新着記事

FX口座 LIGHT FX

LIGHT FXのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

LIGHT FXのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

レバレッジとは「てこの原理」のことを意味しており少額資金でも大きな金額を売買することができるサービスのことです。

自分が用意した資金より大きな金額を売買できるのは利益が大きくなるだけでなく損失も大きくなるのでれ注意が必要になってきます。

この記事は

はてな

  • そもそもレバレッジってなに?
  • レバレッジの仕組みってどうなってるの?
  • 計算方法や注意点はある?

などの疑問がある方におすすめの記事になっています。

FXのレバレッジの解説やLIGHT FXのレバレッジの特徴、計算方法、設定方法などについて説明いたします。

FXをするにあたってレバレッジはとても重要な部分になるので本記事で理解していただければと思います。



FXの最大特徴 レバレッジ

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、てこを使えば小さい力でかけた力の何倍もの物を動かすことができますよね。

その、てこの原理と同じようにFXでのレバレッジとは小さい手持ち資金の何倍もの大きな金額をかけて売買をすることができるんです。

このことを「レバレッジをかける」と表現しています。

例をあげて説明すると…

1米ドルが100円の時に1,000ドル購入する際、本来であれば100,000円の資金が必要になります。

しかし、レバレッジを25倍かける=必要資金は25分の1でいいので4,000円で取引が可能になります。

もう一つ例をあげると…

手持ち資金が100,000円でレバレッジ25倍すると2,500,000円の取引を行うことができます。

250万の取引ができると1米ドル100円の時25,000米ドルを買い、101円の時に売ると25,000円の利益を得ることができます。

2つの例で

  • 準備資金が少なくても取引が行える
  • 取引金額を増やせることで利益が大きくなる

この2つの利点が理解できるかと思います。

このように、FXでのレバレッジの掛け方で自分の準備資金や利益が大きく異なるのでしっかりと理解することが大切です。

LIGHT FX通商のレバレッジの特徴

どのFX会社でもFXはかけることはできますが、会社によって特徴が変わってきます。

LIGHT FXのレバレッジはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

ポイント

  • 取引ごとにレバレッジを設定する必要がない
  • レバレッジは最大25倍
  • レバレッジの変更も可能

取引ごとにレバレッジを設定する必要がない

LIGHT FXのレバレッジは個々の取引通貨ごとにレバレッジを設定する必要がありません。

口座全体で最大25倍と決められているので通貨ごとにレバレッジを設定する手間が必要無くなります。

レバレッジは最大25倍で設定されています

FXをしている方は知っていると思いますが、初心者の方は「必要証拠金」というものは知っていますか?

必要証拠金とはFX取引を行うのにFX会社に必ず預けなければいけないお金のことです。いわば担保のようなものですね。

LIGHT FXではレバレッジを最大で25倍に設定されていますので必要証拠金は取引金額の25分の1で計算されています。

例えば、USDJPYでレートが100円の時に1,000通貨の取引を行うと必要証拠金は取引金額100,000円の25分の1なので4,000円が必要証拠金としてLIGHT FXに預けることになります。(証拠金は決算後に解除されます)

ただ、初心者の方には必要証拠金の話は理解できてもなにがいいのかまではわからないと思うので他社と比べて説明していきます。

例えば、GBP/JPYでレートが125円、10,000通貨取引した際にLIGHT FXの必要証拠金は50,000円

しかし、他社のレバレッジ10倍コースだと必要証拠金が125,000円必要になってくるので残りの余裕資金が25,000円しかありません。

そして、「レートの調子がいいので10,000通貨追加したいな〜」と思い追加する場合

LIGHT FXは必要証拠金が50,000円だったので追加の必要証拠金は残りの余裕資金が100,000円残っている為、余裕資金から追加できます。

レバレッジ10倍コースは余裕資金が既に25,000円しかない上に追加で125,000円の必要証拠金を追加する必要があるので用意する資金にも大きな差が出てきます。

レバレッジの変更も可能

先ほど、レバレッジは25倍なので変更できないのでは?と思う方も多いと思います。

しかし、LIGHT FXのレバレッジは口座全体で25倍となっているので入金金額や取引数量を変更することでレバレッジを調整することが可能です。



入金金額で変更する方法

USD/JPYレートが110円の時にレバレッジ10倍で10,000通貨取引したい場合

現在レート×取引数量÷レバレッジの希望倍数=入金金額

今回の場合だと110円×10,000通貨÷レバレッジ10倍=入金金額110,000円

なので入金金額を110,000円にすることでレバレッジを10倍に設定することができます。

取引数量で変更する方法

上の例と同じようにUSD/JPYレートが110円の時に入金金額は110,000円、レバレッジは10倍で取引したい場合

入金金額×レバレッジの希望倍数÷レート=取引数量

今回の場合、110,000円×レバレッジ10倍÷110円=10,000通貨

なので取引数量を10,000通貨にすることでレバレッジを10倍に設定することができます。

ちなみに、LIGHT FXの公式サイトにも計算ツールがあります。

2種類の計算方法があるのですが上は取引する通貨ペアのレートや数量、純資産額をもとに、実際の運用レバレッジ(実効レバレッジ)が何倍かを計算するもの。

下が指定した実効レバレッジで取引するために必要な純資産額を計算するものになっているので、ぜひ活用くださいね。

FX初心者には低レバレッジがおすすめ

後ほど解説しますが、FX初心者がレバレッジ25倍をかけ取引するのはリスクが伴います。

なので、低レバレッジを設定できるFX会社を利用する必要がありますがFX会社によってレバレッジの設定は大きく分けて2つあります。

ポイント

  • レバレッジを自分でレバレッジ変更できる会社
  • あらかじめレバレッジを設定している会社

LIGHT FXは上記の、自分でレバレッジを変更できる会社なので初めのうちは低レバレッジで経験を積み感覚を掴みましょう。

FX初心者におすすめされているレバレッジは1〜3倍といわれています。

はじめから大きいレバレッジは絶対に避けるようにしてください。

また、LIGHT FXは0.1Lot=1,000通貨と少ない取引通貨で設定されているので最小通貨数、低レバレッジでの取引方法ができるのは初心者には特におすすめです。

LIGHT FXのおすすめポイント

  • 業界最狭水準のスプレッド!
  • 高金利通貨のスワップポイントは業界最水準!
  • 1,000通貨単位の少額取引もできる!

LIGHT FX初級者から上級者まで幅広い層におすすめでできます!
また、今なら口座開設で最大5万円のキャッシュバック・キャンペーンもやっておりますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか!


レバレッジの注意点

レバレッジをかけるには、もちろん注意も必要です。

注意ポイント

  • ハイリスク・ハイリターンを理解する
  • ロスカットに注意する

ハイリスク・ハイリターンを理解する

レバレッジの特徴でも説明したように、レバレッジの大きな金額で取引できるという点は利益も大きいですが反対に損益も大きくなります。

まず、USD/JPYでレートが1円下がったとき、レバレッジの倍数によってどれだけの損失が発生するか説明します。

(例)5倍の場合(1米ドル100円)

資金10,000円、レバレッジを5倍に設定すると50,000円まで取引可能なので500米ドルの取引が可能です。

しかし、1円下落して99円になったとき50,000円で買った500米ドルは49,500円になるので500円の損失が発生します。

(例)25倍の場合(1米ドル100円)

資金10,000円、レバレッジ25倍に設定すると250,000円まで取引可能なので2,500米ドルを買い。

同じく1円下落し99円になったとき2,500米ドルは247,500円になってしまい、2500円の損失が発生します。

このように、同じ資金でもレバレッジのかける倍数によってレバレッジが高ければ高いほど損失も大きくなります。

ロスカットに注意する

まず、ロスカットとは損失が発生し規定の水準に達したときにその以上の損失を出さないために強制的に決済することです。

この、指定の基準はFX会社によって変わってきますがLIGHT FXのロスカット基準は

ポイント

証拠金維持率が100%を下回ったとき
証拠金維持率(%)= 純資産 ÷ 必要証拠金 × 100%

となっています。

純資産とは口座資金+確定した損益+未決済ポジションの時価評価額(確定していない損益)のことで

必要証拠金はポジションを維持するために必要な証拠金のことです。

純資産-必要証拠金=余剰金 余剰金÷通貨数量=ロスカットまでの値幅

例えばUSD/JPYを1ドル90.000円で1,000ドル買った場合で、有効証拠金が5,000円の場合
純資産...5,000円
必要証拠金...3,600円
USD/JPYの現在レート...1ドル90.000円として

5,000円(純資産)-3,600円(必要証拠金)=1,400円(余剰金)
1,400円(余剰金)÷1,000ドル(通貨数量)=1.4円(ロスカットまでの値幅)
買ポジションを保有しているので、90.000円-1.4円=88.600円(ロスカット値)
88.600円を下回った時点でロスカットです。

このロスカットはレバレッジが高ければ高いほど、有効証拠金と必要証拠金の幅が大きくなり余剰金が少なくなるのでロスカットされやすくなります。

また、LIGHT FXでは有効比率を取引画面右上に表示してあり有効比率が100%を下回るとロスカットされるので大きく相場が変動したときは確認してください。



ロスカットはなにが危ないのか?

損失を抑えてくれるロスカットは、安心に思えますがレートが一時的に下落してもその後回復すれば損失は出ませんが一時的な下落のときにロスカットが適用してしまうと挽回するチャンスをのがしてしまいます。

また、LIGHT FXのロスカットでは保有中のポジション全てが即時に成行注文で決済されます。なのでUSD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPYのポジションを所有していたとした場合、ひとつでも大きな損失が生じてロスカットが適用されると残りの2つのポジションで利益が出ていても強制的に全てのポジションが決済されることになります。

ロスカットを防ぐには?
  1. 資金に合わせたポジションを持つ
    必要証拠金をギリギリまで使用してポジションを持つのではなく、余裕を持った状態で取引をしましょう。
  2. あらかじめ損失のラインを決めておく
    どの程度、損失が発生したらポジションを決済するかを予め決めておき、損切りのラインに併せて決済注文を入れておきましょう。
  3. 十分な資金を入金しておく
    FX口座に入金を行う事で、純資産が増えるため、証拠金維持率が上昇します。

余裕を持ったポジションサイズで取引することと、あらかじめ損失のラインを決めておくこと、取引に利用する資金を管理しロスカットを防ぎましょう。

まとめ

最後に要点をまとめていきましょう。

ポイント

  • レバレッジは最大25倍
  • 必要証拠金は取引金額の25分の1
  • 取引数量や入金金額によって実効レバレッジは変更できる

注意ポイント

  • レバレッジをかけすぎると大きな損失を生む可能性がある
  • 強制ロスカットに注意
  • 必要証拠金が有効証拠金を上回ったときに強制ロスカットされる

ポイントと注意点をしっかりと理解し無理のないレバレッジを設定してくださいね。

レバレッジを有効に使えると資産運用も効率的に運用することができるのではじめは低いレバレッジから感覚を掴んでみてください!

LIGHT FXのおすすめポイント

  • 業界最狭水準のスプレッド!
  • 高金利通貨のスワップポイントは業界最水準!
  • 通貨ペア数が多く、その数27通貨ペアの取引が可能!
  • 1,000通貨単位の少額取引もできる!

LIGHT FX初級者から上級者まで幅広い層におすすめでできます!
また、今なら口座開設で最大5万円のキャッシュバック・キャンペーンもやっておりますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか!

こんな方におすすめ

  • FX取引が初心者〜上級者の方
  • 少額で取引をされたい方
  • 各種取引手数料を抑えたい方

LIGHT FXは、5分で口座開設のお申し込みが出来ます!
また、今なら口座開設で最大5万円のキャッシュバック・キャンペーンもやっておりますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか!

【無料】LIGHT FXの口座開設はこちら!

-FX口座, LIGHT FX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.