新着記事

FX口座 楽天FX

楽天FXの口コミ・評判まとめ!

楽天FXでの取引を検討している方の中には「いろんなメリットやデメリットがあるけれど、評判はどうなのか?」「実際に使っている方の口コミが知りたい!」という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では楽天FXの特徴やメリットとデメリットと合わせて、良い評判や悪い評判などについてご紹介していきます。

ぜひ口座開設や取引を始める際の参考にしてみてくださいね。

楽天FXについて

楽天FXとは楽天グループが展開する「楽天証券」で提供されているFX取引サービスです。楽天グループのほかのサービスを利用されている方にとっては特に親近感が持てる証券会社と言えるでしょう。楽天銀行と連携することで優遇金利が受けられたり、入金が簡単になるほか、楽天スーパーポイントが貯まるなど楽天グループならではのメリットがたくさんあるのが魅力です。

そんな楽天FXですが、いくつかのメリット・デメリットが存在しています。数年から十数年にわたり楽天FXを利用されている方のリアルな声と合わせて見ていきましょう。

楽天FXのメリットと良い口コミ

「米ドル/円のスプレッドが狭いところが良い」

スプレッドとは売値と買値の差額のことで、各証券会社によって定められているものです。このスプレッドがFXの実質的な取引コストとなるため、スプレッドの水準が狭いほどコストを抑えられるということになります。楽天FXのスプレッドは業界最狭水準をうたっていて、その中でも米ドル/円は2019年11月から0.2銭に設定されており特に狭い水準に設定されていると言えます。スプレッド縮小キャンペーンが行われているときは米ドル/円で0.1銭まで縮小されたりするので、こういったキャンペーンも活用するとよりお得に取引できそうです。

「取引ツールがわかりやすくて見やすい」

楽天FXでは独自の取引ツールが提供されており、PC版の「マーケットスピードFX」とスマートフォン専用アプリの「iSPEED FX」があります。その中でも特に好評なのがマーケットスピードFXで、為替チャートや資産状況などの取引画面がわかりやすくて見やすいという口コミが多く見受けられました。テクニカル指標が44種類搭載されているほか、高い機能性やデザイン性から人気を博しています。その使いやすさから2012年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

「1,000通貨単位の取引が初心者にはありがたい」

FXの最低取引単位は各証券会社によって定められていますが、10,000通貨単位が最低取引単位であるところが比較的多いです。しかし、楽天FXでは最小取引単位が1,000通貨からに設定されているためより少ない資金で始められますし、リスクもその分抑えられることができます。初心者の方にとっては取引を始めやすくなる理由の一つとなるため、こういったポイントも高評価につながっています。

「MT4が使えるのが良いです!」

MT4(Meta Trader 4)とは、世界中のトレーダーに利用されているFXの取引ツールのことで、「Expert Advisors (EA)」という自動売買プログラムをによるシステムトレードや高いカスタマイズ性などの大きな魅力が人気を博しています。また、テクニカル指標は50種類以上も搭載されているほか、ネット上からも様々なサインツールを入手することができ、テクニカル分析をするには最適の取引ツールと言えるでしょう。そんなMT4は国内では利用できる証券会社が少ないのですが、楽天FXではMT4が利用できるため非常に大きなアドバンテージとなっています。

「楽天銀行との連携で入出金が簡単にできた」

楽天FXを展開する楽天証券と楽天銀行の連携サービス「マネーブリッジ」というものがあり、このマネーブリッジというサービスを利用すると入出金が簡単にできることも高く評価されていました。マネーブリッジには「らくらく入出金」というシステムがあるのですが、こちらを利用すると手数料無料で原則24時間リアルタイムの入出金が可能です。

マネーブリッジに申し込むだけで楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用されるのですが、通常時は年利0.02%であるのに対してマネーブリッジ申込後は年利0.1%(2020年12月現在)となり約5倍の金利となっており待機資金を預金しておくだけでもお得に利息を受け取ることができます。

さらに「自動入出金(スイープ)」という機能もあり、スイープを設定していると買い付け時に楽天銀行の口座から自動で入金が行われるため銀行にログインする必要がなく簡単に入金することができます。また、このスイープ機能は毎日夜間に自動的に出金が行われるため現金の引き出しも簡単に行えます。もちろん前述の優遇金利も自動的に適用されるのでとてもお得な機能となっています。

「取引ごとに楽天ポイントが貯まっていてお得」

「ハッピープログラム」というものを活用すると、楽天FX及び楽天証券の取引で楽天ポイントが貯められるようになっています。貯まったポイントは楽天市場など楽天グループで利用できるので、楽天グループのサービスをよく利用されているという方にはぜひオススメだという声が多く見受けられました。

このハッピープログラムの適用にはエントリーが必要となっており、取引件数に応じて会員ステージが上がっていきます。会員ステージが上がるとATM手数料が最大で一か月に7回まで無料になったり、楽天ポイントが振込手数料に使えたりするなどの様々な特典が受けられるようになっています。

「マーケット情報が豊富に提供されている」

楽天FXでは取引を行う上で重要な様々なマーケット情報が提供されており、その中でも「トウシル」という楽天証券の投資メディアは毎月89万人もの方に読まれているようです。ほかにも、情報ベンダー3社(トムソンロイター・FISCO・グローバルインフォ)から配信される指数、金利、為替、市況、経済指標や要人発言などのニュースも見ることができ、取引に必要な知識も身に着けられる環境となっています。初心者の方にとっては特に役に立ったという声もあり、こちらも高評価ポイントの一つとなっていました。

楽天FXのデメリットと悪い口コミ

「市場が不安定になるとコストが高くなる」

スワップポイントが他社と比べて不利だという声や、スプレッドが拡大しやすいという声がありました。スプレッドやスワップポイントなどの取引コストは、取引をすればするほどかさんでいくものなので見て見ぬふりはできませんよね。特にスプレッドに関しては、普段は業界最狭水準をうたっているものの市場が不安定になっている場面では大きく開くこともあり、注意して取引を行う必要があります。

「システム障害が多くて困る」

楽天FXを利用しているトレーダーの方がよく口にしているのがシステム障害の多さです。楽天FXは過去にシステム障害によるサーバーダウンを度々起こしており、金融庁による行政処分を受けたこともあります。システム障害が起きると利益の確定や損切りの機会を失ってしまう可能性が高くなりますし、実際にチャンスを逃したという声もありました。こういった声を知っていると楽天FXでの取引を躊躇してしまう方も多く出てきてしまいますが、メンテナンスも頻繁に行われているため少しずつでも改善されていることを願います。

「約定力が弱いように感じる」

約定力とは、「発注したレートと実際に約定したレートが同じであるか、あるいはどれだけ近いか」というようなことを表します。発注レートと約定レートに乖離があるほど、利益が縮小したり損失が拡大したりする恐れがあります。そのためどのFX会社を選ぶかを判断するうえで非常に重要なポイントであり、この約定力が取引の結果を左右しかねないポイントとなっています。

ですが、「約定力が弱く感じた」と言う方もいらっしゃる中、「反映スピードが遅く感じたことはない」、「大きなトラブルもないので良い」と言う方もいらっしゃったため、感じ方には個人差もあると言えそうです。

「MT4のスプレッドが広めになっている」

楽天FXにおいて、スプレッドが業界最狭水準であることとMT4が利用できることは先ほどメリットとしてご紹介しましたが、MT4のスプレッドは広めに設定されており評価を下げてしまっていました。通常米ドル/円のスプレッドが0.2銭のところ、MT4だと0.5銭に設定されています。MT4の利用を目的として楽天FXを選ばれた方にとってはこの取引コストが評価を下げるポイントとなってしまいました。

楽天FXはどんな人向け?

ここまで実際に楽天FXを利用されている方のリアルな声と一緒にメリット・デメリットについて見てきました。それを踏まえてどういった方に特にオススメといえるのでしょうか。

初心者の方にオススメ!

実際に利用されているトレーダーの方が特によく書かれていたのが、初心者向けであるということでした。その理由としてあげられていたのは以下の通りです。

実際と同じ環境でデモトレードができる

楽天FXが提供している取引ツール「マーケットスピードFX」と「iSPEED FX」はどちらもデモトレードとリアルトレードが同じ環境で利用することができます。そのため、実際のトレードの感覚を掴んでから取引を行いたいという方でも納得がいくまで練習ができますし、デモトレードで学んだことがリアルトレードでも活かしやすくなっていると言えるでしょう。

取引ツールの見やすさ

わからないことだらけの初心者の方にとって、取引ツールの見やすさは取引のしやすさにそのまま反映されやすいですし、重要なポイントであるといえます。多くのトレーダーから高く評価されているマーケットスピードFXはもちろんのこと、iSPEED FXも支持されているため、まずはデモトレードからでもその使いやすさを実感してみていただければと思います。

取引単位の低さ

前述の通り、楽天FXは1,000通貨からの取引が可能となっているので少ない資金で始めることができます。あまり慣れないうちから大きなお金を動かすことに抵抗があるという方も少なくないでしょうし、ローリスク・ローリターンで知識や経験を身に着けながら少しずつ利益をあげていけるのが一番理想的な形といえるのではないでしょうか。

取引の前にしっかり検討を

取引を行う前に、実際に利用されているトレーダーの方の口コミを見ることはとても重要なことです。特にFX歴の長い方だとほかのFX会社をいくつか利用してきたという方も多いため、他社と比較したうえでの評価や口コミが書かれていたりします。こちらの記事でご紹介してきたメリット・デメリットや口コミでの評価を、口座開設や取引を始める前にぜひ参考にしていただき十分に検討し納得されてから次のステップに進むようにしてみてくださいね。

-FX口座, 楽天FX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.