新着記事

FX口座 マネーパートナーズ

マネーパートナーズのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

疑問

  • マネーパートナーズで取引をしてみたいけど、レバレッジはどれくらいなんだろう?
  • マネーパートナーズのレバレッジはどうやって設定するの?

このような疑問にお答えします。

記事の内容

  1. そもそもレバレッジとは?
  2. レバレッジを使うメリット・デメリット
  3. マネーパートナーズのレバレッジ設定方法・変更方法
  4. マネーパートナーズのレバレッジルール
  5. 初心者がレバレッジをかけるならこれに注意!

FX取引をするなら絶対に抑えておきたい大切な仕組みである「レバレッジ」

なんとなくわかるけど、細かいところまでは理解していないという方は意外と多いのではないでしょうか?しかしレバレッジをしっかりと理解していないと、思わぬリスクを抱える危険性も。

そこでこの記事では、マネーパートナーズのレバレッジを使うメリットやデメリットから、ルールや設定方法までわかりやすく解説します。

この記事を読めば、マネーパートナーズのレバレッジルールについてしっかりと理解ができ、思わぬ損失を回避することができます。ぜひ参考にしてみてください。

そもそもレバレッジとは?

マネーパートナーズのレバレッジについて紹介する前に、まずはそもそもレバレッジとはどういうものなのかについて説明します。

レバレッジとは簡単にいうと、

自分の資金の何倍もの金額で取引ができるようになる仕組みです。

FXのレバレッジ(leverage)には「てこの作用」といった意味があります。てこの原理とは、小さな力で大きなものを動かす際に使われる原理です。

つまり担保として預けた証拠金(小さな力)の何倍何十倍もの資金(大きなもの)を動かして取引ができるようになるわけです。

例えば、1ドルが100円とします。

普通なら500ドル運用しようと思えば5万円必要ですが、レバレッジの倍率を5倍にすれば1万円で500ドルの運用ができるようになります。

これが「レバレッジをかける」ということです。

レバレッジを上手く使えば、少ない資金で大きな利益を得ることも可能になります。

レバレッジを使うメリット・デメリット

レバレッジにはメリットもありますが、もちろんデメリットも存在します。レバレッジを使うメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりみていきましょう。

レバレッジを使うメリット

レバレッジを使えば、少ない自己資金でも大きな利益を狙える可能性があります。

通常のトレードでは、1ドル100円の為替レートで1万ドル分買おうとすると100万円必要です。

しかし、レバレッジの倍率を25倍にすれば自己資金は4万円で済みます。自己資金は25分の1で済み、利益は100万円分のトレードのときと変わりません。

つまり、為替レートが1ドル102円に上がれば利益は2万円になります。

4万円の資金で2万円の利益を得ることができるので、利益率は50%にもなります。

レバレッジなしなら本来の利益率は100万円で2万円なので2%でした。この利益効率の高さこそがレバレッジを使うメリットなのです。

レバレッジを使うデメリット

先程レバレッジを使うと少ない自己資金で大きな利益を狙うことができると説明しましたが、逆もまた然りということを忘れてはいけません。

つまりレバレッジの倍率を上げれば上げるほど、損失額も大きくなるということです。

具体的に数字を使って説明します。

1ドル100円の為替レートで100万円の取引をしたとします。

1ドル=100円

証拠金100万円 → レバレッジ1倍 → 1万ドル(100万円分の取引)

証拠金100万円 → レバレッジ25倍 → 25万ドル(2,500万円分の取引)

その後、1ドル98円に下がってしまったとしましょう。

この場合、レバレッジを掛けていない状態での損失は2万円ですが、仮にレバレッジ倍率を25倍にしていたとすると損失は50万円になります。

このように、大きな利益を得ることができる反面、損失額も大きくなる可能性があるのです。

マネーパートナーズのレバレッジルール

ここからはマネーパートナーズでのレバレッジルールについて解説します。マネーパートナーズの最大レバレッジ、ロスカットルールについてみていきましょう。

マネーパートナーズの最大レバレッジ

マネーパートナーズの個人口座での最大レバレッジは25倍となっています。

金融商品取引法により、国内のFX会社の最大レバレッジは25倍と定められているため、マネーパートナーズのレバレッジは国内最大のレバレッジを使用することができます。

ただし、「パートナーズFX」のトルコリラ/円・南アランド/円・メキシコペソ/円・香港ドル/円以外の通貨ペアや、「パートナーズFX nano」の全通貨ペアは最低証拠金額が定められているため、レートが低い通貨ペアにおいては、最大レバレッジは25倍より低くなるので注意しましょう。

かつては国内のFX会社でもレバレッジが400倍だったこともありましたが、倍率の高いレバレッジを使い、資産を失う資産管理のできないトレーダーが続出し問題になったため、50倍、25倍と最大レバレッジは徐々に下がっています。

レバレッジは取引数量と取引資金で決まる

マネーパートナーズのレバレッジは自分が取引をした数量と預け入れした取引資金の関係によって算出されます。あらかじめレバレッジを設定しておくことはできません。

そのため、最低必要証拠額のみの入金で取引をした場合はレバレッジは最大倍率の25倍となります。

ロスカットルールとは

FX取引では、FX会社が定めた損失金額で自動的に取引を終了させる自動ロスカットルールといわれるものがあります。このルールは、損失が大きくなりすぎてトレーダーの支払い能力を超えてしまうことを防ぐためにあります。

マネーパートナーズの自動ロスカットはトレーダーの純資産額が証拠金維持率の水準を下回ると実行されます。各口座の水準は以下の通りです。

  • パートナーズFX : 証拠金維持率40%
  • パートナーズFXnano : 証拠金維持率100%
  • 法人コース : 証拠金維持率100%

証拠金維持率は「時価評価総額÷必要証拠金×100」で算出することができます。

必要証拠金は為替のレートによって変わります。マネーパートナーズの公式サイトで確認しましょう。

マネーパートナーズのレバレッジ設定方法・変更方法

先程マネーパートナーズのレバレッジは取引資金と取引数量で決まるのであらかじめ設定しておくことはできないと説明しました。ですがレバレッジの計算方法を理解しておけば、調整することは可能です。

これからマネーパートナーズのレバレッジを調整する方法と計算方法、現在のレバレッジを確認する手順について解説します。

レバレッジを調節する方法

レバレッジは取引した数量と預け入れしている取引資産で自由に調節することができます。

もしレバレッジの倍率を下げたければ、預け入れしている資産を増額するか取引量を減らすことでコントロールが可能です。

例えば1ドル100円とした場合、10万円の取引資産で1万ドルの取引をしたとするとレバレッジは10倍です。ここから取引資産を40万円に増やせば、レバレッジの倍率は2.5倍まで下がります。

レバレッジの計算方法

マネーパートナーズのレバレッジの計算方法は以下の通り。

レバレッジ=(通貨ペアのレート×取引数量)÷口座への預け入れ金

例えば、下記のような場合

  • 1ドル=100円
  • 取引量=20,000
  • 預け入れ金=200,000円

レバレッジは(100×20,000)÷200,000=10なので「10倍」となります。

現在のレバレッジを確認する手順

現在取引中のレバレッジ倍率を確認したい場合は、クイック発注ボード右上にある「メニュー」をクリックし「口座情報」へといきます。

すると口座情報ウィンドウ画面の右上に「実効レバレッジ」というものが表示されています。こちらが現在の詳細なレバレッジの倍率となっています。

初心者がレバレッジをかけるならこれに注意!

レバレッジは少ない資金で利益を狙える便利な制度ですが、リスクもあります。

FX初心者の方がレバレッジを使う際は以下の2点に注意しましょう。

利益にばかり目が行きがち

FX初心者の方がレバレッジを使う場合、その利益効率の高さにばかり目が行きがちですが、安全に取引をするためにはそれではいけません。

レバレッジをかければ利益も大きくなりますが、その分損失も大きくなることを忘れないようにしましょう。

いきなり最大倍率(25倍)を使うことはやめておいたほうが無難です。初心者のうちは2〜3倍のレバレッジまたは慣れるまではレバレッジをかけずに取引することをおすすめします。

自動(強制)ロスカットされやすい

レバレッジは倍率が高いほど1回の取引での損失も大きくなるので、強制ロスカットが起きやすくなります。

FX初心者の方はリスクを抑えたいという思いから最初のうちは証拠金を少なくしがちです。すると取引量によってはレバレッジが上がってしまい強制ロスカットに遭いやすくなってしまいます。

ロスカットが発生するリスクを抑えれるよう証拠金維持率はしっかりと意識しておきましょう。

マネーパートナーズのレバレッジ : まとめ

この記事ではレバレッジの基本ルールとマネーパートナーズのレバレッジについて解説しました。

簡単にまとめると、

  • マネーパートナーズの最大レバレッジは25倍
  • レバレッジの倍率は取引数量と取引資金で決まる
  • レバレッジをあらかじめ設定しておくことはできないが、取引する数量と預け入れした資産で調整することで自由にコントロールできる

でした。

レバレッジは少ない資金で大きな利益を生み出せる魅力的なシステムですが、同じく大きな損失を抱えるリスクと表裏一体ということを忘れてはいけません。

FX初心者の方は2〜3倍までの低いレバレッジ、またはレバレッジをかけずにトレードするところから始めて徐々に慣れていくことをおすすめします。

リスクとメリットをしっかりと把握して、安心で安全な取引を心がけましょう。

-FX口座, マネーパートナーズ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.