴァスト証券のメリットについて見ていきましょう。

インヴァスト証券のメリットは4つあります。

  1. 自動売買が行えること
  2. 各種手数料が無料であること
  3. 上場グループ企業であること
  4. キャンペーンが充実していること

1つずつ解説していきます。

自動売買が行えること

インヴァスト証券では3つの自動売買サービスを提供しています。

  1. トライオートFX
  2. トライオートETF
  3. シストレ24

自動売買では、決められたプログラムに基づき、システムが自動で売買をしてくれるので、初心者でも簡単に始めることができます。

また、自動売買で取引を行えば感情が入ることないトレードが可能です。

なぜなら、売買の判断をプログラムに任せてあるので、プログラムの選択さえしておけば、自分で判断する必要はないからです。

ですから、感情的なトレードをすることがなくなります。

感情的なトレードでは、負けを積み重ねてしまうことが多いので、プログラムに任せてトレードが行えるということは、大きなメリットと言えるでしょう。

また、トライオートFXでは、業界最狭水準のスプレッドを提供しています。(自動売買注文に対する手数料はかかってくるので、ご注意ください

加えて、トライオートFXでは、マニュアル注文も用意されています。裁量トレードを学びたいときは、マニュアル注文でトレードすることも可能です。

各種手数料が無料であること

  • 口座開設手数料
  • 口座管理手数料
  • 即時入金手数料
  • 出金手数料

以上の手数料が無料ですので、口座開設したとしても費用が発生しません。

すぐに始める予定がなくとも、取引を始めたくなった時に備えて、口座開設しておくのも良いでしょう。

上場グループ企業であること

冒頭でもお伝えした通り、インヴァスト証券はJASDAQに上場しているインヴァスト株式会社の100%子会社です。

上昇企業の100%子会社なので、高い信頼性があります。

それに加えて、顧客資産とインヴァスト証券の財産とは区別して管理されています。

万が一インヴァスト証券が破綻した場合でも、顧客資産は保全されます。

キャンペーンが充実していること

  • トライオートFX
  • トライオートETF
  • シストレ24

以上の口座それぞれで、口座開設キャンペーンを受けることができます。

その他にも、キャンペーンが用意されています。

  • 「有名ストラテジスト監修コアレンジャー」を使って取引すると最大20,000円プレゼント!
  • マネーハッチでキャンペーン!FXトレードで積立資金がどんどんたまる

お得に取引するために、キャンペーンを上手に使いましょう。

以上、インヴァスト証券で取引するメリットを解説してきました。

続いて、インヴァスト証券のデメリットを見ていきましょう。

インヴァスト証券のデメリット

インヴァスト証券のデメリットは以下の通りです。

  • 最低取引単位が5,000通貨であること
  • スプレッド幅が広いこと

1つずつ解説していきます。

最低取引単位が5,000通貨であること

トライオートFXの最低取引単位は1,000通貨ですが、シストレ24の最低取引単位は5,000通貨です。

つまり、シストレ24では、トライオートFXで必要とされる資金の5倍が必要になります。

ですので、少額でシストレ24の自動売買を始めようとしている方にとっては、デメリットと言えます。

スプレッド幅が広いこと

シストレ24では、スプレッド幅が広く設定されています。

スプレッドとは、売値と買値の差額で実質的な手数料として認識されています。

取引手数料は無料であるものの、スプレッドは実質的なコストとして取引回数に応じて積み上がってしまいます。

ですので、短期取引には不向きで、プログラムを選択する際に注意しなければなりません。

インヴァスト証券の口座開設まとめ

インヴァスト証券の口座開設について見てきました。

インヴァスト証券に口座開設する流れをご紹介し、口座開設に必要な書類の一覧を提示させていただきました。

そして、最後にインヴァスト証券のメリットとデメリットを解説しています。

口座開設するかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

-FX口座, インヴァスト証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.