新着記事

FX口座 JFX

JFXのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

はてな

  • レバレッジについて知りたい
  • JFXではどのくらいのレバレッジでトレードができるの?
  • レバレッジの設定方法や変更方法はどうやるの?

などの疑問をお持ちではありませんか?この記事では以下のことを解説しています。

レバレッジについて知りたい方、JFXでレバレッジ運用をお考えの方、レバレッジの活用方法が知りたい方などの、お役に立てる記事になっているので、ぜひご一読ください。

レバレッジとは?

レバレッジを解説するにあたり、その前提として必要証拠金について理解しておく必要があります。

まずは必要証拠金について解説を行います。

必要証拠金とは?

FXで取引を行うためには、最低限必要な資金を口座に入れておかなければなりません。

この資金のことを必要証拠金と言います。

つまり、最低限必要とされる資金を口座に入れておかなければ、取引できないということです。

必要証拠金を理解したところで、レバレッジの解説に移ります。

レバレッジとは?

レバレッジとは、自己資金の数倍もの取引ができる仕組みのことです。

FX取引は通貨ペアを買ったり売ったりするので、取引するために最低限必要な資金、つまり、必要証拠金を口座に入金しておかなければなりません。

例えば、ドル円が1ドル=100円の時に10,000通貨買いたいと思った場合、通常100円×10,000通貨=100万円の資金が必要です。※通貨とはFXの売買単位のことで、取引数量のこと。

このような状態にある時の、レバレッジと必要証拠金の関係を見ていきましょう。

レバレッジ ドル円が100円の時の取引金額 ドル円が100円の時の必要証拠金 自己資金
1 1,000,000 1,000,000 1,000,000
5 1,000,000 200,000 200,000
10 1,000,000 100,000 100,000
25 1,000,000 40,000 40,000

上表は、レバレッジと取引額、必要証拠金を一覧にしたものです。

レバレッジは取引金額÷自己資金で算出できます。

上表からわかる通り、レバレッジをかけなければ、通常100万円の資金が必要になります。

しかし、レバレッジを大きくしていくと、必要証拠金は減っていきます。

つまり、レバレッジを大きくかければかけるほど、必要とされる自己資金は少なくなるのです。

レバレッジというものを、大まかに理解できたところで、JFXの最大レバレッジを見ていきましょう。

JFXの最大レバレッジ

JFXの最大レバレッジを解説する前に、まずは、JFXというFX会社の特徴を見ておきましょう。

JFXの特徴とは?

JFXの特徴は以下の3つです。

ポイント

  • スキャルピングトレードを公認している
  • 短期トレードに強い
  • 顧客満足度が高い

1つずつ解説していきます。

スキャルピングトレードを公認している

スキャルピングトレードとは、数秒から数分で取引が完了する超短期トレードです。

FX会社にしてみれば、システム処理などの負担になるため、短時間で複数回行われる取引はあまり好まれません。

ですので、約款などで「短時間に売買を繰り返し行う行為」を禁止事項として明記しているほどです。

しかし、JFXでは、スキャルピングトレードを公認している、数少ないFX会社の1つです。

短期トレードに強い

JFXはスキャルピングトレードを公認していることもあって、短期トレードをシステム面からバックアップしています。

例えば、約定スピードが早く、約定率は99.9%という驚異の高さを誇っています。

また、取引ツールも素早い注文を行うためのあらゆる工夫が施されています。

顧客満足度が高い

2021年 オリコン顧客満足度調査FX取引PC部門において3年連続で1位を受賞しています。

JFXの運営方針は「お客様本位の業務運営に関する方針」として、ホームページにて、詳細に明記されています。

この運営方針に則り運営が行われている限り、JFXでのトレードは満足いくものとなるでしょう。

簡単にJFXの特徴を解説してきました。

では次に、JFXで使える最大レバレッジについて解説していきます。

JFXの最大レバレッジ

JFXで使える最大レバレッジは25倍です。

25倍という最大レバレッジの値は、JFXだけでなく、日本国内のFX会社であればどこも同様です。

つまり、最大で日本国内のFX会社であれば、自己資金の25倍までの取引をすることができるということです。

しかし、レバレッジを最大まで使ってしまうと、すぐにロスカットされてしまいます。

なぜなら、証拠金維持率が100%を下回ってしまうからです。

証拠金維持率とは、ポジションをとるための必要証拠金に対して、どのくらいの純資産が残っているのかを表したものです。

例えば、ドル円が1ドル=100円の時に10,000通貨買っていた場合を想定します。

前提条件

  • 取引金額が100万円
  • 口座残高が10万円

以上のような状態の時、ドル円の価格が1円ずつ下落していった場合の取引金額、必要証拠金、口座残高、証拠金維持率の推移を見ていきましょう。

価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
100 1,000,000 100,000 100,000 100%
99 990,000 99,000 -10,000 90,000 91%
98 980,000 98,000 -20,000 80,000 82%
97 970,000 97,000 -30,000 70,000 72%

上表からわかるように、含み損が出ている場合、その含み損の分だけ口座残高が減少していきます。

その減少した口座残高をもとにして、証拠金維持率の計算が行われます。

証拠金維持率の計算式は口座残高÷必要証拠金です。

価格の下落とともに、口座残高が減額されるため、必要証拠金に対しての純資産(口座残高)の割合が減ってしまいます。

FX会社にもよりますが、証拠金維持率が100%を割ってしまうとロスカット(強制決済)される場合がほとんどです。

ですので、レバレッジを最大まで使ってしまうと、ちょっとした逆行により、証拠金維持率が100%を割ってしまい、ロスカットが発動します。

そこで、ロスカットされるような事態に陥らないためにも、レバレッジの調整が必要になります。

次はレバレッジの設定・変更の仕方を見ていきましょう。

JFXのレバレッジの設定方法

口座設定などで、レバレッジ設定をすることはできず、自分で口座資金か取引金額を調整します。

レバレッジの計算式は 取引金額÷口座残高です。

例えば、口座残高が10万円のときに、ドル円が1ドル=100円、10,000通貨買った場合。

計算式

  • 100円×10,000通貨=100万円(取引金額)
  • 100万円(取引金額)÷10万円(口座残高)=10倍

以上のように、取引金額と口座残高でレバレッジは計算され、上記の場合のレバレッジは10倍とわかります。

ですので、レバレッジの設定は特に口座で行うものはなく、口座資金と取引金額を調整することによって設定します。

レバレッジの変更方法

レバレッジを変更するために、口座での設定を変える必要はありません。

価格推移とともに自動で算出されます。

しかし、レバレッジを調整したい場合は、以下の表のように取引数量か口座残高を変更します。

取引数量と口座残高の増減でレバレッジを調整することができます。

価格 取引数量 取引額 口座残高 レバレッジ
100 10,000 1,000,000 100,000 10
レバレッジ高くする 100 20,000 2,000,000 100,000 20
100 10000 1,000,000 50,000 20
レバレッジを低くする 100 5,000 500,000 100,000 5
100 10,000 1,000,000 200,000 5

上表のようにレバレッジは、取引金額÷口座残高で計算されます。

レバレッジを上げたい場合は、取引数量を上げるか、口座残高を減らします。

反対にレバレッジを下げたい場合は、取引数量を減らすか、口座残高を増やします。

ですので、レバレッジを変更したいときは、口座設定を変更する必要はなく、取引数量か口座残高を調整することでレバレッジの調整が行えます。

次はレバレッジ運用のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

レバレッジ運用のメリット

レバレッジのメリットとして、以下の2点が上げられます。

ポイント

  • 自己資金が少なくても取引できる
  • 少額トレードでも大きな利益が狙える

1つずつ解説していきます。

自己資金が少なくても取引できる

レバレッジを使うことで自己資金が少なくても取引が可能です。

少ない資金でも大きな金額で取引が行えるので、取引金額が大きくなりがちな欧州通貨などの取引も行えます。

ですので、資金量が少ない方にとっては、レバレッジを使うことで、運用可能な通貨が増えるため、選択肢の幅が広がります。

少額トレードでも大きな利益が狙える

レバレッジを使うことで、自己資金が少なくても大きな金額で取引が行えます。

大きな金額で取引できれば、自己資金量に対して大きな割合の利益を狙うことができます。

利益額が増えれば、少額トレードでの資金効率は良くなります。

ですので、資金を短期間で大きく増加させることも可能です。

しかし、レバレッジ運用には、メリットだけでなく、もちろんデメリットも存在しています。

次はレバレッジ運用のデメリットを見ていきましょう。

レバレッジ運用のデメリット

レバレッジ運用のデメリットは以下の2点です。

デメリット

  • 大きなリスクにより、メンタルが安定しない
  • 損失が大きくなる

1つずつ解説していきます。

大きなリスクにより、メンタルが安定しない

レバレッジをかけることで、大きな金額でトレードが可能です。

しかし、その分リスクも大きくなってしまいます。

過剰なリスクをとって高レバレッジでトレードをしてしまうと、メンタルが安定しません。

トレードではメンタルの状態が結果を大きく左右します。

不安定なメンタルでトレードを行えば、結果に悪影響が出てしまいます。

したがって、トータルで勝つことは難しくなってしまいます。

損失が大きくなる

レバレッジをかけて取引をすると、大きな利益が狙える一方で、損失も大きくなってしまいます。

ですから、レバレッジを使う時はどのくらいの期待値があるのか、どのくらいの確率で勝てるのかなどを事前にしっかりと検証しておく必要があります。

最後にレバレッジを使う場合の注意点を見ておきましょう。

レバレッジを使う場合の注意点

レバレッジを使う場合の注意点を2点ご紹介していきます。

ポイント

  • 適正なレバレッジを心がける
  • 自分の取引スタイルによってレバレッジを変える

1つずつ解説していきます。

適正なレバレッジを心がける

レバレッジのデメリットで見てきたように、レバレッジは使いすぎても、いたずらにリスクを大きくしてしまい、メンタルに悪影響を及ぼしてしまいます。

ですので、適正なレバレッジで取引することをおすすめします。

では、適正なレバレッジとはどのくらいなのでしょうか。

適正なレバレッジを決める簡単な方法は、損失額から考えることです。

例えば、自己資金が100万円の場合であれば、1回のトレードの損失額を2%までと、事前に決めてしまいます。

つまり、1回のトレードにおける損失額の上限は2万円です。

その範囲内で収まるようなレバレッジを使い取引を行います。

このように、あらかじめ損失額の上限を決めておけば、最大でいくら損失がでるのかを把握できるため、自分のポジションが逆行した場合でも、メンタルの悪化を最小限に抑えることができます。

自分の取引スタイルによってレバレッジを変える

自分の取引スタイルによって使用するレバレッジの大きさは異なります。

短期トレードでは、利益幅が小さいなってしまうので、少しでも利益額を大きくするために、許容範囲内で高いレバレッジを使用します。

具体的には取引数量を増やすことになります。

一方で、中長期トレードでは、ちょっとした値動きでロスカットされないように、レバレッジは極力抑えてポジションを保有します。

ですので、短期トレードとは反対に、取引数量を減らすことになります。

このように、自分の取引スタイルによって、使用するレバレッジの大きさを変える必要があります。

JFXのレバレッジのまとめ

レバレッジについて見てきました。

まず、レバレッジについての解説を行い、JFXの特徴についても触れてきました。

そして、JFXの最大レバレッジ、レバレッジの設定・変更方法についても解説しています。

また、レバレッジを使う際に、どんなメリットやデメリットがあるのかを知っていれば、よりレバレッジを有効活用することができると思います。

ですので、レバレッジのメリットデメリットについても、いくつかあげています。

最後に、レバレッジを使う時の注意点も解説いるので、 JFXでレバレッジ運用をするときには、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

-FX口座, JFX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.