新着記事

FX口座 JFX

JFXのデモ・バーチャル口座の使い方・やり方

はてな

  • JFXでデモトレードをやるための手順が知りたい
  • そもそもJFXってどうなの?
  • デモトレードをやるメリットデメリットは?

などの疑問をお持ちではありませんか?この記事では以下のことを解説しています。

JFXでトレードを始めようかなと考えている方、JFXのツールの使用感などを実際に使って試したい方、JFXに興味をお持ちの方などの参考になると思いますので、ご一読ください。

JFXの特徴

JFXは、2021年 オリコン顧客満足度調査FX取引PC部門において、3年連続で1位を受賞する顧客満足度の高いFX会社です。

そんなJFXの特徴を解説していきます。

スキャルピングトレードを公式で認めている会社

JFXは公式でスキャルピングトレードを認めている数少ない会社の1つです。

多くのFX会社では、スキャルピングトレードが禁止されていたり、公式で認められていなかったりしています。

公式で認められていないFX会社で、スキャルピングトレードを行うった場合、FX会社独自の判断基準により、口座凍結などの処分が下されることあります。

ですので、スキャルピングトレードをリスクなく行なうためには、公式でスキャルピングトレードを認めているFX会社を選択するほうが安心です。

約定力が高い

約定力とは、注文した価格で約定させる力のことです。

つまり、自分が注文した価格で注文が成立するということです。

当たり前のように聞こえることですが、注文価格と約定価格がずれることはFXではよくあることです。

しかし、JFXでは約定スピードが最速0.001秒と、とにかく速いので、注文時の価格で注文が成立する可能性が高くなります。

また、約定率は99.9%です。※矢野経済研究所調査(2019年8月5日~8月7日調査)

約定率とは注文が意図した価格、タイミングで成立する割合のことです。

つまり、約定スピードが速く、約定率が高いJFXでは、自分が思った価格で約定できる確率がぐんと上がることになります。

情報量が豊富

JFXでは、多くの情報を無料で提供しています。

提供情報

  • ボラティリティー表
  • 経済指標
  • 未来予測チャート

など、トレードに役立つコンテンツが豊富に用意されています。

また、会員限定ニュースでは、以下の配信元から、1日100本以上のニュースが配信されています。

提供情報

  • fx wave
  • KlugNEWS
  • ダウ・ジョーンズ

それに加えて、「小林芳彦のマーケットナビ」では、「日本のディーラー・ベストセールス部門」で6年連続第1位を過去7回受賞した小林芳彦氏による、リアルタイムの相場観が配信されています。

相場の判断に迷ったときに、プロの意見を参考にできるメリットは大きいかと思います。

業界最強水準のスプレッド

JFXでは、業界最狭水準のスプレッドで取引を行うことができます。

スプレッドとは、売値と買値の差額のことで、FXトレードにおける実質的なコストです。

取引をするたびにかかってくるものなので、特にスキャルピングトレードなどの短期トレードをする方にとっては、考慮すべき重要項目と言えます。

ですから、短期トレーダーにとって、JFXで取引するメリットは大きくなります。

次は、そんなJFXでデモトレードを行うための手順を見ていきましょう。

JFXでデモトレードを行なうための手順

JFXでデモトレード口座を開く手順は簡単で、以下の2ステップです。

口座開設手順

  • デモ口座の登録
  • 取引ツールのインストール(初回のみ)

デモ口座の登録

まずは、JFXのホームぺージ上段メニューの「デモトレード」をクリックし、「MATRIX TRADER デモIDとパスワードの取得」をクリックします。

次に下の画像にあるような、MATRIX TRADER デモ登録フォームにて、必要事項の記入を行いましょう。

次は、取引ツールのダウンロードとインストールです。

.NET版をインストール

JFXのホームページ上段メニューのデモトレードページにある.NET版にログインします。

3つのログインボタンがありますが、今回はJFX推奨の.NET版にログインします。

初回のみ.NET版のダウンロードとインストールが必要です。

インストールが終わったら、メールアドレスに送られてくるログインIDとパスワードで.NET版にログインします。

では次に.NET版の使い方の簡単な解説をしていきます。

デモトレードの使い方

.NET版にログインすると以下のような画面が立ち上がります。

「買注文」をクリックすると、注文画面が立ち上がります。

下赤枠の設定をご覧ください。

通貨ペア、売買の区分、両建て、Lot数、執行条件の選択を行います。

ポイント

  • 通貨ペア:自分が取引したい通貨ペアを選択
  • 売買区分:選択した通貨ペアを売りたい場合は売、買いたい場合は買にチェック
  • 両建てに関しては、「なし」で良いでしょう
  • Lot数は1Lotが1,000通貨ですので、自分の資金量に合わせて設定を行います
  • 執行条件は成行注文を使えば問題ないでしょう

以上の設定が終わったら、右上のASKの左横に三角マークがついていることを確認して「確認画面へ」をクリックします。

すると、USD/JPYを1Lot成行注文で買うことができます。

上の画像のように、ポジション一覧にUSD/JPYが表示されています。

次に、ポジションを決済したいときは、ポジション一覧にあるUSD/JPYをダブルクリックすると、決済注文画面が立ち上がってきます。

決済Lot数と執行条件を設定し「確認画面へ」をクリックし、次の画面で「注文ボタン」をクリックすれば、ポジションの決済が行われます。

約定したかどうかを確認するには、メニューから「履歴検索/報告書」をクリックし、「当日の約定履歴」をクリックすれば、約定した注文の確認が行えます。

以上、デモトレードの口座開設とデモトレード口座の使い方でした。

次は、デモトレードを行うメリットとデメリットについて見ていきましょう。

デモトレードを行なうメリット

デモトレードを行うメリットは4つあります。

ポイント

  • 無料で行える
  • 取引ツールの操作方法の練習ができる
  • 自分の取引手法で利益が出るのかを試すことができる
  • 土日もトレード可能

1つずつ解説していきます。

無料で行える

デモトレードでは、バーチャル資金を使い取引を行うので、実際の資金は必要なく、損をしてもバーチャルな資金が減るだけです。

ですので、ノーリスクでトレードの練習が行えます。

取引ツールの操作方法の練習ができる

デモトレードでは、FX会社のツールも無料で使うことができます。

取引ツールが自分にあっているのかを確認することができ、取引ツールの操作方法も実際に試しながら覚えることが可能です。

取扱説明書をただ読んでいても理解することは難しいですが、ツールを操作しながら練習すれば、理解も早まります。

自分の取引手法で利益が出るのかを試すことができる

デモトレードで損失をだしても、実際の資金には影響しません。

ですので、自分の取引手法を用いることで利益を出せるのかどうかを、ノーリスクで確認することができます。

また、本番とほぼ同じ環境で取引できるという体験も大きなメリットとなります。

土日もトレード可能

FXの市場は通常土日はお休みなので、デモトレードも行えません。

しかし、JFXでは仮想のレートを使いデモトレードをすることができます。

ですから、平日忙しくて取引できない方にとっては、土日のお休みを利用して、気軽にデモトレードでFXの練習が可能です。

続いてデモトレードを行うデメリットについて見ていきましょう。

デモトレードを行なうデメリット

デモトレードを行うデメリットは2つあります。

デメリット

  • 無料なので適当にトレードしてしまう
  • 目的なくトレードしても意味がない

1つずつ解説していきます。

無料なので適当にトレードしてしまう

デモトレードでは、バーチャルな資金でトレードするので、損失が出ても実際の資金に影響を及ぼしません。

また、利益が出ても実際の資金が増えるわけではありません。

さらに、取引自体すべて無料で行えるので、完全なノーリスクでトレードができることになります。

しかし、このような環境では、どうしても真剣にトレードすることが難しくなってしまいます。

ですので、ノーリスクでトレードができるということはメリットでもありますが、真剣になれないというデメリットも伴ってしまうことになります。

目的なくトレードしても意味がない

前述したように、デモトレードでは、真剣に取り組めず、目的をはっきりさせないままトレードすることになりがちです。

デモトレードは、本番へ向けての練習のためのものであり、ある程度は目的を持って使用しなければやる意味がなくなってしまいます。

ですので、デモトレードを行う際は、「自分の手法の損益を把握するため」などの目的をもって利用することをおすすめします。

目的があれば、出た結果に対して検証を行い、改善ポイントなどの把握も行えます。

JFXでデモトレードをするときの注意点

最後にJFXでデモトレードをするときの注意点を2つ見ていきましょう。

注意点

  • MT4は分析のみ
  • デモトレード口座には有効期限がある

1つずつ解説していきます。

MT4は分析のみ

JFXでは、MT4を使って分析が行えます。

MT4とは、ロシアのMetaQuotes社が開発した取引ツールのことで、世界中のトレーダーから愛用されている非常に人気の高いツールです。

MT4は、優れたカスタマイズ性を備え、テクニカル指標は世界中で開発・提供されています。

ですので、MT4の分析機能は誰もが満足いくレベルのものと言えるでしょう。

また、JFXでは、JFXオリジナルのインジケーターも提供しています。

ただし、JFXでMT4が使えるのは分析のみであり、発注機能は実装されていません。

有効期限がある

JFXのデモトレードには、約3か月の有効期限があります。

したがって、その期間中に約定履歴をCSVファイルで出力しておかなければ、約定履歴はリセットされてしまいます。

約定履歴は、自分のトレードの欠点や修正点を知るための、とても重要な資料となるので、こまめに出力しておくことをおすすめします。

JFXのデモ・バーチャル口座の使い方・やり方のまとめ

JFXのデモ・バーチャル口座の使い方について見てきました。

まず、JFXの4つの特徴を解説しました。

ポイント

  • スキャルピングトレードを公式で認めている会社
  • 約定力が高い
  • 情報量が豊富
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供

以上のような特徴を備えたJFXでは、特に短期トレードにおいてその威力を発揮することでしょう。

次にデモトレード口座の開設手順を説明しました。

デモトレード口座はすぐに簡単に開設できるので、気軽に申し込みが行えます。

そして、最後にデモトレードを行うメリットとデメリットを解説し、注意点も上げさせていただきました。

以上を参考にしながらJFXでデモトレード体験をしてみませんか?

-FX口座, JFX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.