新着記事

FXコラム FX口座

FXの自動売買で稼ぐ!はそんなに甘くない?自動売買にも裁量が必要な理由

システムがトレード時における売り買い、決済、損切りの判断をしてくれる、というものが自動売買です。

自動売買でシステムにトレードしてもらえば、チャリンチャリンとお金が入ってくれば嬉しいですよね。しかし、そううまくはいきません。

一時的にはうまくいくときもありますが、ある時期から負け続けるなんてこともあります。では、自動売買は稼げないのでしょうか?

そんなことはありません。適切に使ってあげることで、トレードをするうえであなたの強い味方にもなりえます。

この記事では自動売買についてのメリットデメリットについて解説していきます。また、デメリットの克服法についても解説しています。

自動売買を始めてみようと思っている方や自動売買をやっているけどうまくいっていない方などのヒントになればと思って書いてみました。ぜひ読んでみてください。

自動売買とは

自動売買とは設定されたルールに基づき、トレードを行ってくれるシステムのことです。

FX会社などで提供されているものもあれば、ネットで高勝率をうたった高額な自動売買システムなどもあります。

まず、気を付けていただきたいのが、自動売買で表示されている成績は過去のものであって、これからもその数字が約束されているものではありません。

ですので、過去にいくらいい成績を残していたとしても、それを真に受けて、全財産を投入するなんてことはやめてください。まずは少額で試してみることをおすすめします。

冒頭から注意喚起させていただいたのは、自動売買について幻想を抱いてしまいがちになるからです。「自動で売買する=稼げる」ということではありません。これで稼げるのなら世の中金持ちだらけになってしまうでしょう。

自動売買を使えば簡単に稼げるわけではありません。自動売買のルールによっては勝ちやすい時期、負けやすい時期というものがあり、その判断はご自分でする必要があります。

「自動売買だから全部システムがやってくるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、システムがすべてを代わりに行ってくれたとしても稼げるようになるかはわかりません。

自分でトレードしても勝てないから、自動売買でトレードすれば勝てる、というような図式は成り立ちません。

そこで、まずは自動売買と裁量トレード(自分で判断するトレード)の違いを見ていきましょう。

自動売買と裁量トレードの違い

自動売買とは、ルールに基づいてトレード行ってくれるシステムのことと解説しました。しかし、すべてをシステムが判断してくれるわけではなく、まずは、システムが従うためのルールを選択する必要があります。

このルールはFX会社などで用意されているので、ご自身で選択します。提供されているルールから選択して設定を行うことで、初めてシステムがルールに基づいたトレードを繰り返し行ってくれるのです。

一方で裁量トレードは手法から売買タイミング、決済タイミング、損切りタイミングすべての判断を自分で行わなければなりません。

自動売買と裁量トレードの大きな違いはトレードごとの「判断」を自分でやるのかシステムに任せるかの違いです。

この「判断」は自動売買のメリット・デメリットにも大きくかかわってきます。以下では自動売買のメリットデメリットを詳しく解説していきます。

自動売買のメリット

まずは、自動売買のメリットを見ていきましょう。ここでご紹介するメリットは3点です。1つずつ詳しく解説していきます。

1.チャンスを逃さない

自動売買であれば、特殊な事情がない限りチャンスを逃すことはありません。

なぜなら、ルール設定さえ行っていれば、システムが売り買いを判断し24時間あなたの代わりにトレードをしてくれるからです。

例えば、以下のようなルールを適用した自動売買システムを使用しているとします。

  • 移動平均線を上抜けて、戻ってきて再度移動平均線にタッチしたら買い
  • 移動平均線から○○%乖離した場合は決済
  • 移動平均線を下抜けたら損切り

すると、あなたが寝ているときでも、システムが移動平均線を上抜けて戻ってきて再度移動平均線にタッチしたタイミングで買ってくれます。その後の値動きによって決済または損切りの判断もしてくれます。

投資では「待つ」ことが仕事のようなもので、思ったようなタイミングで思ったように動いてはくれません。

ですので、ルールに合致するような状況が出現するまで「待つ」ことになります。ルールに合致した状況がいつ出現するのかもわかりませんし、ルールに合致した状況が来た時にPCの前でスタンバイできているのかどうかもわかりません。

待つ」そして実行するという行為は簡単に見えますが、繰り返し正確に行うとなると、なかなか難しい行為です。

待つ」ということが出来ずに値動きに翻弄されてトレードしてしまった経験をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

システムにトレードをまかせておくことで、「待つ」という判断を行いルールに合致する状況が出現した場合に、速やかにトレードを実行してくれます。

だからこそ、チャンスを逃さずトレードすることができるのです。

2.一定のルールに従ってトレードしてくれる

自動売買でトレードしている限りルールに合致した状況を判断し、ルール通りに取引が実行されます。投資においてルール通りにトレードすることは非常に重要です。

なぜなら、ルール通りにトレードしなければ、ランダムな取引になってしまうからです。

例えば、移動平均線を上抜けて再度移動平均線に戻ってきたら買いというルールでトレードしていたとします。

しかし、気分によって買うときと、買わないときがある場合、買わなかったときに限って、思惑通り大きく動くかもしれません。買っていなければ、もちろん大きな利益を逃してしまうことになります。

大きな利益を逃したことで、トータルの損益がマイナスになってしまうなんてこともありえます。

ですので、ルール通りにトレードをすることは非常に重要なのです。ルール通りのトレードを繰り返し行ってくれる自動売買は上記のような理由からもメリットをもたらしてくれます。

3.初心者でもすぐにはじめられる

ほとんどのFX会社ではルール設定を行うだけで、すぐに自動売買を始めることができます。

なぜかというと、上述してきたように、自動売買はシステムがルールに基づき繰り返しトレードを行ってくれるからです。

例えばFX会社がルールAとルールBを用意していたとします。あなたがルールAを選び、設定を行えば、あとは昼夜を問わずルールAに合致した状況を判断しシステムがトレードを実行してくれます。

ルールを選択し設定するだけで、あとの判断はシステムにまかせることができます。ですので、初心者でもすぐに自動売買をはじめることができるのです。しかし、すぐにはじめられるということと、学びが必要ないということはイコールではありません。

最後に、メリットをもう一度まとめると

  1. チャンスを逃さない
  2. 一定のルールに従ってトレードしてくれる
  3. 初心者でもすぐにはじめられる

以上の3点です。つまりトレードにおける判断をあなたの代わりにシステムが行ってくれる、ということが大きなメリットと言えるでしょう。では、反対にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

自動売買のデメリット

自動売買のデメリットは2点です。デメリットがわかっていれば、デメリットに対処することも可能です。以下で1つずつ見ていきましょう。

1.放置しておくだけで稼げるわけではない

自動売買ではシステムがルールに従ってトレードを繰り返し行ってくれます。しかし、必ずしも利益を積み上げてくれるわけではありません。

なぜなら、同じ手法がいつまでも通用するような相場は継続しないからです。

例えば、先ほどと同じルールを設定した自動売買システムを使っているとしましょう。

  • 移動平均線を上抜けて戻ってきて、再び移動平均線にタッチしたら買い
  • 移動平均線から○○%乖離した場合は決済
  • 移動平均線を下抜けたら損切り

このルールの有効適用範囲はトレンドが出ているときの相場であり、レンジ相場になれば、このルールでは勝ちにくくなると想定できます。

なぜそのように想定できるのかというと、相場によって値動きに違いが出てくるからです。

ここで少し、横道にそれますが値動きの違いについて、解説します。値動きの違いは大まかに2種類あります。1つ目がトレンド相場、2つ目がレンジ相場です。

トレンド相場には上昇トレンド相場と下降トレンド相場があります。昇トレンド相場の場合であれば、高値と安値を切り上げながら上昇していくような値動きをします。

上昇トレンド相場では、押し目として移動平均線など順張り系のインジケーターが機能しやすくなります。

順張りとはトレンドの方向と同一方向に売り買いのポジションを持つことを言います。上昇トレンド中に順張りするなら、押し目を狙って買っていくことになります。

一方でレンジ相場では、上限と下限の間を行ったり来たりといった値動きをします。

レンジ相場では、上限からの売り、下限からの買いというような逆張り系のインジケーターが有効になります。

逆張りとは現在の値動きとは逆の動きを想定し、売り買いのポジションをとることを言います。上昇中であれば、上昇してきたところを売っていくようなポジションをとることです。

まとめると、

  • トレンド相場では順張り系のインジケーター(移動平均線など)が機能しやすい
  • レンジ相場では逆張り系のインジケーター(ストキャスティクスなど)が機能しやすいく、反対に順張り系のインジケーターは機能しづらくなる

話を戻すと、移動平均線を使った順張り系のルール設定を行ったシステムはレンジ相場が訪れたときには、勝ちにくくなると想定されます。

ですので、放置するだけでは稼げなくなるのです。トレンド相場が得意なシステムを使っているときにレンジ相場が訪れたときは、システムを停止するかどうかの判断をご自分ですることになります。また、レンジ相場が得意なインジケーターを使ったルールに変更するかどうかの判断しなくてはなりません。

2.学びは必要

上記で解説したように、自動売買であっても現在相場を把握し、把握した状況によって現在のルールを継続して使用するのかどうかを判断しなければなりません。

もちろん、現在相場の判断までしてくれて、ルール変更をおこなってくれる自動売買システムもあります。しかし、自動でルール変更を行ってくれるシステムを利用したとしても、勝てなくなる時期は必ずといってもいいほど訪れます。

なぜなら、二度と同じ相場は訪れないからです。

例えば、レンジ相場にもいろいろな形があります。上限と下限がほぼきれいにそろっている場合もあれば、上限下限まで届かず反転してしまい、さらに小さなレンジを作るような場合も存在します。

似たようなレンジ相場は来ますが、全く同じレンジ相場が来ることはありません。その時その時によって多少の違いが出てきます。

ですので、トレンド相場とレンジ相場によって、ルールを切り替えたとしても、今回のレンジ相場では勝ちやすいルールであったとしても、次回のレンジ相場でも勝ちやすいルールになるとは限らないのです。

もし、勝てなくなった時になぜ勝てないのかを把握出来なければ、適切な判断ができなくなります。

だからこそ、自動売買システムだけに頼るのではなく、自ら学ぶことが必要なのです。

以上自動売買のデメリットを解説してきました。自動売買のメリットである「判断」をシステムにまかせられるという状況がずっと続くわけではありません。

自分で判断しなければならないときは必ずといってもいいほど訪れます。初心者でもすぐにはじめることができる一方で、勝ち続けるためにはやはり学ぶことは必要です。

次は、自動売買の学び方を具体的に見ていきましょう。

自動売買の学び方

自動売買を使うにあたって上述のようなデメリットがありました。そのデメリットを克服するための最も有効な方法は学ぶことです。

では、どのように学んでいけばよいのでしょうか?

答えは、見直しをすることです。

相場を勉強するにあたって一番の教材になるのが自分で行ったトレードの記録です。自動売買でももちろんトレードの履歴があるので、それを見直します。

どのようなポイントで連敗しているのか、どのようなポイントで連勝しているのかなどを見ることで、そのルールの有効適用範囲がぼんやりと見えてくると思います。

例えば、ストキャスティクスを使って自動売買を行っているときのルールを以下のように設定したとします。

下のチャート画像の上がローソク足、下がストキャスティクスです。ストキャスティクスの上下に白い点線の水平線が引かれています。上が80%、下が20%のライン。

  • 下の20%のラインにあたって青のストキャスティクスが赤のストキャスティクスを上抜けたら買い、反対に80%ラインにあたって青のストキャスティクスが赤のストキャスティクスを下抜けたら決済(売りの場合は逆)

このようなルールでトレードした結果はチャート上に示した通りになります。

※矢印が売りと買い、チェックマークが利益、バツが損切りです。

パッと見てわかると思いますが、レンジ中に勝ちやすく、上昇トレンド発生後、負けが多くなっています。

レンジ中に勝ちやすく、上昇トレンド発生後、負けやすくなるということがわかれば、上昇トレンド中はストキャスティクスではなく他のルールに変更したほうがいいかな、もしくは、自動売買を停止したほうがいいかな、などの判断ができるようになります。

トレード履歴の見直しをして改善することは、自動売買だけに限らず、トレード上達に最も効果があり、簡単な勉強法といえるのです。

ただ1つ注意点があって、一度改善したからといって、あとはもう勝てるようになるはずだと考えないようにしてください。

何度も言うように、二度と同じ相場は訪れないということを前提にした場合、今回機能したルールが次も機能するかどうかはわかりません。

だからこそ、改善はし続けなければなりません。

まとめ

自動売買と裁量トレードの大きな違いは判断をするかどうかです。判断するかどうかはメリットやデメリットにも大きくかかわってきます。

自動売買のメリットは、システムが判断をしてくれることです。具体的には、

  1. チャンスを逃さない
  2. ルール通りにトレードしてくれる
  3. 初心者でもすぐにはじめられる

以上を解説させていただきました。一方でデメリットは、自分で判断しなければならない状況があるということです。具体的には、

  1. 放置しておくだけで稼げるわけではない
  2. 学びは必要

以上のように、すべてをシステムの判断にまかせていては稼げないというのが最大のデメリットということができます。

しかし、このようなデメリットは成長のチャンスと言い換えることができます。できないから、できるようになるために学び、そして成長していくのです。

ですので、学ぶことをあまり敬遠せずに、成長するためのチャンスもしくは、稼ぐためのチャンスと考えて取り組んでみてください。学ぶことで自動売買や相場についての理解が進めば、その中に楽しみも見いだせのではないかと思います。

-FXコラム, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.