新着記事

FX口座 楽天FX

楽天FXの解約方法!必要な手続きや注意点とは?

こちらの記事では、ほかのFX会社に乗り換えを検討している方や、「自分には合わない」と思ったなど何らかの理由で楽天FXの口座の解約を考えている方のために楽天FXの口座解約の方法について解説していきます。解約手続きを行う前の確認ポイントや手続きの流れなどについて詳しく見ていきましょう。

楽天FXで解約できるのは総合口座のみ

楽天FXでは、楽天証券が取り扱うすべての商品の取引ができる「総合口座」と、FX/バイナリーオプション/投資信託(外貨建てMMFは対象外)のみの取引を行う「FX専用口座」の2種類の口座があります。しかし、FX専用口座は総合口座の中の一部分という扱いになるのですが、一部口座の中でもFX専用口座には解約という手続きがありません。そのため、楽天FXにおいて口座の解約ができるのは総合口座のみとなります

FX専用口座を解約したい場合は?

前述の通り、FX専用口座はそのままでは解約できませんが、総合口座の開設をした後にその総合口座ごと解約することは可能です。少しの手間を要しますが、使わずにそのまま放っておくことになるよりはこちらの方法をオススメします。ですので、FX専用口座から総合口座開設の申込み手順についてもご説明していきますね。

FX専用口座から総合口座の開設申し込み

楽天証券のHPからメンバーページにログインをして、「マイメニュー」からお客様情報一覧の中の「申込が必要なお取引・各商品に関する設定」のタブを開きます。その中の「申込が必要なお取引」の一覧があるので、その中に表示されている「総合口座(株取引の口座)」のところから申込手続きを行うことができます。総合口座の開設が完了したら、その口座ごと解約の手続きをしましょう。

総合口座の解約の手順を解説する前に、確認しておいていただきたいポイントがいくつかありますので次項では先にそちらについてお話していきますね。

口座解約手続きをする前に確認するポイント

株式や投資信託などの残高を保有している場合

株式や投資信託、金・プラチナなどなどの保有資産がある場合は、売却や移管を行うなどして預り金を含めたすべての残高を0円にしておきましょう。

FX専用口座を開設している場合

この記事をご覧いただいている方はこちらに該当しているはずですので、しっかり確認しておいてください。

信用・先物・オプション・FXなどの建玉やポジションを保有している場合には、決済を行い建玉が無い状態にしておきましょう。保証金や証拠金も預り金に振替を行い、残高を0円にしましょう。

積立の設定をしている場合

積立の設定を継続している場合には、口座解約の手続きを行うことができません。積立の設定状況については下記の手順でご確認していただき、「設定中」となっている場合には設定の解除をしておいてください。

投資信託の積立設定の確認方法

PCサイトにログインをし、「投資信託」のタブから「積立設定」をクリックし、「積立設定一覧」を開きます。表示されている積立設定の解除ボタンをクリックし、解除内容と設定解除適用日を確認して取引暗証番号を入力し「解除」ボタンをクリックすると解除手続きは完了です。なお、設定解除適用日までは積立設定が開場されていない状態ですので、口座の解約手続きは設定解除適用日以降に行うようにしましょう。

金・プラチナの積立設定の確認方法

PCサイトにログインをし、「金・プラチナ」→「注文」→「積立取引」の順番に進みます。積立を停止したい銘柄の「停止」ボタンをクリックします。積み立て解除の内容を確認し、取引暗証番号を入力して「設定」ボタンをクリックすると完了です。積立の停止手続きは1銘柄ごとに行いましょう。

外貨の預り金がある場合

外貨を円に換金してから出金をするか、一部の通貨は外貨のまま出金することも可能です。外貨のまま出金可能な通貨とそれぞれの出金手数料については下表をご確認ください。円に換金してから出金される場合は、楽天証券に登録している振込先指定金融機関が使用可能な口座かどうか確認しておきましょう。

出金可能通貨 外貨出金手数料
米ドル 25 USD
ユーロ 20 EUR
オーストラリアドル 35 AUD
ニュージーランドドル 40 NZD
カナダドル 30 CAD

特定口座を保有している場合

楽天DXでは口座解約後も一定期間ごとに講座内容を確認しています。そのため、口座解約手続きが完了した後も以下のような場合があります。

  • 年間取引報告書等が発行されます。
  • 国内株式等の権利取得状況によっては、後日、譲渡益税の再計算が行われ、振込先指定金融機関に入金が行われることがあります。
  • 他社、または楽天証券で配当金の「株式数比例配分方式」を選択されている場合は、楽天証券の口座に配当金が入金されることがあります。

該当の入金があった場合には、楽天証券が確認した時点で登録していた振込先指定金融機関へ入金が行われます。

電子交付に同意している場合

電子交付とは、郵送で送られる「取引報告書」「取引残高報告書」「投資信託目論見書」「年間取引報告書」等を、郵送に替わって楽天証券のウェブ・マーケットスピードで閲覧できるサービスです。利用料は無料ですが、電子交付サービスの利用には申込が必要となっています。

この電子交付サービスを利用されている方は、口座の解約後ログインすることができなくなるため、書面の閲覧もできなくなってしまいます。そのため、あらかじめ書面をダウンロードしておくか、印刷をしておいて書面を保存しておくようにしましょう。

総合口座の解約手続きの流れ

PCサイトにログインをし、「マイメニュー」→お客様情報の設定・変更「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」→その他「口座解約」→「総合口座の解約申込」の順で進んでいきます。

STEP 1.「口座解約受付・口座状況の確認」の画面が表示された場合

口座内に残高が残っている場合にはこの画面が表示されます。

楽天証券総合口座解約時の口座状況の確認画面

総合口座を解約するためには、株式等の預り残高や預り金が0になっている必要があります。「保有商品一覧」から残高等を確認し、売却・移管・振替・出金等を行い資産残高を0にしましょう。

STEP 2. 基本情報の確認と口座解約申込

画面に表示されている「お客様基本情報」と「出金先指定口座」を確認します。もし、登録内容に変更がある場合には、解約手続きを行う前に変更しておきましょう。古い情報が登録されているままだと解約手続きを行うことができないので、変更手続きが完了した後に解約手続きをおこなってください。

登録内容を確認し相違ない場合は、「口座解約確認 同意欄」を確認後、チェックを入れます。口座解約依頼書の取得方法を郵送とPDFから選択し、取引暗証番号を入力して「解約申込」をクリックしてください。

これでWeb上の手続きは完了です。受付が完了後、すべての取引に制限がかかるので注意しましょう。

STEP 3. 口座解約依頼書の取得と投函

「解約申込」をクリックすると、口座解約依頼書の取得方法の選択画面が表示されます。

「ご自身で印刷する」を選択した場合

「口座解約依頼書を印刷する」をクリックして、表示された画面を印刷します。

「ご自宅へ変更届を郵送する」を選択した場合

楽天証券から、登録の住所宛に変更届が郵送されます。

どちらの場合も口座解約依頼書の記載内容を確認のうえ、申込日を忘れずに記入し、楽天証券宛に郵送します。氏名や住所の変更がある場合は本人確認書類も同封してください。

楽天証券に口座解約依頼書が到着した後の流れ

楽天証券に口座解約依頼書が到着した後、依頼書の記入内容や口座の状況の確認が行われます。

記載内容等に不備があった場合、書類が返送されます。口座解約手続きの完了後、メールにて連絡があり、7営業日程度でログインができなくなるので注意しましょう。

口座解約依頼書の記入方法

口座解約手続きに必要となる口座解約依頼書の記入方法について解説していきます。

基本情報の記入

まず初めに、口座解約依頼書には、「お申込日」「部店・顧客コード」、楽天証券に登録している「氏名・住所・生年月日」を記入します。用紙にすでに印字されている場合には、記載内容を確認のうえ「お申込日」を記入しましょう。

解約口座の選択

次に、解約する口座の選択をします。今回は総合口座の解約手続きを行うため、「全口座解約」の欄の「総合取引口座解約」にチェックを記入します。

当記事は楽天FXの口座解約の解説記事ですが、楽天証券においてその他の一部の口座(信用取引口座、先物・オプション取引口座・海外先物取引口座・特定口座)をお持ちでその口座のみ解約を希望する場合には、一部の口座の解約も可能です。「個別口座解約」の欄から、解約する口座を選択しチェックを記入してください。

必要事項をすべて記入したら、内容を確認のうえ楽天証券に郵送しましょう。なお、楽天証券に口座解約依頼書が到着した後、解約手続きが完了するまでには、特定口座での取引が無い場合には2週間程度、特定口座での取引があり配当金受取等の権利が絡む場合には3ヶ月程度の時間を要しますのでご留意ください。

総合口座解約時の注意点

特定口座において株式を保有しており配当金を証券口座内で受け取る場合、配当金を受け取るまでは口座の解約手続きをすることができません。

また、口座解約後に登録している住所宛てに「特定口座年間取引報告書」等が郵送されますので忘れずに確認するようにしておきましょう。

法人口座・登録親権者・未成年口座の解約を希望される場合には、電話にてその旨を伝えたうえで手順の確認をおこなってください。

まとめ

口座解約に至る理由については様々な事情があるはずです。「あまり取引をしないままほったらかしになってしまっていた」という方は個人情報保護の観点から見ても解約しておいた方が安心ですので、忘れてしまわないうちにきちんと解約手続きを行うことをお勧めします。

「楽天証券は合わなかったから」という方は、解約する前に合わないと感じたポイントを整理しておき、次に別の証券会社で口座開設をする時のために活かせるようにすると良いでしょう。

取引をするなかで使いやすさや、自分が証券会社に対して重視するポイントなども見えてくると思いますので、FX取引自体は今後も続けていくつもりだという方にとっては口座解約は付き物かもしれません。あまり多くのものに手をつけるのはよくないかもしれないですが、一つの証券会社だけでなくいくつか利用してみることでより快適な取引環境が見つけられる可能性もあります。

証券会社を乗り換えるなど、今ある口座を使わなくなる時には解約手続きを行い、きちんと口座の整理を行うようにしましょう。

-FX口座, 楽天FX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.