新着記事

FX口座 楽天FX

楽天FXのロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

「楽天FXで取引を始めたいと思っているけれど、実際いくらから取引ができるのかわからない…」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?FXの取引をする際には、その注文数量などにも証券会社ごとにルールが決められており、いくらからでも自由に注文ができるわけではありません。

こちらの記事では、FXで取引を行う上で知っておきたい「ロット」についてや、楽天FXで取引をする際の最低取引単位などについて解説していきます。

よく聞く「ロット」とは?

FXで取引を始める際にたびたび目にする「ロット」という言葉。どういう意味なのかや「ロット」という言葉を使う理由についてなど知らないことが多い方もいらっしゃると思います。ここでは、最低取引単位についても併せて確認していきましょう。

ロットについて

ロット(lot)とは、「単位」や「まとまり」という意味があります。

FXにおけるロット(Lot)とは取引単位のことを言い、FXではこのロットごとに取引を行うことになっています。1ロットは証券・FX会社によって違いがあり、10,000通貨単位の会社もあれば、1,000通貨単位や100,000通貨単位のところもあります。

なぜ「通貨」ではなく「ロット」単位での注文になるかというと、通貨単位で注文しようとすると桁数が多くなることで「0」を多く入力する必要があるために注文ミスが起きる可能性が高くなります。10,000通貨を1ロットとまとめることでミスも減らせ、わかりやすく表記できるようになっています。

最低取引単位について

1ロットが10,000通貨となっている場合でも、最低取引単位が必ずしもこれと同じとは限りません。最低取引単位は証券会社ごとに定められており、証券会社のホームページにも必ず記載されています。

多くの証券会社では0.1ロットから1ロットが最低取引単位として定められていますが、中には0.0001ロット=1通貨からの取引が可能な証券会社もあります。資金や運用方針に合った証券会社を通してFX取引を行うためにも、口座開設をする前にしっかりと確認しておきましょう。

楽天FXの最大ロットと最小ロット

楽天FXの最大ロット

最大ロットは一度に発注できる最大数量のことをいいます。最小ロット以上ならいくらまででも注文できるというわけではなく、その上限も証券会社ごとに定められています。

楽天FXの最大ロット数は200ロットとなっています。通貨数にして200万通貨です。つまり、楽天FXでは一度に200ロット以上の注文はできないルールとなっているということです。

また、ポジション(建玉)の保有数の上限値も証券会社ごとに定められており、楽天FXでは30億円相当のポジション(建玉)が上限となっています。

楽天FXの最小ロット

最小ロットとは前述の最低取引単位のことです。楽天FXでは1,000通貨=0.1ロットから取引することができます。メキシコペソや南アフリカランドといった価格の小さい通貨も含めてすべての通貨ペアが1,000通貨からの取引が可能となっています。

最小ロットが1ロットに設定されている証券会社に比べて10分の1の資金から始められるため、リスク管理もしやすくなってきます。最低必要証拠金については後述しますが、最小ロットが低い分少ない資金で始められるとはいっても証拠金が少ないとロスカットが行われやすくなるため、最小ロットで注文する際にも資金にはある程度の余裕を持たせておく必要があります

実際いくらから始められる?

実際のところいくらから始められるのか気になるところですが、もう少し詳しく知っておくべきことがいくつかあります。そちらについてもお話しながら解説していきましょう。

必要証拠金について

FX取引を行う際にはまずFX会社に証拠金を預けておかなければなりません。これはいわば担保のようなものです。その中でも必要証拠金とは、ポジションを建てるうえでその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことを言います。

また有効証拠金というものもあり、これは保有しているポジションがある時にそこに利益や損失が生じている場合、預託金にその損益を加減して計算した証拠金のことを言います。

これら二つを使った計算式で求められるのが証拠金維持率です。証拠金維持率とは、保有しているポジションに対して口座の残高が占める比率を表す数字です。「有効証拠金÷必要証拠金=証拠金維持率」となっています。

ロスカットについて

ロスカットとは、保有しているポジションの損失が一定水準に達した際にそれ以上の損失の拡大を抑えるために自動的に決済して損失を確定させるシステムのことです。ロスカットは証拠金維持率がロスカット水準を下回ったときに決行されます。

つまり、証拠金維持率はロスカットが行われるかどうかの重要な鍵を握っており

このため、長期運用が目的である程度の含み損なら様子を見ておきたいという方などは特に、証拠金維持率が低下している通知を受けたときに追加証拠金の入金をしたり、資金に対して大きな取引は行わないなどしたりして預託金に余裕を持たせておくことが重要です。

楽天FXでは選択しているレバレッジのコースに併せてこのロスカット率についても自分で設定することが可能ですが、様々なリスクについてもしっかり理解したうえで設定を行わなければ大きな損失を被りかねないので慎重に設定するようにしましょう。

レバレッジについても確認

レバレッジとは、少ない資金で大きなお金を動かす「てこの原理」のような仕組みのことを言います。資金の何倍もの金額の取引ができるのが最大の特徴です。必要証拠金がいくら必要なのかは、レバレッジをどれだけかけるかによって変わってきます。高いレバレッジをかけるほど取引額に対しての必要証拠金の額は小さくなりますが、同時に大きなリスクも伴う取引です。少ない資金で始められるからと言って最初から高いレバレッジをかけて取引を行うことはなるべく避け、資金だけではなくリスクのことも考慮してどれぐらいのレバレッジをかけるかを考える必要があります。

楽天FXでの取引における必要証拠金

楽天FXでは以下の5つのレバレッジコースがあり、自分で設定することが可能です。口座開設時はスタンダード25倍コースに設定されており、ロスカット率は50%となっています。

  • スタンダード25倍コース
  • レバレッジ10倍コース
  • レバレッジ5倍コース
  • レバレッジ2倍コース
  • レバレッジ1倍コース

前述の通り、取引をするうえで必要となる証拠金の額は、このレバレッジをどれだけかけるかによって大きく変わってきます。例えば、1ドル100円のときに楽天FXの最低取引単位である1,000通貨の買い注文を行う場合の必要証拠金は以下の通りです。表中カッコ内の証拠金率とは、取引を行う上で実際の約定金額に対して必要な証拠金の割合のことを言います。

レバレッジ  必要証拠金 (証拠金率)
1倍 100,000円 (100%)
2倍 50,000円  (50%)
5倍 20,000円  (20%)
10倍 10,000円  (10%)
25倍  4,000円   (4%)

さらに、比較的高金利で価格の安いメキシコペソだと、1メキシコペソが5円のときにレバレッジ25倍で1,000通貨の買い注文を行うための必要証拠金はたったの200円です。レバレッジ1倍でも必要証拠金は5,000円で取引することができます。1ドル100円の場合、最低必要証拠金はレバレッジを25倍でかけた時の4,000円となります。

ですがすでに述べた通り、預託金と最低必要証拠金が同じぐらいになってしまうような取引は、急激な相場変動が起きた場合にはロスカットが行われる可能性がかなり高くなってしまいます。つまり証拠金維持率をなるべく高い水準で維持できるのが理想となるので、必要証拠金に対して預託金はある程度余裕を持たせて入金することをオススメします。

資金に余裕を持った取引を

ここまでレバレッジやロスカットについても交えながら、ロットや必要証拠金などについてお話いたしました。

「いくらから始められるのか?」という疑問については、必要証拠金の額が少なくてもそれだけの資金で取引するのは難しいということが結論となるため、少し漠然としてしまいますがなるべく余裕を持って資金を用意しておくと安心です。

また、少ない資金で取引をすることは主に高いレバレッジをかけているということなので、リスクを伴う取引だと覚えておかなければなりません。

リスク管理にも気をつけながら資金に無理のない範囲で取引を始めていけるように、最小取引単位がいくらからなのかなどは口座開設前にきちんと確認しておくようにしましょう。

-FX口座, 楽天FX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.