新着記事

FXコラム FX口座

目的と意図をもってやる!FX検証のやり方を詳しく解説

FXについて調べていると、「検証が大切」ということが多くの本やサイトで書かれています。しかし、検証の大切さはわかったけど、どのように始めたらいいのかわからない方も多くいらっしゃるかと思います。

意図のない検証をいくらやってもトレードは上達しません。ですので、検証の正しいやり方をこの記事では解説していきます。

検証をやろうとしている方、検証がうまくいかない方はもちろんのこと、トレードでなかなか勝てないという方も今一度検証のやり方から見直してみてはいかがでしょうか。

では、検証のやり方について詳しく解説していきます。

FXの検証をやる目的

そもそも、FXの検証は何のためにやるのでしょうか?ほとんどの方の答えは「継続的に利益を出す」ためだと思います。

しかし、この目的に沿った検証ができていない方もいらっしゃいます。検証をやることが目的になってしまったり、意図のない検証をやってしまっていたりと本来の目的に沿った検証ができていない場合があります。

例えば、「今日は100回検証するぞ」といって検証をしても検証することが目的になってしまい、「継続的に利益を出す」ための検証にはなっていません。また、ルールもなしに買ったり、売ったりしていれば、勝つこともあれば負けることもあります。

このような検証には意図がありません。感覚に従って検証しているだけです。検証の目的は「継続的に利益を出す」ことです。そのためには勝てるルールに基づき一貫性のあるトレードを繰り返し行わなくてはなりません。

なぜなら、感覚や感情に基づいたトレードを繰り返していては、一時的には勝てるかもしませんが、継続的には勝てないからです。

また、感覚や感情を排除してトレードするためにはルールが必要です。ここで言うルールとは、勝てるルールのことです。勝てるルールとは複数回トレードを行って利益が積み重なるようなルールのことをいいます。

このようなルールに従って一貫性のあるトレードを行うことで、利益は勝手に積み重なっていきます。従って、「勝てるルールに基づき、一貫性のあるトレードを行い、継続的に利益を出す」ために検証が必要なのです。

では検証はどのように行えばいいのでしょうか?以下で具体的に解説していきます。

FXの検証前に決めること

検証を行う理由は「勝てるルールに基づき一貫性のあるトレードを行い、継続的に利益を積み重ねるため」と解説しました。

では勝てるルールとは何でしょうか?勝てるルールとは、はじめからあるものではなく一定のルールに基づきトレードを行い修正を加えながらブラッシュアップして成長させていくものです。

そのために必要なのが、一貫性です。なぜなら、一貫性がなければ何が効果的で何が効果的でないのかがわからないからです。

例えば、押し目で買うという手法でトレードしているのに、ある時は買うけどある時は買わないというようなランダムなトレードをしていれば、どのような場面で勝ちやすいのか、反対にどのような場面で負けやすいのかがわかりません。

しかし、一貫性のあるトレードをすることで、ある程度勝ちやすい場面と負けやすい場面が把握できるようになってきます。勝ちやすい場面でのみトレードをすれば継続的に利益を積み上げることができる可能性は高くなります。

ですので、勝てるルールには一貫性が必要なのです。その一貫性のあるトレードをするために必要なのが明確な基準です。これが一般的に手法と呼ばれるものです。そして、この手法を決めるためには、まずトレードスタイルを選ばなくてはなりません。

以上をまとめると、勝てるルールを作成するために必要な要素は、一貫性(ルール)、手法、トレードスタイルの3つです。以下で1つずつ見ていきましょう。

1.どのようなトレードスタイルを選ぶか

トレードスタイルを決めることはとても重要です。なぜなら手法を決めるための前提条件となるからです。トレードスタイルには大まかに「スキャルピングトレード」「デイトレード」「スイングトレード」の3種類があります。このトレードスタイルに基づき手法を決めていきます。

トレードスタイルは各々のライフスタイルや性格などに基づき選びます。何もわからないうちは「デイトレード」や「スイングトレード」を選ぶとよいでしょう。いきなり「スキャルピングトレード」から始めると混乱してしまい、感情的なトレードに陥りがちになってしまうからです。まずは、スイングトレードがおすすめです。

2.どのような手法でトレードするのか

手法はあまり複雑なものは選ばず、なるべくならシンプルな手法を選択しましょう。なぜなら、複雑な手法を選択すると、エントリーチャンスがほとんどなかったり、エントリーチャンスに気づけなかったりするためです。まずはシンプルな手法である水平線を使った押し戻りを選択することをおすすめします。

3.どのようなルール(一貫性)でトレードするのか

ルールは売買タイミング決済損切りに関するものが必要です。上述したおすすめを使って解説していきます。

トレードスタイルはスイングトレード、手法は水平線を使った押し戻りとした場合のルールを作成してみましょう。スイングトレードなので比較的大きな時間軸でトレードを行います。

以上をルールにまとめると、

  • 日足チャートに基づき水平線を引く
  • 水平線を上抜けた場合は押しを、下抜けた場合は戻りを待つ
  • 売買タイミングは価格が水平線を上抜けて、再度水平線に戻ってきたポイントから買い。反対に水平線を下抜けて再度水平線に戻ってきたところから売る
  • 損切りは買いの場合、水平線の少し下、もしくは直近安値のどちらか大きな方に設定。売りの場合はその逆に設定
  • 決済は買いの場合、直近高値か次の水平線。売りの場合は買いの逆

以上で検証の目的に沿った準備が整いました。ここから意図のある検証を行っていきます。では、意図のある検証とは具体的にどのような検証のことでしょうか?

意図のあるFX検証のやり方

意図のある検証とはどのような検証のことでしょう?答えは目的のある検証のことです。
正確には検証を通してどうなりたいのかを把握することです。

ただ単に検証をやっていても成長がありません。

例えば野球でバッティングを上達させるために、ピッチングを練習していれば、本来の意図とはずれてしまっていますよね。

本来であれば、バッティングを上達させるために素振りをやるというのが正しい練習です。つまり、素振りをやる意図はバッティングの上達です。

これと同じように検証にも意図が必要です。検証するためには2つの意図が考えられます。

1つ目はトレードをし続けることで最終的に勝てるルールなのかどうかの確認。2つ目はそのルールをリアルタイムトレードで実行するための練習。まずは1つ目の最終的に勝てるルールなのかどうかの確認から詳しく解説していきます。

最終的に勝てるルールかどうかを確認するための検証

まずは右側が見えている状態のチャートで売買できるポイントを抽出し、そのポイントでのトレード結果を把握していきます。

例えば、先ほどのルールに従い検証をした場合を見ていきましょう。このルールで、売買を繰り返していくと、最終的に利益が出るのか、それとも損失が出るのかを確認していきます。

以下のチャートでルールを適用し検証を行ってみると、15戦10勝5敗、勝率67%、平均勝ち幅193pips、平均負け幅-84pips、損益比は2.2という結果がでました。

※矢印が売り買い、チェックマークが利益、バツマークが損失、数字が獲得pips

したがって、十分勝てるルールであることがわかります。次はこのルールに基づきトレードするための練習です。右側が見えていない状態で検証を行います。

ルールをリアルタイムトレード形式で実行するための検証

次は、ルールをリアルタイムトレードで実行するための練習です。そのための方法は2つあります。

  1. 専用ソフトを使う
  2. デモトレードで行う

などの方法が考えられます。おすすめは専用ソフトを使って検証する方法です。なぜなら専用ソフトを使えば、時間を短縮して検証を行えるからです。

例えば、1年間の検証をするためにデモトレードを行えば、単純に1年間かかります。しかし、専用ソフトを使って検証をすると、日足基準であれば1年間の検証に数時間もかかりません。

ですので、効率よく検証が行えます。専用ソフトはいろいろとあるのでご自分に合ったものを選んでください。おすすめはフォレックステスターです。

このような検証作業を終えることで、はじめてリアルタイムトレードに挑戦できます。では、最後にリアルタイムトレードに移行した際の注意点を見ていきましょう。

FX検証からリアルタイムトレードへ移行する際の注意点

検証からリアルタイムトレードに移行して、まず感じるのが検証通りの結果が出ないということだと思います。その原因は以下の2点が考えられます。

  1. リアルタイムトレードで検証と同じように勝てると考えている。
  2. 検証通りにトレードできていない。

それぞれ見ていきましょう。

1.検証したからといって、リアルタイムトレードで検証通りに勝てない

検証してもリアルタイムトレードで勝てるという保証はありません。それなら、「検証する意味がないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。確かに勝てる保証はありません。

しかし、そもそもFXは、その性質上確実に勝てるというようなものではないので、検証をして勝てる保証を得ようとすること自体が間違っています。

それに、勝つこともあれば負けることもあるので、数回の負けは許容範囲内なのです。

例えば、現在連敗が続いているとき、検証データがあればそのデータと見比べて、現在の連敗が正常な範囲内なのか、そうでないのかかがわかります。

正常な範囲内での連敗にとどまっているのであれば、トレードを続行できますし、そうでない場合は一旦トレードを中断し、ルールや手法を再度見直す必要がでてきます。

このように、検証で得られたデータは現在の手法が正常範囲内で稼働しているのかどうか、という判断にも使えます。従って、検証する意味は十分にあると考えられるのです。

2.検証通りにトレードができていない

次に検証通りのトレードができていないために、勝てていないのであれば、なぜ検証通りのトレードができていないのかを把握する必要があります。

ただ単にルールを守れていないのか、それともルールがあいまいなので、トレードの際に迷いが出て検証通りのトレードができていないのか、などの把握が必要です。

ただ単にルールが守れていないのであれば、どうやったらルールを守れるのかを考え、その対策案をルールに付け加えます。

ルールがあいまいなので迷ってしまうのであれば、ルールを厳密に作り直します。厳密に作る際のポイントとして数値を入れてみることをおすすめします。

例えば、損切りの位置があいまいなのであれば、損切りを○○pipsに固定するなどのルールに変更をします。そして、再度検証を行い最終的に利益が出ることを確認します。

問題がなければ再び、リアルタイムでルール通りにトレードを実行します。

このようなことを繰り返し行い、ルールをブラッシュアップしていきます。そうすることで、ようやくリアルタイムトレードでの、勝てるルールというものが出来上がっていきます。勝てるルールははじめからあるものではなく、徐々に作り上げていくものなのです。

FXの検証まとめ

検証について解説をさせていただきました。以上をまとめると、

  • 検証するには目的と意図が必要
  • 検証する目的は継続的に利益を出すこと
  • 意図を持った検証を行うことが大切

というようなことを、意識して検証する必要があります。次に、意図を持った検証について2つ解説させていただきました。

  • 勝てるルールなのかを確かめるための検証
  • ルールに基づきトレードするための検証

しかし、このような検証を終えたとしても、すぐにリアルタイムトレードで勝てるわけではありません。

ですので、リアルタイムトレードでの経験を積み、修正と検証を繰り返し、ルールをブラッシュアップしていくことが必要になってくるのです。

検証作業は地道で面白くないかもしれません。だからこそ、目的を見失いがちになり、検証すること自体を目的にしてしまいます。そんな時は、再度本来の検証する目的や意図を思い出してみましょう。そうすることで、間違った検証やトレードからの軌道修正が可能になるかと思います。

-FXコラム, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.