新着記事

FXコラム FX口座

FXの自動売買を利用するメリット・デメリットとは?

「チャートを見ていない間にチャンスを逃した」「相場が反転するのを待って損失が大きくなった」そんな経験はありませんか?FXで負けが続いている理由は、そのトレード方法に原因があるかもしれません。

FXの自動売買を利用すると、チャートに張り付かなくてもチャンスを逃さずトレードできます。また、システムが自動で決済をするので、損失が大きくなることもありません。

ここでは、FXの自動売買を利用するときのメリットとデメリットについて解説します。どんな人に自動売買が向いているのかも解説しますので、自分に合ったトレード方法を見つけることができます。

FX自動売買システムの仕組み

FXの自動売買システムは非常に便利ですが、その仕組みを理解していないと使いこなすことはできません。まずは、知っておいてほしい自動売買システムの基礎知識について説明します。

自動売買システムとは

FXにおける自動売買システムとは、プログラムが自動で売買を行ってくれるシステムのことです。「システムトレード」や、略して「シストレ」と呼ばれることもあります。

自動売買システムと聞くと使い方が複雑そうなイメージがありますが、売買のアルゴリズムをプログラミングするのはソフトウェアの開発者です。販売されているソフトを買えば、自分で作る必要はありません。上級者になると、自分でアルゴリズムを組んだプログラムでトレードをしている人もいますが、FX初心者はまだそこまでは考えなくて良いでしょう。

裁量トレードとの違い

FXをしていると、「裁量トレード」という言葉をよく耳にします。裁量トレードとは、自動売買ではなく、トレーダーが自分の手で売買を行うことを言います。FXでは自動売買の対義語として、裁量トレードという言葉を使うことがあります。

自動売買でFXトレードをするのが向いている人とは?

裁量トレードしか経験がないけれど、負けてばかり。そんなに人には、自動売買の方が向いているかもしれません。ここでは、自動売買システムを使ってFXトレードをする方が向いている人のパターンを解説します。

FXトレードをする時間がない人

昼間は仕事、夜は家族サービスで忙しい会社員だと、ゆっくりパソコンの前に座る時間もありません。

FXトレードに時間をかけられない人には、自動売買がおすすめです。設定をしておけば、あとはプログラムに沿って自動で売買してくれるので、チャートに張り付く必要はありません。

トレードに感情が入ってしまって負けがちな人

「もう少し待てば相場が戻るかもしれない」と、感情でトレードして余計に損益が大きくなった経験はありませんか?裁量トレードではトレーダー自身が売買を行うので、どうしても感情に左右されてしまいます。

しかし、自動売買システムではプログラムが自動でロスカットをします。そのため、裁量トレードよりも損失を小さく抑えることができるのです。

テクニカル分析が苦手な人

裁量トレードで重要なのは、テクニカル分析を始めとする各種分析方法です。しかし覚えることも多く、自分で手法を考えなくてはいけません。テクニカル分析が苦手という人には、すでにプログラムの組んである自動売買システムがおすすめです。

FXで自動売買を使う3つのメリット

前項では、自動売買が向いている人について解説しました。ここではさらに、FXで自動売買を利用するメリットについて説明します。

【自動売買のメリット①】チャートを見続ける必要がない

裁量トレードでは、FXトレードをするときはパソコンの前に座り続けなくてはいけません。チャートを見ていないときに、大きなチャンスを逃してしまうこともあります。

自動売買システムでは、ソフトフェアのアルゴリズムが自動で売買をしてくれます。一度設定をすれば、チャートを見続ける必要はありません。アメリカ市場が動く深夜にも売買をしてくれるので、チャートを見ていなくてもチャンスを逃さず利益を得られることがメリットです。

【自動売買のメリット②】トレードに心理的判断が入らず損しにくい

裁量トレードの一番のデメリットと言えるのが、トレーダーの感情です。損をしていると、「まだ取り返せる」と思ってしまうのが人間の心理。

しかし、自動売買ではトレーダーの感情は一切入りません。ロスカットも、決めた設定で強制的に実施されます。結果的に、損失を少なくできるのがメリットです。

【自動売買のメリット③】知識がなくても利益が出せる

あとで紹介しますが、FXの自動売買システムはあらかじめ作られた設定を選んだり、有名トレーダーのアルゴリズムを利用したりと自分で一から設定する必要がありません。

そのため、テクニカル分析の知識がなくても、利益を出すことができます。もちろん、基本的な知識がある方が良いですが、まったくの初心者でも利益を出せるのがメリットです。

FXで自動売買を使う3つのデメリット

ここまで、自動売買システムのメリットを説明してきましたが、デメリットも存在します。自動売買を利用してFXで勝つ確率を上げるために、デメリットも理解しておきましょう。

【自動売買のデメリット①】裁量トレードよりも手数料が高い

自動売買システムでは、一般的に裁量トレードよりも手数料が高く設定されています。売買の際に数十円の手数料がかかったり、裁量トレードよりもスプレッドが広かったりすることがデメリットです。

また、開発型自動売買システムでは、ソフトウェアを購入する必要があるため、場合によっては数十万円かかることがあります。

【自動売買のデメリット②】変動の大きい相場では損が出やすい

自動売買システムは、あくまで決められた設定どおりに売買するシステムです。ですので、これから大きい利益が見込める相場でも、設定の価格になったら自動的に決済してしまいます。明確なトレンド発生時には、裁量トレードよりも利益が出ないことがある点がデメリットと言えます。

【自動売買のデメリット③】一度のトレードで大きな利益が出にくい

自動売買システムの特性として、売買回数を増やして小さな利益を積み上げる点が挙げられます。そのため、一回のトレードでは大きな利益を得にくいというところに注意しましょう。

自動売買システム4種類の特徴

自動売買システムは、カスタマイズ性の違いなどで種類を分けることができます。ここでは、大きく「リピート型」「選択型」「設定型」「開発型」の4つに分けて説明します。

リピート型

リピート型の自動売買は、リピート系発注機能とも呼ばれます。リピート型とは、売買したい値幅などを設定することで、自動で売買を繰り返す自動売買システムです。レンジ相場が得意な自動売買で、テクニカル分析の知識はがなくても利益を出すことができます。設定も簡単で、初めての自動売買を考えている初心者に、おすすめできる方法です。

一度設定すれば、チャートを見続ける必要はありません。しかし、リピート型は急な相場変動が苦手なことを理解しておきましょう。

選択型

選択型システムトレードは、プログラムをトレーダーが選択してFXの自動売買をする仕組みです。FXの取引ツールに、あらかじめ自動売買用のプログラムが組み込まれており、使いたいプログラムを選ぶだけで自動売買が可能です。

そのため、リピート型よりも高度な設定を、手軽に利用できる自動売買システムと言えます。プログラムの利用は無料でも、システムの利用料や手数料がかかる可能性があるので注意しましょう。

設定型

設定型のシステムトレードでは、選択型とは異なりプログラムの設定をトレーダーがカスタマイズできます。使用するインジケーターなどを選ぶ必要があるため、ある程度の知識が必要となります。

ただし、このあと紹介する開発型とは違って、プログラミングの知識は不要です。選択型を利用していたけど、自分で設定を変えたいというトレーダーに向いています。

開発型

開発型システムトレードは、自分でソフトウェアをプログラムしたり、他のトレーダーが作ったソフトウェアを取引ツールに取り込んで利用したりする自動売買方法です。自分でソフトウェアを作る場合は、プログラミング技術が必要となります。

有名トレーダーのアルゴリズムを組みこんだソフトウェアを購入し、人気の取引ツール『MT4』などに入れて使うこともできます。非常に高度なトレード知識が必要になるため、初心者が最初から開発型を選ぶことはおすすめできません。

FXで自動売買を利用するときの注意点

自動売買は、裁量トレードと違ってチャートを見続ける必要もなく、感情的な売買で損失が大きくなりにくい便利なシステムです。しかし、注意する点もあります。ここでは、FXで自動売買を利用するときに気を付けたい点について解説します。

自動売買システムは万能ではない

自動売買システムは、すべての相場で有効というわけではありません。特に、リピート型などカスタマイズができないタイプの自動売買では、大きな相場変動に弱いという欠点もあります。

自動売買システムが有用な場面を、きちんと理解してから利用するようにしましょう。

自動売買システムを使えば絶対に勝てるわけではない

自動売買システムを使えば、絶対に勝てると考えてはいけません。なぜなら、自動売買するときの設定どおりに相場が動くわけではないからです。

裁量トレードでは大きな利益を狙えても、自動売買では自動で決済されて利益を逃す可能性があります。自動売買システムの強みと弱点を押さえて利用するようにしましょう。

開発型システムのプログラムを買うときは注意

開発型システムトレードで気を付けたいのは、100%勝てるプログラムはないということです。勝てるから、とデメリットを考えずに高額なプログラムを買うことはおすすめできません。信頼できるプログラムなのかを調べてから、購入を検討するようにしましょう。

メリット・デメリットを理解してFX自動売買を上手く使おう

ここでは、自動売買を利用するときのメリットとデメリットを中心に、システムトレードの魅力を解説しました。

自動売買システムは、裁量トレードの弱点である「チャンスを逃しやすい」「感情が入りやすい」というデメリットをカバーするトレード方法です。上手く利用すれば、手間をかけずに自動で利益が得られるというメリットがあります。

一方で、その能力を過信しすぎると、損失に繋がることもあります。あくまで取引ツールとして、上手に利用してくださいね。

-FXコラム, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.