新着記事

FXコラム FX口座

FXの時間帯(オセアニア・東京・欧州・ニューヨーク)ごとの特徴と立ち回り方

FXトレードをしていると、時間帯によってなんとなく値動きに違いがあることに気づくのではないでしょうか?

この違いをなんとなくではなく、ある程度明確に知っておくことで、トレード戦略に役立てられると思いませんか?

市場参加者の多寡や経済指標・イベント発生時間など、事前に把握できる情報をもとに、それぞれの時間帯の特徴を押さえることができます。このような特徴をもとに、トレードをすべき時間帯とトレードを避けるべき時間帯の把握も可能です。

相場では無数のチャンスが存在しています。しかし、そのチャンスがすべてあなたにとってのチャンスとは限りません。

チャンスを絞り込むためにも、時間帯による特徴を押えておくことは重要です。

この記事では各時間帯別の特徴と立ち回り方について解説しています。また、トレードスタイル別の立ち回り方についても触れています。したがって、どのようなトレードスタイルの方にでも、また、はっきりとしたトレードスタイルを決めていない方にでも、ヒントとなるように書いてみました。是非読んでみてくださいね。

FXでは24時間取引が可能

FXは基本的に月曜の午前6時前後から土曜日の午前6時前後まで取引ができます。

この時間帯は各FX会社によって差はありますが、基本的に前述の時間帯で取引が可能です。しかし、FX取引ができない日もあるので注意してください。

まず、基本的に土日はトレードすることができませんその他に元旦(1月1日)市場がお休みです。また、クリスマス(12月25日)大晦日(12月31日)は短縮取引になっています。

このようにFXは基本的に24時間取引が可能ですが、土日、元旦は市場がお休みです。また、クリスマス、大晦日は短縮取引となっていることを押えておいてください。

そして、24時間取引ができると言っても、そこでプレーする人たちの顔ぶれは時間とともに変わります。したがって、それぞれの時間帯での値動きの特徴も違ったものになってきます。以下では、時間帯ごとの特徴などを見ていきましょう。

時間帯ごとの特徴と立ち回り方

FXでは取引市場が開いている場所や時間帯によって、オセアニア時間、東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間に大まかに分けることができます。

オセアニア時間(6時~8時)

ニュージーランド、ウェリントン市場やオーストラリア、シドニー市場が開いている時間帯です。市場参加者が少ないので、値動きが乏しい時間帯です。

市場参加者が少ないため、スプレッドも広がりやすく、方向感の見られない不規則な値動きが発生しやすい時間帯とも言えます。また、週末にビッグニュースが出た場合は一番最初に開かれる市場なので、乱高下する可能性があります。

オセアニア時間の立ち回り方

この時間帯は前述したように、市場参加者が少ないため方向感も出にくく、不規則な動きになりやすい時間帯です。

したがって、短期トレードにはあまり適していません。もし、トレードするなら週末に出たビッグニュースを受けての値動きを期待した短期トレードのみです。

スプレッドも広がりやい時間帯であるため、敢えてこの時間帯にリスクを負って取引する意味はあまりないと言えます。

特殊な事情がない限り様子見に徹していた方がいいのではないでしょうか。

東京時間(8時~15時)

アジア地域の取引参加者が多い時間帯です。オセアニア時間に比べて市場参加者も増えるので、比較的値動きが安定してきます。さらに、午前9時からは東京市場も開くので、取引が活発化していきます。

また、9時55分に仲値(なかね)が決まるため、思惑の絡んだ売買が行われ、ドル円の値動きが活発になります。仲値とは、金融機関が提示する基準レート(TTM)のことで、輸出入業者等が利用するレートのことです。

その後は穏やかな値動きになることが多いのですが、オーストラリアや中国の経済指標の発表を受けて、オセアニア通貨大きく動くこともあります。

東京時間の立ち回り方

比較的穏やかな値動きになりやすいので、リスクを抑えたトレードが可能です。

また、レンジもしくは角度の緩いトレンドが発生しやすい傾向があるので、慌ててエントリーする必要がなく、レンジの上限下限、もしくは押し目・戻り目を待って、ゆったりとした取引ができる時間帯と言えるでしょう。

欧州時間(15時~21時)

取引量世界一のロンドン市場が開き、取引が活発に行われていく時間帯です。

欧州勢が市場のメインプレーヤーとなり、欧州通貨が活発に取引されます。また、欧州の経済指標が発表されるので、突発的に大きな動きが発生する場合もあります。

東京時間とは雰囲気が変わり、値動きも大きくなると同時にリスクも大きくなるので、慎重に取引をしたい時間帯です。

欧州時間の立ち回り方

市場参加者が増えて、経済指標も発表されるため、東京時間で形成されたレンジをブレイクして、トレンドを形成する場合もあります。

また、東京時間で形成したレンジをブレイクしたように見せかけて、逆方向にブレイクしていくというような「だまし」の値動きも発生します。取引前には明確な計画を立ててからトレードしていきましょう。

リスクが大きいということは、逆に大きなリターンも狙えるので、取引枚数を落として大きなリターンを狙ったトレードをしてもいいかもしれません。

ニューヨーク時間(21時~6時)

ニューヨーク市場も開き、アメリカからの参加者が合流してきます。ロンドン市場とニューヨーク市場という巨大市場が重なるタイミングでもあるため、最も値動きが激しくなる時間帯と言えます。

さらに、重要な経済指標や要人発言もあるため、意識されている節目を抜けて、トレンドが発生する場合もあります。

23時にはニューヨーク・オプションカットがあるため、これに絡んだ動きが見られます。ニューヨーク・オプションカットとは、ニューヨーク市場の通貨オプション取引の権利を行使する最終的な締め切り時間であり、カットオフタイムとも呼ばれています。これに絡んだ取引が活発化することで、為替相場の変動も激しくなる傾向があります。

24時にはロンドンフィキシングがあり、これに絡んだ通貨取引が活発化します。その影響で、為替相場の変動も大きくなる傾向にあります。

ロンドンフィキシングとは、金の取引価格を決める時間帯であり、これに絡んだ動きが活発化するため、為替相場にも影響が出てきます。

午前2時を過ぎると欧州株式市場が終了するため値動きは緩やかになっていきます。

ニューヨーク時間の立ち回り方

比較的強いトレンドが出る場合があるので、浅い押しや戻りで行ってしまうこともあります。ですので、時間軸を短くして短期足でついて行くことも考えておく必要があります。

値動きが大きいため、ある程度の利幅を狙うことも可能です。しかし、指標やイベントも多いので、逆指値などで損切り幅を小さく設定していると、突発的な値動きによって損切りされてしまう場合があるので注意が必要です。

大きな利益を狙っているのに、小さすぎる損切りではかえってトレードを阻害してしまいます。したがって、ある程度の損切り幅を取っておくことをおすすめします。

以上、オセアニア時間、東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間の特徴と立ち回り方を見てきました。

では、時間帯の特徴をどのようにトレードに活かせばよいのでしょうか?次はトレードスタイル別にそれぞれの時間帯での立ち回り方を見てきましょう。

トレードスタイル別時間帯ごとの立ち回り方

トレードをしていく上で自分のトレードスタイルを決めることは重要です。なぜなら、トレードスタイルをあいまいにしていると、行動を躊躇してしまう可能性がでてくるからです。

例えば、トレードスタイルがスキャルピングトレードの場合であれば、許容範囲外の損失が出た時点、もしくは出そうになった時点で損切りすることを求められます。

しかし、トレードスタイルが明確でないと、もう少ししたら思惑通りに動きそう、などの期待感に支配され、含み損を抱えたままホールドすることになります。このような状態では資金効率と機動性が武器であるスキャルピングトレードのメリットが打ち消されてしまいます。

資金が拘束されていれば、次のトレードチャンスに対応出来ません。本来なら次のトレードで利益が出ていたのに、資金が拘束されていたため、トレードができなかったという事態に陥ってしまうかもしれません。

ですので、トレードスタイルを決めて、行動の明確な判断基準を持つ必要があるのです。以下ではスキャルピングトレード、デイトレード、スイングトレードにおける、各時間帯ごとの立ち回り方を見ていきましょう。

スキャルピングトレードの時間帯別立ち回り方

スキャルピングトレードは超短期トレードのことを指し、トレンドを狙うというよりも、反応を取っていくトレードです。

ですから、どの時間帯でも取引可能です。しかし、スプレッドが広がっている時間帯は避けねばなりません。

なぜなら、広いスプレッドで取引すれば、それだけコストが大きくなってしまうからです。

スキャルピングトレードは小さな利益を何回にも分けて取っていくというトレードスタイルです。ですので、他のトレードスタイルに比べてスプレッドのコストとして占める割合が大きくなってしまいます。

ただでさえ、スプレッドのコストとして占める割合が大きくなってしまうのに、わざわざスプレッドが広い時間帯にトレードすることはデメリットでしかありません。このような行為は、自分でリスクを大きくしていることになります。

例えば、通常スプレッドが0.5銭なのに、スプレッドが広がっていて1.0銭の時にトレードすれば、それだけで、1トレードにつき0.5銭のリスクを余計に増やした状態でトレードをすることになります。

トレード回数が少なければ問題ありません。しかし、トレード回数が多く、利益幅の小さなスキャルピングトレードでは、このような状況でトレードすることは、いたずらにリスクを増やすことになります。

したがって、スプレッドが広がっている時間帯や広がりやすい時間帯は避けるべきです。

また、スキャルピングトレードは1回の利益幅が小さいので、ある程度勝率を高く保つ必要があります。

スキャルピングトレードで勝率を高める方法

では、スキャルピングトレードで勝率を高めるためには、どうすればよいのでしょうか?

答えは簡単で、誰もが認識できるようなポイントでトレードすることです。なぜなら、誰もが認識できるポイントでは、高い確率で反応するからです

例えば、上昇トレンドが発生しているとします。この時に、1時間足の移動平均線を基準として押し目が入って上昇しているのであれば、再度1時間足の移動平均線で反応しやすくなります。

ですので、1時間足の移動平均線にタッチしたときの反応を見て、ロングエントリーをします。この時に欲張って利益を伸ばそうとは考えず、自分の利益目標額に達成した時点で利益確定していったり、上髭などの反転を示唆するような動きが短期足で確認されたら、微益で撤退したりするなどの立ち回りが必要です。

スキャルピングトレードでは、利益を伸ばそうとする必要はあまりなく、思惑の方向へ動いたら利益を確保することを優先します。

そうすることで、高い勝率を維持できます。したがって、スキャルピングトレードでは、トレンドが発生していない時間帯でも反応しやすいポイントがわかれば対応可能です。

だたし、市場参加者が少なくい場合は、反応しそうなポイントでも行き過ぎてしまうことがあります。このような動きが頻発するような時間帯は避けるべきです。よって、オセアニア時間以外でトレードすることになります

デイトレードの時間帯別立ち回り方

次にデイトレードです。デイトレードはある程度の値幅を狙っていきたいので、値動きのある時間帯を選択することになります。

スキャルピングトレードよりも利幅を狙うので、ホールドするも必要になってきます。ホールドする力とは、少しの逆行や含み益の減少に耐える力といってもいいでしょう。適正な損切り幅と利益を伸ばす意思が必要です。

以上から考えると、デイトレードにマッチする時間帯はロンドン時間、ニューヨーク時間になります。

その際には、ホールド力を高めるためにも、現在の相場状況を把握する必要があります。相場状況の把握をすることで、どこまで利益を伸ばしたらいいのか、どこで損切りをすればいいのか、などがある程度わかるようになります。

それがわかれば、ホールドするための基準とすることができるので、結果的にホールド力を高めることができるのです。

相場状況の把握と言っても難しくとらえる必要はなく、レンジ、トレンド、わからないの3種類を押えておけばよいでしょう。

レンジでは上限と下限がある程度分かること、上限と下限の中で行ったり来たりしているような状態です。

トレンドでは、上昇トレンドの場合なら高値と安値を切り上げていること、移動平均線等が上向きに推移している状態のことです。

そして、最後の「わからない」ということが「わかる」ことはとても重要です。「わからない」状態がわかれば、「わからない」状態でのトレードを避けることができます。

相場ではチャンスはいくらでもあるので、わざわざ自分の「わからない」状態でトレードする必要はありません。

「わからない」状態でトレードすることを避ければ、負けを減らすこともできます。その結果、勝率を高めることができ、トータルで勝ちやすい状況を作り上げることができるのです。

まとめると、デイトレードをするときの時間帯はロンドン時間、ニューヨーク時間を選択し、さらに、ホールド力を高めるためにも、レンジかトレンドなのかを把握します。自分がわかるときにのみトレードをして「わからない」ときは静観することになります。

スイングトレードの時間帯別立ち回り方

そして最後にスイングトレードです。スイングトレードは時間軸の長いトレードなので、エントリーポイントの把握はピンポイントで行う必要はありません。

ですので、時間帯はあまり気にする必要はないでしょう。どちらかといえば、エントリーできるかどうかの方が重要になってきます。

例えば、日足で上昇トレンドが出ているので、押し目を狙っていたとします。この時に、押し目の位置を把握して、そこから買っていこうとトレード計画を立てて待ち構えています。

しかし、1時間足や4時間足では下降トレンドが出ているので、現在の流れだけを見てしまうと、さらに下げていってしまうんじゃないかなと考え、躊躇してしまいがちになります。

したがって、1時間足や4時間足で下落トレンドが発生しているときでも、入っていけるような工夫をしておく必要があります。

例えば、指値を設定しておいたり、1時間足の反転を確認してからエントリーしたりなど、こうなったらこうするということを事前に決めておく必要があります。

事前に決めておくことで、下降トレンドが発生していようが、自分の決めておいた通りの行動をすればいいだけの状態を作っておきます。

あらかじめ自分の行動を決めておくことで、躊躇する可能性を低く抑えることができます。このような理由から、スイングトレードでは、時間帯よりもエントリーポイントに来たときの行動を明確にしておくことをおすすめします。

まとめ

以上、FXの時間帯ごとの特徴と立ち回り方などについて解説してきました。時間帯ごとの特徴をもう一度復習しておきましょう。

  • オセアニア時間
    市場参加者が少なくスプレッドが広がりやすいため、リスクを抑えるためにも避けるべき時間帯です。
  • 東京時間
    比較的穏やかな値動きが想定されますが、スキャルピングトレードのような反応を取っていくトレードであれば、ある程度の値動きの中でもトレードが可能です。値動きが穏やかなので、リスクを抑えたトレードができるのではないでしょうか。
  • ロンドン時間
    市場参加者が増えてくる時間帯で、値動きも大きくなます。ある程度の値幅を狙ったトレードも可能なので、スキャルピングトレードにも、デイトレードにも適しています。
  • ニューヨーク時間
    ロンドン時間と重なるタイミングですので、大きな値動きや、トレンドの発生も期待できます。したがって、デイトレードに適した時間帯と言うことができます。

そして、スイングトレードは時間帯よりもエントリーするために行動を明確に決めておくことをおすすめしました。

以上のように、時間帯の特徴を把握しておくことで、ある程度の値動きの想定ができます。想定をすることで、その対応策も事前に練ることが可能になってきます。

値動きに左右されるような、場当たり的なトレードをしないためにも、時間帯の特徴やトレードスタイル別の立ち回り方などを参考にしていただければ幸いです。

-FXコラム, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.