新着記事

FX口座 Oanda Japan

Oanda Japanのロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

こんな方におすすめ

  • FXトレードでよく聞く「ロット」って?
  • Oanda Japanのロットは何通貨?
  • 最低証拠金はいくら必要?

FX取引を始めよう!と思い立ったはいいものの、いくらあればトレードできるの?Oanda Japanでは口座開設・維持手数料が無料ですが、いざトレードを始めるには最小取引金額や証拠金の入金が必要です。この記事ではOanda JapanでFXを始めるために必要なロットや証拠金について解説しますので、ぜひ参考にしてください。構成は以下の通りです。

  • Oanda Japan取引概要
  • 通貨とロットについて
  • 証拠金について

それで早速見ていきましょう!

OANDA CFD 口座開設

Oanda Japanの取引概要

結論から言うと、Oanda Japanでは口座や取引コースによってロットや最低入金額が異なります。Oanda Japanオリジナルのプラットフォーム「Fx Trade」であれば1通貨から取引を始めることが可能です。最小取引単位が10,000通貨の東京サーバでも証拠金が40,000円程度から取引ができます。ただし必要最低証拠金のみで取引を行うと、含み損が発生した場合すぐにロスカット対象となり強制決済されてしまいますので、想定される損失分の余剰証拠金を併せて入金しておく必要があります。

【OANDAの各口座における1ドル=100円の場合の必要最低証拠金】
取引口座 最小取引数量 必要最低証拠金
FxTrade(NYサーバ) 1通貨 4円
MT4(NYサーバ) 1,000通貨 4,000円
MT4/MT5(東京サーバ) 10,000通貨 40,000円

また、最大最大発注数量はベーシックコースかプロコースかによって異なりますので、ご自身の取引状況に合わせて選択してください。なお、ロットはFX各社や通貨ペアによって異なります。仮に「1米ドル=100円で1ロット購入、後日98円の時に損切り」というトレードを行なった場合、1ロット=1,000通貨であれば2,000円の損失となりますが、1ロット=10万通貨であれば20万円の損失を被ります。正しく理解しておかないと思わぬ損をしてしまうことがありますので、ここからはOanda Japanにおけるロットや証拠金について詳細を確認しておきましょう。

Oanda Japanのおすすめポイント

最大10口座までの取引口座を持つことができる!
1通貨単位で取引が可能!
通貨ペア数が多く、マイナー通貨も取引が可能!

Oanda Japanは、口座開設や維持手数料は無料です。

OANDA CFD 口座開設

通貨単位とロットについて

通貨単位とロットはセットで把握する必要があります。ロットはFX各社によって異なりますので、複数のFX会社に取引口座を持つ方は特に注意しましょう。

通貨単位とは?

通貨単位とはFXトレードでの1口あたりの通貨量のことです。通貨は為替によって変動するため、米ドル/円で1米ドル=100円の時と1米ドル=105円の時で価格差があったとしても、米ドルも日本円もそのときどきで同じ1通貨として表すことができます。次に挙げるロットとの違いを明確にしておきましょう。

ロットとは?

ロットとは、FX各社で売買する1回の取引における通貨数量の単位を意味します。FXトレードでは桁数の大きな取引を行うことがままあり、入力ミスの回避や利便性向上のためロットが設定されています。Oanda Japanでは1ロット=10万通貨で設定されていて、0.01ロットを最小単位として取引することができます。売買の通貨量が大きくなると「1,000,000通貨」と打ち込むよりも「10ロット」と入力する方がミスを防げますよね。

なお、Fx Trade(NYサーバ)では1通貨から取引が可能ですがここではロットを用いることはありません。1通貨=0.00001ロットとなり、分かりにくくなってしまうからです。ロットはFX各社で単位が異なるため、通貨単位と併せて把握しておきましょう。

最大・最小ロット

Oanda Japanにはベーシックコース・プロコースがあり、最大ロットはコースによって異なります。ベーシックコースでは25万通貨=2.5ロット、プロコースでは300万通貨=30ロットが1回の最大発注数量となります。30ロット以上の取引を希望する場合は別途ビックコースが設定されており、担当者と相談が必要です。ロットが大きい場合、1回に発注できる取引数量が増大するため利益を得た時のリターンが大きくなりますが、反面リスクも大きくなるため注意が必要です。

MT4口座 Fx Trade口座
コース 東京サーバーコース ベーシックコース プロコース ベーシックコース プロコース
最大発注数量 100万通貨 25万通貨 300万通貨 25万通貨 300万通貨
最小取引数量 10,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1通貨 1通貨

先述の通り、最小ロットは口座によって決まります。Oanda JapanではFx Trade口座であれば1通貨単位から取引が可能です。MT4(NYサーバ)では0.01ロット、MT4(東京サーバ)では0.1ロットが最小取引数量です。少額からトレードができるということは、必要な資金や証拠金が少なくて済みます。リスクを最小限に抑えて取引をスタートすることができるので、これからFXを始めるのであればOanda Japanは初心者にぴったりのFX会社と言えるでしょう。

OANDA CFD 口座開設

証拠金について

証拠金とはFXトレードにおいて実質の担保にあたります。証拠金が減少するとロスカット対象となり取引を行うことができなくなります。ご自身に必要な証拠金について考える前に、証拠金における「必要証拠金/余剰証拠金/有効証拠金」の3つの性質を理解しておきましょう。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、取引を行うために必要な証拠金を指します。CFD取引では、取引を行う金額に対し一定の証拠金が必要となり、取引口座にある証拠金がこの必要証拠金に満たない場合取引を行うことができません。また、取引を行っている間はこの必要証拠金分のお金は拘束され、出金することもできません。下の図はOanda Japanでの株価指数CFD(差金決済取引)の場合の証拠金イメージです。CFDでは取引金額の10%を必要証拠金としています。FXやMT4を利用したトレードの必要証拠金は4%です。

有効証拠金とは

有効証拠金とは、未確定の損益を加味した現在の実質の証拠金の残高のことです。取引を行っていない場合、口座内の証拠金=有効証拠金となります。取引を行っている間は口座内の証拠金に加え含み損益の合計が有効証拠金となります。含み益が出ているとその分有効証拠金が増加するので問題ありませんが、含み損が出ている時はその分だけ有効証拠金が減少します。この有効証拠金が必要証拠金を下回るとロスカットが発動し、取引中つまり保有しているポジションの強制決済が行われますので注意が必要です。取引を行う際は、この有効証拠金と必要証拠金の金額は把握しておく必要があります。

余剰証拠金とは

余剰証拠金とは、有効証拠金のうち必要証拠金として拘束される部分以外の証拠金をいいます。よって、取引をしていない時は必要証拠金がないため口座内の証拠金=有効証拠金=余剰証拠金となります。取引中の時は、余剰証拠金=有効証拠金-必要証拠金となります。この余剰証拠金が0を割り込むと、必要証拠金より有効証拠金が下回ることを意味しロスカットが発動します。余剰証拠金の入金額は任意ではありますが、あまりに少ないと少し不利な方向に進んだだけですぐにロスカットが発生してしまうため、余裕のある金額を証拠金として入金しておく必要があります。

証拠金とロットの関係

Oanda JapanのFXトレードでは個人投資家の場合25倍のレバレッジが固定されていて、米ドル/円の場合取引総額の最低4%の証拠金が必要です。利益が出ればその分リターンも大きくなりますが、損失が出た場合はその補填分として証拠金から不足分を補う必要があります。仮に1米ドル=100円、レバレッジ25倍で0.1ロットの取引を行う場合、必要な証拠金は「為替レート×取引通貨量(通貨量×ロット数)×4%」で4,000円が証拠金として拘束されます。つまりロットが大きくなればなるほど必要証拠金も大きくなるのです。なお、4%の証拠金率は米ドル/円の場合です。南アフリカランド/円などのマイナー通貨の場合は10%など、証拠金率は通貨ペアにより異なりますので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

必要証拠金の他に余剰証拠金を入金しておくことで有効証拠金の安全性が保たれます。必要最低限の入金しかしていない場合、取引中のポジションが不利な状況に傾くと証拠金が減額となるため、即刻ロスカット対象となります。ロスカットが行われると強制的に全てのポジションが決済されてしまい損失が確定してしまうので、証拠金は余裕を持って入金をしておきましょう。

OANDA CFD 口座開設

まとめ

以上、Oanda Japanのロットと証拠金について解説しました。まとめると以下の通りです。

  • Oanda Japanのロットは1ロット=10万通貨
  • Fx Tradeであれば1通貨単位から取引可能
  • 最大取引量はコースによるが30ロットまで可能
  • レバレッジは25倍、必要証拠金は米ドル/円の場合4%

ロットと証拠金を理解しておくことは自身のリスクコントロールにもつながります。FXトレードで大きな損失を被らないためには、リスク許容度を踏まえた余裕のある資金確保が必要です。レバレッジをかければ少ない証拠金でも取引を行うことは可能ですが、リターンの反面リスクが大きくなることもしっかり理解しておきましょう。

中上級者かつ短期トレードであれば取引量が大きくとも問題ありませんが、初心者の方は長期目線かつ小さい取引数量でトレードの練習をしてみてはいかがでしょうか。Oanda Japanでは1通貨単位から取引が可能ですので、リスクを抑えて少額でFXトレードを始めたい方にぴったりです。また、世界中で人気のMT4/5を使用する場合は0.01ロット=1,000通貨単位から取引が可能です。デモ口座もありますので、興味がある方はぜひ無料での口座開設をおすすめします。

Oanda Japanのおすすめポイント

  • 最大10口座までの取引口座を持つことができる!
  • 1通貨単位で取引が可能!
  • MT4が使用可能で、オリジナルのシステムトレードを実現することができる!
  • 通貨ペア数が多く、マイナー通貨も取引が可能!

Oanda Japanは中級者から上級者に特におすすめで、最大の特徴はMT4を使用できる点です!

こんな方におすすめ

  • FXが中級〜上級者の方
  • 70種類以上の豊富な通貨ペアで取引をされたい方
  • 様々な取引ツールを自分好みにカスタマイズされたい方
  • スキャルピングをしたい方

Oanda Japanは、最短当日、申込みから2時間後にはお取引を開始することができます。
また、口座開設や維持手数料は無料で、最大10口座までの取引口座を持つことができます。

【無料】Oanda Japanの口座開設はこちらから!

-FX口座, Oanda Japan

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.