新着記事

FX口座 マネーパートナーズ

マネーパートナーズのロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

疑問

マネーパートナーズの最大・最小ロットは何通貨なの?

取引のときの最低証拠金がいくら必要なのかも知りたい。

このような疑問にお答えします。

記事の内容

  1. そもそも「ロット(Lot)」とは?
  2. マネーパートナーズの最大ロット・最小ロット
  3. マネーパートナーズでのFXの取引はいくら必要?

マネーパートナーズでFXを始めてみたいと思った時、まず最初に気になるのは「お金はいくら必要なのか」ですよね。

実は、取引を始めるのに必要なお金って、各FX会社が定めるロット数やその他のルールよって違うんです。知らずに口座を開設してしまうと、「思ったよりお金が必要だった」なんてことになりかねません。

そこでこの記事では、FX取引をするなら必ず知っておきたい「ロット」や「必要証拠金」について解説します。

この記事を読めば、マネーパートナーズで取引を始めるにはいくら必要なのかがしっかりと理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「通貨」や「ロット(Lot)」とは?

FXで取引を始めるなら「通貨」や「ロット」について理解しておく必要があります。これらは取引に必要なお金に直接関わる部分ですので、非常に重要です。1つずつわかりやすく解説します。

通貨とは

通貨はFXで売買するお金を数える際に使われます。

米ドルの場合1ドル=1通貨、日本円なら100円(1ドル100円のとき)で1通貨となります。通貨は1,000通貨や10,000通貨での取引が一般的です。

例えば、1ドル100円の場合、10,000通貨で取引するなら100円×10,000となり必要な資金は100万円となります。1,000通貨なら100円×1,000で必要な資金は10万円です。

このように取引に必要な資金は通貨数量によって変わってくるのです。

ロット(Lot)とは

ロット(Lot)とは、1回の取引での通貨の数量を表す単位のことです。

1ロットの通貨数量はFX会社によって異なります。1ロット=1,000通貨の会社もあれば1ロット=10,000通貨の会社もあります。

例えば、1ロット=10,000通貨と定められているFX会社の場合、日本円でいうと1ロットは100万円(1ドル=100円のとき)となるわけです。

取引の際、通貨ではなくロットが使われる理由は、桁数を少なくして計算を楽にするためです。10,000通貨注文するために毎回0を打ち込んでいたら入力ミスをする可能性もあります。そのような計算間違いや入力ミスを防ぐために通貨ではなくロットが使われます。

1ロット=最低取引単位ではない

例えば、A社では1ロット=10,000通貨と定められているとします。この場合、1ロット=10,000通貨だからといって、A社でFX取引をするのには最低でも100万円が必要ということではありません。

最低取引単位はFX会社ごとに定められており、A社の最低取引単位が1,000通貨の場合、A社では0.1ロットつまり10万円が取引に必要な資金となるわけです。

ロットはあくまで、取引する際の通貨数量の単位です。1ロット=最低取引単位ではないということをしっかりと理解しておきましょう。

また、最低取引単位は1〜10,000通貨まで各FX会社によってバラバラです。自分の資金や運用方法に合うよう、口座を開設する前に各FX会社のホームページを確認するようにしましょう。

特にこれからFX取引を始めようと考えている方なら、最低取引単位の低いFX会社を選ぶことをおすすめします。

マネーパートナーズの最大ロット・最小ロット

先程ロットの基本的なことについて解説しました。ではマネーパートナーズのロットはどうなっているのか、最大ロットと最大ロットをみていきましょう。

マネーパートナーズの最大ロット

最大ロットは一度の取引で注文できる最大の量のことをいいます。

マネーパートナーズでは、「マネーパートナーズFX」と「マネーパートナーズFX nano」の2コースあり、それぞれで最大ロットが異なります。

マネーパートナーズFXでは

  • 1ロット=10,000通貨
  • 最大ロット=300ロット(300万通貨)

となっています。

マネーパートナーズFX nanoでは1回の取引では最大100万通貨まで可能です。

マネーパートナーズの最小ロット

最小ロットとは先程説明した最低取引単位のことです。

こちらも「マネーパートナーズFX」「マネーパートナーズFX nano」それぞれ異なります。

マネーパートナーズFXでは最小ロットは10,000通貨単位、つまり1ロットとなります。

ですが、マネーパートナーズFX nanoなら100通貨単位から取引が可能です。もし10,000通貨より低い数量で取引がしたい場合は、マネーパートナーズFX nanoを利用しましょう。

マネーパートナーズでのFXの取引はいくら必要?

ここまで、マネーパートナーズの最大・最小ロットについて解説してきました。では、実際のところ取引をするための最低必要額はいくらなのか?マネーパートナーズでの最低必要額は以下の通り。

  • マネーパートナーズFX : 2,000円〜
  • マネーパートナーズFX nano : 100円〜

最低必要額は上記の通りですが、実際には各通貨ペアの前営業日終値(BID)により必要な証拠金として変わります。

ここからFX取引にかかる資金について順番に説明していきます。

必要証拠金

FXの取引を行うには、証拠金といわれるものをFX会社に預けておく必要があります。これは取引をするための担保のようなものです。その中でも必要証拠金とは、取引額に比例して最低限必要な預託金のことです

FXでは、レバレッジというものを利用して資金の最大25倍もの取引が可能になります。しかしレバレッジを利用して損失が出た場合、その額も最大25倍になる恐れがあります。そのような場合に備えてFX会社が預かる担保が必要証拠金となるのです。

レバレッジ

レバレッジとは、自分の資金の何倍もの金額で取引ができるようになる仕組みのことです。

FXのレバレッジ(leverage)には「てこの作用」といった意味があります。レバレッジはてこの原理のように、担保として預けた証拠金(小さな力)の何倍何十倍もの資金(大きなもの)を動かして取引ができるようになるわけです。

レバレッジの倍率を上げればその分必要証拠金は少なくて済みますが、損失が出たときリスクも高くなることを忘れてはいけません。

取引に慣れるまでは、なるべくレバレッジをかけずに安全な取引を心がけましょう。

ロスカット

FX取引では、FX会社が定めた損失金額で自動的に取引を終了させる自動ロスカットルールといわれるものがあります。このルールは、損失が大きくなりすぎてトレーダーの支払い能力を超えてしまうことを防ぐためにあります。

マネーパートナーズの自動ロスカットはトレーダーの純資産額が証拠金維持率の水準を下回ると実行されます。各口座の水準は以下の通りです。

  • パートナーズFX : 証拠金維持率40%
  • パートナーズFXnano : 証拠金維持率100%
  • 法人コース : 証拠金維持率100%

証拠金維持率は「時価評価総額÷必要証拠金×100」で算出することができます。

必要証拠金は為替のレートによって変わります。マネーパートナーズの公式サイトで確認しましょう。

マネーパートナーズの最低必要証拠金はいくら?

マネーパートナーズの最低必要証拠金はいくらなのでしょうか?

1ドル=100円のとき、マネーパートナーズFXの最低取引単位である1ロット=10,000通貨の取引をした場合を考えてみましょう。

レバレッジを25倍にした場合の最低必要証拠金は

(為替レート×取引通貨量×4%)で算出することができます。

つまり100×10,000×0.04となるので、レバレッジを25倍にしたときの最低必要証拠金は40,000円※となります。

※マネーパートナーズFXでは5円ごとに建玉必要証拠金金額が2,000円ずつ加算されますので、1ドル=101円のときは42,000円となり、1ドル=105円まで同額となります。

マネーパートナーズのロット : まとめ

この記事ではマネーパートナーズのロットと最低必要証拠金について解説しました。

もう一度まとめると、

  • マネーパートナーズFXでは1ロット=10,000通貨から取引が可能
  • マネーパートナーズFX nanoでは100通貨単位からの取引が可能
  • レバレッジを最大にしたときの最低必要証拠金は40,000円※
    ※マネーパートナーズFXで各通貨ペアの前営業日終値(BID)が95円超100円以下の場合

でした。

ロットや通貨単位は取引の資金に直結するので非常に重要です。

あまりリスクをかけずに取引をしたい方は、100通貨単位から取引のできるマネーパートナーズFX nanoを選ぶといいでしょう。

100通貨単位から取引ができるFX会社はめずらしく、少ない金額で取引を始めてみたい初心者の方には特におすすめします。

-FX口座, マネーパートナーズ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.