新着記事

FX口座 楽天FX

楽天FXの口座開設・申し込みの必要書類や情報一覧!本人確認書類は?

FX取引を行うためには、まず口座の開設が必要です。ではどの証券会社で口座を開設すればいいのかも迷いますよね。ここでは楽天FXで口座開設をするメリットやデメリットについてご紹介しながら、口座開設の手順や必要となる書類についても解説していきます。証券会社選びや口座開設手順の確認にぜひ役立てていただければと思います。

楽天FXについて

楽天FXとは、楽天グループが展開するネット証券会社「楽天証券」が提供するFX取引サービスです。馴染みのある楽天グループの大手ネット証券会社ということで、初めて証券会社を利用するという人でも安心して口座開設ができます。楽天銀行との連携で入金が簡単にできるほか、楽天市場でのお買い物がお得になるなどの理由から楽天証券を選ぶ人も多くいるようです。

楽天FXで口座開設するメリットやデメリット

では、楽天FXで口座開設をするメリットは具体的にどういったものがあるのでしょうか?デメリットについても併せて見ていきましょう。

楽天FXのメリット

・取引にかかるコストが安い

楽天FXでは取引にかかる手数料は無料のため、FX取引におけるスプレッドが実質的な手数料となっています。楽天FXのスプレッドは米ドル/円で0.2銭など業界最狭水準となっているので、低コストでの取引が可能です。

・楽天スーパーポイントが貯まる

楽天FXで取引をすると10万通貨ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるシステムになっています。こちらは、楽天銀行口座と楽天証券口座の連携サービス「マネーブリッジ」に申し込みをし、楽天銀行のハッピープログラムにエントリーすることが必要となるので、取引を始める前にしっかり確認しておきましょう。

・人気の独自取引ツール

楽天FXではPCブラウザを利用する楽天FX-Webのほかに、独自の取引ツールが2つあります。1つは「マーケットスピードFX」です。2012年のグッドデザイン賞を受賞しており、その使いやすさゆえにほかの証券会社から乗り換えたという人もいるほど。40種類のテクニカル指標の搭載や、高度なカスタマイズがマウスで簡単にできることなど、機能性やデザイン性などが高次元で再現されています。

もう1つはスマートフォン専用アプリ「iSPEED FX」です。チャートや為替レートだけでなく、トムソンロイター・フィスコ・グラーバルインフォによるニュース配信もアプリから簡単に確認することができます。テクニカル指標は10種類と、マーケットスピードFXに比べるとかなり少ない印象ですが、ポピュラーな指標を利用される方にとっては場所や時間を問わずに取引が可能のため魅力的なツールなのではないでしょうか?

・三ツ星評価のお客様サポート

サポートサービス業界のメンバーシップ団体HDI Japanが実施している「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」において最高評価である三ツ星を受賞したという楽天証券カスタマーサービスセンター。私は以前某大手企業のカスタマーサポートセンターで勤めていたのですが、そのサポートセンターもこの賞を受賞していました。だからこそ知っていることですが、この格付けは非常に高度で細やかなお客様サポート対応が求められており、簡単に受賞できるものではありません。何か困ったことがあっても丁寧な対応を受けられるということは新しく何かを始めるうえでとても心強い環境といえるでしょう。

・豊富なマーケット情報

楽天FXのFXヘッドライン

楽天FXホームページを少し下にスクロールすると見つかるこの画面。これは楽天FXが提供しているマーケット情報の一覧です。始めたばかりのころはわからないことも多いですが、このようにFXの基礎知識や相場の動向など様々な情報が提供されていると安心ですよね。こういったものもどんどん活用しながら取引を行っていけば、経験と同時に知識も深まっていくのではないでしょうか。

・高金利通貨も1,000通貨から取引可能

楽天FXでは高金利で人気のトルコリラやメキシコペソなどの通貨も含めてすべての通貨が1,000通貨から取引が可能となっています。高金利通貨の取引は最低取引単位の10倍からの取引となる証券会社も多いので、高金利通貨の取引をしてみたいけれど小額から始めたいという方には楽天FXがオススメです。

・MT4が使える

MT4とは、「Meta Trader4」という世界中で人気のFX取引ツールです。「Expert Advisors (EA)」という自動売買プログラムが最大の魅力ですが、ほかにも50種類以上ものテクニカル指標が利用できることや、優れたカスタマイズ性なども人気の理由の一つです。楽天FXはこのMT4が利用できる数少ない国内FX業者の一つなので、これも楽天FXの大きな特徴の一つといえます。

楽天FXのデメリット

・システム障害が多い

楽天FXは、2005年、2007年、2009年にシステム障害によるサーバーダウンを起こしており、金融庁による行政処分を受けています。証券会社などの金融機関が行政処分を受けることは、実はあまり珍しいことではありませんが、たった5年もの間に3度の行政処分を受けているのは少々心配ではあります。

・不安定なスプレッド

楽天FXのスプレッドは、固定時は業界最狭水準となっているので特に問題なく利用できますが、経済指標の発表などの相場に影響する大きなニュースが入ってきた場合などにスプレッドが広がりやすくなっています。過去に急激な相場変動が起きた時には、米ドル/円のスプレッドが8円や15円にまで広がった記録もあります。

また、スプレッド関連でいうと、MT4口座のスプレッドは米ドル/円0.5銭とやや広めの水準で原則固定されているため、MT4口座を利用して取引をしようと考えている方にとってはデメリットといえるでしょう。

口座の種類と選び方

楽天FXの口座種別表示

口座を開設する前に知っておきたいのが口座の種類。FX取引を希望する場合、2つの口座からどちらかを選択して口座の開設をします。それぞれにどういった違いがあるのかを確認しておきましょう。

FX専用口座

その名の通り、FX取引の専用の口座です。そのため取引可能商品が、FX/バイナリーオプション/投資信託(外貨建てMMFは対象外)のみに限定されています。開設方法はWeb申込みのみとなっており、マイナンバーの提出方法もiSPEED/iSPEED FXからのアップロードのみです。納税方法の初期設定は「源泉徴収ありの特定口座」となっています。もし後から国内株式などの取引もしたくなれば、申し込み手続きをすることで総合口座の開設も可能です。

総合口座

総合口座はFX専用口座と違い、楽天証券が取り扱うすべての商品の取引が可能です。開設方法とマイナンバーの提出方法はWebに加えて郵送での手続きにも対応しています。FX以外の国内株式などの取引も検討している場合は総合口座を開設しておくとよいでしょう。

どちらの申し込み手続きもWebで完結でき、最短で1~2営業日で取引可能となっています。

口座開設の申込みに必要な書類は?

口座開設の手続きをスムーズに行うためにも、申し込みに必要な書類についても事前に確認しておきましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証(両面)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証(両面)
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(日本国政府発行のもの)
  • 在留カード
  • 特別永住証明証(両面)
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)

マイナンバー確認書類

  • 通知カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • マイナンバー記載の住民票の写し

Webで完結!口座開設手順

それでは早速口座開設の手順を見ていきましょう。今回はFX専用口座を選択しています。

【口座開設手順①】口座の種類を選ぶ

楽天FXのホームページ

先ほど口座の種類についてお話しましたが、FX専用口座の開設をしたい場合は黄色の〇で囲っているところ、総合口座の開設をしたい場合は画面右上の黄緑色の〇で囲っているところをクリックして次に進みましょう。口座の種類についてや取引開始までの流れを確認したいという方は赤色の丸で囲っているところをクリックしていただければ、「口座の種類と選び方」の項目で載せている画像のページにジャンプします。

【口座開設手順②】楽天会員登録

楽天FXの口座開設ページ

楽天会員の方は次のページにログイン画面が表示され、そうでない方は会員登録のページにジャンプします。つまり、楽天FXで口座開設をする際には楽天会員であることが条件ということですね。楽天銀行などの楽天グループのほかのサービスとの連携もスムーズに行えます。

【口座開設手順③】必要事項の入力

楽天FXの口座開設申し込みの必要事項入力ページ

ここからは申込みにあたっての必要事項を入力していきます。ここで入力する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 案内メールの受信有無

【口座開設手順④】投資に関する入力

楽天FXの口座開設申し込み時の投資に関する入力欄

氏名などの入力を終えて下のほうにスクロールすると、次は投資についての入力欄があります。内容は口座開設の動機や投資経験の有無、金融資産についてなどです。口座開設の審査を行う上で非常に重要な情報となるため、嘘偽りなく正直に入力していきましょう。

【口座開設手順⑤】本人確認書類の提出

楽天FX口座開設の本人確認書類

必要事項の入力を終えると、次は本人確認書類の提出のページです。提出方法はパソコンかスマートフォンの2つから選ぶことができます。手元に本人確認書類がない場合は、下部の「後でアップロードする」を選択しましょう。

【口座開設手順⑥】申込み完了!

楽天FX口座開設完了ページ

このページが表示されると受付が完了です。今回は本人確認書類の提出で「後でアップロードする」を選択しているため、口座申込み完了時に届くメールからアップロードを完了させることですべての手続きが終了となります。

口座が開設されたら入金して取引スタート!

無事に口座の開設が済んだあとは、さっそく入金をして取引を始めていきましょう。楽天FXでは通常の振込入金のほかに、「FXリアルタイム入金」や「リアルタイム入金」という入金方法があり、どちらもWebブラウザやマーケットスピードFX、iSPEED FXから提携金融機関のいずれかを利用して入金を行うと即時に残高に反映されるようになっています

ここまで口座開設の手順について確認してきました。口座開設手続きも難しいものはなく、入金方法も簡単でどちらもスピーディーな対応となっているので、非常にオススメです。楽天FXでの取引を検討している方は、まずはぜひ口座の開設をしてみてはいかがでしょうか?

-FX口座, 楽天FX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.