新着記事

FX口座 マネーパートナーズ

マネーパートナーズのスプレッド・手数料は高い?安い?

疑問

  • マネーパートナーズのスプレッドはいくらなんだろう?
  • スプレッド以外にも手数料はかかるのかな?

このような疑問にお答えします。

記事の内容

知らないと損するスプレッドについて

マネーパートナーズのスプレッドは?

マネーパートナーズでかかるその他の手数料は?

FXを始めるときには「使いやすさ」や「サービス内容」「サポートの手厚さ」などが気になるかと思います。もちろんそれらも大事ですが、忘れてはいけないのが取引にかかる「手数料」です。

FXトレードの際にかかるスプレッドと呼ばれるものや、その他手数料はFX会社によって異なります。手数料をしっかりと確認せずにいると、思わぬ「損」を生むことも。

そこで今回はマネーパートナーズのスプレッドと手数料についてわかりやすく解説します。

この記事を読めば、マネーパートナーズでかかる手数料についてしっかりと理解ができ、思わぬ「損」を避けることができます。ぜひ参考にしてみてください。

知らないと損するスプレッドについて

FX取引をする際よく聞く「スプレッド」という単語。スプレッドをしっかり理解していないと、せっかく良いトレードができたのに思わぬところで損をするかもしれません。

ここではスプレッドについて基本的なことから解説します。

スプレッドとは?

FXは二国間の通貨を売り買いし、その差額を利益とします。このとき、同じ通貨でも売るときの価格と買うときの価格が異なります。

この売値と買値の差額のことをスプレッドといいます。

FXの取引では買値のことを「Ask(アスク)」、売値のことを「Bid(ビッド)」と呼び、例えば米ドル/円のBid(ビッド)が1ドル110円60銭のときにAsk(アスク)が1ドル110円65銭の場合、スプレッドは5銭(0.05円)となります。

こうした取引の差額(スプレッド)がトレーダーが負担する実質の手数料となるわけです。

スプレッドはFX会社によって違うので、スプレッドが広いFX会社を選べば取引のコストは上がり、反対にスプレッドが狭いところを選べば取引のコストを抑えることができます。

ですので、FX取引をするならスプレッドをしっかりと把握しておくことが大切です。

1回の取引ではあまり変わらなくても、取引回数を重ねれば重ねるほどその差は顕著になっていきますから。

スプレッドは常に一定ではない

スプレッドは同じFX会社で同じ通貨ペアだとしても、常に一定ではありません。実際は各金融機関の相場の見通しや思惑、需要関係によって細かく変動しているのです。

ですが、このように小刻みにスプレッドが変わると取引がしづらいので、FX会社では「原則固定」といわれる方式を採用しています。

原則固定は、特殊な事情が生じた場合を除いて、各FX会社が定めた通貨ペアのスプレッドを固定するというものです。

スプレッドが広がる場合

原則固定は特殊な事情を除いてスプレッドを固定する方式ですが、ではスプレッドが広がる特殊な事情とはどのようなものがあるのでしょうか?

スプレッドが広がるタイミングは2つあります。

  • 為替市場で大きな変動があったとき
  • 市場の流動性が下がる時

リーマンショックやコロナショックなど、突発的な事象が生じたとき為替市場には大きな変動が起きることになります。そうしたときには外国為替市場は乱高下しスプレッドは拡大しやすくなります。実際に、コロナショックの際は各FX会社がスプレッドの原則固定を中止しました。

早朝の取引時間など、市場参加者が少ないために市場の流動性が下がるときにもスプレッドは広がります。また、重要な経済指標の発表前も投資家間で様子見が起きるので流動性が下がります。経済指標が発表された後は、急激に注文が増えることによる需要バランスの崩れによってスプレッドが広がることになります。

どうしても取引をしたい場合以外は、スプレットが広がった時に取引をするのは避けるのが無難でしょう。

マネーパートナーズのスプレッドは?

それではマネーパートナーズのスプレッドを見てみましょう。

マネーパートナーズには「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の2つの口座があり、スプレッドはそれぞれ異なります。しかしどちらも低スプレッドであり、約定力が高い点は変わりません。

特に、「パートナーズFX」の米ドル/円のスプレッドは0.3銭原則固定と業界最狭水準です。

その他の通貨ペアでも、「パートナーズFX」の方が「パートナーズFXnano」より有利なスプレッドとなっています。

一方で「パートナーズFXnano」は100通貨単位からの取引が可能で、少ない金額から始めることができるので初心者向けになっています。

通貨ペア パートナーズFX パートナーズFXnano
米ドル/円 0.3銭 0.4
ユーロ/円 0.4銭 0.7
ユーロ/米ドル 0.3pips 0.8pips
英ポンド/円 0.9銭 1.2
英ポンド/米ドル 0.8pips 1.9pips
豪ドル/円 0.6銭 0.9
豪ドル/米ドル 0.9pips 1.4pips
NZドル/円 1.2 1.8
NZドル/米ドル 2.0pips 2.0pips
ユーロ/英ポンド 2.0pips 2.0pips
ユーロ/豪ドル 2.3pips 2.3pips

上記の表でスプレッドのところに記載されている「pips(ピップス)」とは通貨のレートが変動する時に使われる単位で、通貨ペアによって異なるお金の単位を統一するための用語です。

各通貨の最小単位を100分の1にした価格が1pipsとなります。

日本円なら1円の100分の1つまり0.01円(1銭)となるので、1pips=1銭となります。

米ドルなら1セントの100分の1で0.01セントが1pipsとなります。他の通貨も同様に計算します。

スプレッドを表すときはpipsで記載されていることもあるのでしっかり覚えておきましょう。

マネーパートナーズでかかるその他の手数料は?

FX会社ではスプレッドだけではなく、その他にも手数料がいくつか存在します。

具体的には以下のような手数料があります。

  • 口座開設費用
  • 口座維持費用
  • 取引手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料

それぞれどのような手数料なのかと、マネーパートナーズではこれらの手数料はかかるのかを解説します。

口座開設費用・口座維持費用

口座の開設時と、開設した口座を維持するために必要な管理費用です。

マネーパートナーズではどちらの手数料も無料となります。そのためトレードしなくても手数料を気にすることなく口座を持ち続けることができます。

取引手数料

為替取引をする際にFX会社に支払う手数料です。マネーパートナーズでは取引手数料は無料です。

先程説明したスプレッドが実質的な取引手数料だと覚えておきましょう。

入金手数料

入金手数料は、銀行口座などから自分の資金をFX口座へ入金するときにかかる手数料のことです。マネーパートナーズの入金方法はクイック入金と振り込み入金の2種類があります。

クイック入金では手数料が無料で24時間いつでも即時入金が可能です。

振り込み入金はATMや銀行窓口で入金手続きをする方法ですが、こちらは振込手数料がかかります。また、振込名義人は登録口座と同じでなければいけません。

出金手数料

出金手数料は、FX口座に入れている資金を銀行口座に戻す時にかかる手数料のことです。

マネーパートナーズでは日本円での出金手数料は1ヶ月に5回まで無料です。6回目以降から440円の出金手数料がかかります。

また、外貨の場合は毎回2,500円の出金手数料が発生するので注意しましょう。

マネーパートナーズのスプレッド・手数料 : まとめ

この記事ではマネーパートナーズの手数料について解説しました。

簡単にまとめると以下の通りです。

口座開設費用 無料
口座維持費用 無料
取引手数料 無料(スプレッドのみ)
入金手数料 クイック入金 : 無料

振り込み入金 : 各銀行の振込手数料

出金手数料 無料(月5回まで。以降440円)

現在では当たり前となっている手数料無料ですが、実はFX専業企業として初めて手数料の完全無料を実施したのはマネーパートナーズなんです。また、FX専業企業として初めて一部上場を果たしたのもマネーパートナーズです。

マネーパートナーズは第三者機関の評価も非常に高く、FX会社の先駆け的存在であるといえます。

初めてのFX口座は、そんな信頼と実績のあるマネーパートナーズで開設してみてはいかがでしょうか。

-FX口座, マネーパートナーズ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.