新着記事

FX口座 インヴァスト証券

インヴァスト証券のレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

  • レバレッジってなに?
  • インヴァスト証券のレバレッジってどのくらい?
  • インヴァスト証券の自動売買を使う場合、レバレッジってどのくらいかければいい?

などの疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事では以下のことを解説しています。

  • レバレッジとは
  • インヴァスト証券で使えるレバレッジ
  • インヴァスト証券で自動売買を行う時のレバレッジ

レバレッジをかけてFX取引をやろうと思っている方や、インヴァスト証券で自動売買を始めようと思っている方に、役立つ情報をお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

レバレッジとは?

レバレッジとは、自己資金の数倍の取引ができる仕組みのことです。

レバレッジをかければ、少ない資金でも大きな取引額でトレードが行えます。

ですから、大きな利益を狙うことができますが、その一方で、損失も大きくなってしまいます。

例えば、ドル円が1ドル=100円の時に1万通貨取引しようとすれば、通常100万円の自己資金が必要です。

しかし、レバレッジを使うことで自己資金を小さく抑えることができます。

レバレッジ10倍で取引すれば、(通常必要な資金100万円)÷(レバレッジ10倍)=10万円の自己資金でドル円を1万通貨取引することができるようになります。

このように、レバレッジを使うことで小さな資金でも大きな取引ができるので、レバレッジを上手に使うことができれば、大きなメリットとなります。

レバレッジを上手に使うためにも、レバレッジを理解する必要があります。次は、レバレッジの仕組みを見ていきましょう。

レバレッジの仕組み

レバレッジの仕組みを理解するためにもまずは、用語を押さえておきましょう。

  • 必要証拠金
  • 証拠金維持率
  • ロスカット

1つずつ解説していきます。

必要証拠金

必要証拠金とは、レバレッジ取引を行う際に、口座に預け入れておく必要のある資金のことで、この資金のことを必要証拠金と言います。

レバレッジ 100円の時の取引額
100円の時の必要証拠金
1 1,000,000 1,000,000
5 1,000,000 200,000
10 1,000,000 100,000
25 1,000,000 40,000

※ドル円1ドル=100円とした場合

上表から、取引額が同じでもレバレッジを高く設定すれば、必要証拠金量は低くなり、少額の資金でも大きな取引額でトレードが可能になることがわかります。

トレードにおいて、レートの上下動により含み損を抱えることは多々あります。

次は、含み損を抱えたときの証拠金の維持率について見ていきましょう。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する自己資金の割合のことです。

レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
10 100 1,000,000 100,000 100,000 100%
99 990,000 99,000 -10,000 90,000 91%
98 980,000 98,000 -20,000 80,000 82%
97 970,000 97,000 -30,000 70,000 72%

上表を参考に具体的な証拠金維持率の推移を見ていきましょう。

以下の前提条件で取引したとします。

  • ドル円1ドル=100円
  • レバレッジ10倍
  • 1万通貨

レバレッジ10倍で取引しているので、必要証拠金は10万円です。

口座に10万円を入金しているので、証拠金維持率は(口座残高10万円)÷(必要証拠金10万円)×100%=100%になります。

レートが下がってきて含み損を抱えだした場合は、口座残高から含み損を差し引いた額で証拠金維持率が計算されます。

99円までドル円が下がってくると、必要証拠金は99,000円になり、口座残高は含み損10,000円を差し引いた90,000円になります。

したがって、(証拠金維持率90,000円)÷(必要証拠金99,000円)×100%=91%まで低下します。

では、証拠金維持率が低下すると、どうなるのでしょうか。

次は、証拠金維持率の低下が引き起こすロスカットについて見ていきましょう。

ロスカット

証拠金維持率が一定水準を下回るとロスカットが発動します。

ロスカットとは、FX会社で決められている証拠金維持率の水準を下回ることで発動する、強制決済のことです。

ロスカット水準をトレード前に把握しておかなければ、想定外の価格でロスカットされることもあるので注意が必要です。

証拠金維持率が100%を下回るとロスカットが発動するというFX会社が一般的ですが、低いロスカット水準を提供しているFX会社もあります。

ロスカット水準が低ければ、強制決済されるタイミングが遅くなるので、ポジションを保有できる期間は長くなります。

しかし、ロスカットが遅くなることで損失額が膨らんでしまい、もしロスカットになれば、次のトレードに生かせる資金量が大きく失われることになります。

ですので、ロスカット水準が低い場合でも、高い場合でもそれぞれに一長一短が存在しているのです。

以上、レバレッジの仕組みを解説させていただきました。

次はインヴァスト証券のレバレッジを詳しく見ていきましょう。

インヴァスト証券のレバレッジ

インヴァスト証券で使えるレバレッジは、それぞれの口座で異なります。

レバレッジ レバレッジ指定 ロスカット
トライオートFX 25倍 × 100%以下
くりっく365 25倍 1倍、5倍、10倍、25倍 100%以下
シストレ24 25倍 × 100%以下
トライオートETF 一律5倍 × 100%以下

上表のように、レバレッジは「トライオートETF」のみ5倍に設定されています。「トライオートFX」「くりっく365」「シストレ24」での最大レバレッジは25倍です。

なお、日本国内のFX会社での最大レバレッジは一律25倍となっています。

また、レバレッジ指定ができるのはくりっく365のみとなっています。

くりっく365とは、東京金融取引所が取り扱っているFXサービスのことです。

くりっく365で取引する場合、証拠金は全額東京金融取引所が保管することになり、原則全額保全される仕組みです。

透明かつ公正な価格提供が行われるため、不自然なスリッページが発生しません。

また、すべての口座でロスカット水準は証拠金維持率が100%以下になった時に設定されています。

以上、インヴァスト証券で使えるレバレッジの解説を行いました。

では次に、インヴァスト証券で自動売買を使う時の適正レバレッジについて解説していきます。

インヴァスト証券の自動売買を使う時の適正レバレッジ

インヴァスト証券では、「トライオートFX」「シストレ24」などの自動売買取引サービスをメインに取り扱っています。

自動売買は初心者でも簡単始めることが可能です。

しかし、早く稼ぎたいからといって大きなレバレッジをかけてしまうと、すぐにロスカットが発生してしまいます。

まずは、価格推移とレバレッジ、証拠金維持率の推移を見ていきましょう。

レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
1 100 1,000,000 1,000,000 1,100,000 110%
99 990,000 990,000 -10,000 1,090,000 110%
98 980,000 980,000 -20,000 1,080,000 110%
97 970,000 970,000 -30,000 1,070,000 110%
レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
5 100 1,000,000 200,000 220,000 110%
99 990,000 198,000 -10,000 210,000 106%
98 980,000 196,000 -20,000 200,000 102%
97 970,000 194,000 -30,000 190,000 98%
レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
10 100 1,000,000 100,000 110,000 110%
99 990,000 99,000 -10,000 100,000 101%
98 980,000 98,000 -20,000 90,000 92%
97 970,000 97,000 -30,000 80,000 82%
レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
25 100 1,000,000 40,000 44,000 110%
99 990,000 198,000 -10,000 34,000 17%
98 980,000 196,000 -20,000 24,000 12%
97 970,000 194,000 -30,000 14,000 7%

前提条件

  • ドル円1ドル=100円の時に1万通貨買い
  • 必要証拠金よりも10%多い資金量を口座に入金

上表からもわかる通り、レバレッジを上げるごとに、価格下落に伴う証拠金維持率の低下が激しくなっています。

レバレッジをフルに使った25倍では、すぐに証拠金維持率が100%を下回ってしまうので、ロスカットが発動してポジションが強制決済されてしまいます。

したがって、25倍のレバレッジでトレードを行うというのは、まず除外されます。

上表を見てわかる通り、レバレッジを大きく使うことで、下落に耐えられる値幅が小さくなっていく、という関係性があります。

では、インヴァスト証券の自動売買を使ってトレードする場合に、どのくらいのレバレッジを使えば良いのでしょうか。

インヴァスト証券の自動売買「シストレ24」では、ストラテジーを選択すると自動で取引を行ってくれます。

ストラテジーとは、自動売買をするときのプログラムのことを指し、そのプログラムに従ってトレードが行われます。

ストラテジーには推奨証拠金が記載されているので、その推奨証拠金を目安として資金量の調整を行います。

ですので、レバレッジから考えるのではなく、まずは推奨証拠金に従った資金でトレードを始めるのがベストだと考えられます。

推奨証拠金からレバレッジを計算するには、取引通貨のレート×取引枚数=取引額、取引額÷推奨証拠金=レバレッジとなります。

ストラテジーの推奨証拠金は、以下のうちいずれか大きい方の金額に設定されています。

  • 必要証拠金×最大ポジション数+過去3か月の最大ドローダウン
  • 5万円(推奨証拠金が5万円未満の場合は5万円とします)

最大ドローダウンとは、ストラテジーのリスクを把握するときに見る指標です。

最大ドローダウンは、指定期間中の累積損益のピークからボトムまでの下落幅のことで、対象ストラテジーを使うことで、最大ドローダウンくらいの損失が出る可能性があることを想定しなければなりません。

また、最大ドローダウンは取引をするたびに更新されるので、それ以上の損失が出る可能性もあることも覚えておいてください。

インヴァスト証券の自動売買を行う際の注意点

インヴァスト証券の自動売買シストレ24を利用する場合は、以下の点に注意してください。

  1. ストラテジー1ポジションあたりの最大許容評価損失は300pipsです。
    評価損益が300pips以上になると損切りされてしまいます。
  2. ストラテジーの最大保有ポジション数は4つです。
    1つのポジション数は10K(=1万通貨)で、最大保有ポジション数は制限することも可能です。
    しかし、最大保有ポジションを制限することで、ストラテジーのシグナル通りの取引が行われない場合があるので注意が必要です。
    対象とするストラテジーの売買傾向がわからないうちは、 最大ポジション設定は変えないほうが良いとされています。
  3. ストラテジーの1日の取引(往復)上限は60回 とされています。

インヴァスト証券のレバレッジのまとめ

インヴァスト証券のレバレッジについて解説してきました。

レバレッジは小さい資金でも大きな額を運用できるので、大きな利益を狙うことができます。

しかし、損失額も大きくなるので、レバレッジを使う際は注意が必要です。

レバレッジ運用を行う場合に押さえておきたい用語として以下のものがあります。

  • 必要証拠金
  • 証拠金維持率
  • ロスカット

まずは用語を押さえておくことで、早い理解につながります。

用語を押さえたところで、レバレッジの解説を具体例を交えながら行いました。

そして、インヴァスト証券のレバレッジとインヴァスト証券で自動売買を使う時の推奨証拠金についても解説させていただきました。

レバレッジは上手に使うことで、大きなメリットになります。

しかし、リスクを取りすぎると大きなデメリットにもなるので、リスクを取りすぎないように気を付けてトレードを行いましょう。

-FX口座, インヴァスト証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.