新着記事

FX口座 SBI FXトレード

SBIFXトレードのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

SBI FXトレードは1通貨からトレードができ、必要証拠金が最低約4円と初心者でも始めやすいことが魅力です。しかし、最低証拠金だけ入金してトレードをすると、強制ロスカットされる可能性もあります。なぜなら、大きなレバレッジがかかっているからです。

この記事では、SBI FXトレードの最大レバレッジやルールだけでなく、レバレッジってなに?強制ロスカットって?というFX初心者の方にもわかりやすく、レバレッジの基礎知識を説明しています。また、SBI FXトレードのレバレッジを設定・変更する方法も解説します。

FX初心者が必ず知っておきたいレバレッジの基礎知識

SBI FXトレードのレバレッジについて説明する前に、まずはレバレッジの基礎知識を確認しておきましょう。ここでは、FX初心者が必ず知っておきたいレバレッジの基礎知識をまとめています。「レバレッジの仕組みは知っている」という方は、この項は読み飛ばしくださいね。

レバレッジの仕組み

レバレッジとは、「てこの原理」に例えられるFX特有のトレードルールです。少ない資金で、大きなリターンを得られます。レバレッジをかけてトレードできることが、FXの魅力です。

レバレッジの仕組み

FXでは、FX会社に担保として証拠金を預けます。レバレッジをかけてトレードすると、この証拠金が少なくてすむ仕組みです。

かけられる最大レバレッジはFX会社で異なる

リターンが大きくなるのなら、レバレッジをたくさんかけてFXトレードをすればいいのでは?と思うかもしれません。しかし、リターンが大きいということは、リスクも大きくなるということです。

レバレッジをかけて思ったとおりに相場が動けばリターンになりますが、反対に動けば損失が生じます。その損失はレバレッジをかけた分、資金に対して大きな金額になるのです。

レバレッジをかけすぎる危険を避けるため、日本では最大25倍までと決められています。そのため、25倍以上のレバレッジがかけられる日本のFX会社はありません。一方、海外では取り決めがないので、最大レバレッジが25倍以上のトレードも可能です。中には、1000倍近いレバレッジを最大としている海外FX会社も存在しますが、日本で登録をしていない海外FX会社は、日本語で案内があっても金融庁など日本の監督当局から警告を受けている無登録業者であり、無登録の海外業者で口座開設し取引を行った場合、海外に送金した資金は日本の法令で守られることなく保証はされません。

SBI FXトレードの最大レバレッジは25倍

SBI FXトレードは日本のFX会社です。ですので、最大レバレッジは25倍。それ以上のレバレッジはかけられません。

25倍までと聞くと、少ないと感じるかもしれません。ですが、FX初心者ではリスクを下げるため、レバレッジをかけない(1倍)運用や、かけても2~3倍が推奨されています。例で考えてみましょう。レバレッジの計算式は以下のとおりです。

レバレッジ(倍)=(取引数量×為替レート)÷資産評価額

あなたに20万円の資金があるとします。1ドル=100円のとき、10,000通貨(10,000ドル)を買いました。かかっているレバレッジは、5倍((10,000通貨×100円)÷200,000円=5倍)です。20万円の資金しかないのに、100万円分のトレードをしていることになります。

このとき、為替レートが10円上昇し、1ドル110円になったとします。すると、10,000通貨の評価額は110万円。10万円の利益になりました。20万円の資金で、10万円のリターンが得られたので、レバレッジ5倍でもその有効性がよくわかります。

レバレッジをかけてFXトレードをするときのメリット・デメリット

レバレッジをかけてFXトレードをするときはメリットも大きいですが、同じだけデメリットもあります。ここでは、レバレッジのメリットとデメリットについて説明します。

特に、デメリットは理解しておかないと思わぬ損失に繋がることもあり注意が必要です。ここで、きちんと確認しておきましょう。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは、なんと言っても少ない資金で大きなリターンを狙えることです。SBI FXトレードでは、1通貨からトレードが可能なため、少額投資に向いています。少額投資は資金が少なくてもFXトレードを始められることがメリットですが、一方でリターンも小さくなることがデメリットです。

そこで、レバレッジをかけてトレードをすると、用意した資金の最大25倍レバレッジをかけて大きな金額をトレードできます。少額の資金で大きなリターンを得られるという、レバレッジのメリットを活かしたトレードが可能です。

レバレッジのデメリット

レバレッジのデメリットは、損失が大きくなることです。例えば、1ドル=100円のときに10,000通貨を資金4万円で買いました。このときのレバレッジは25倍((10,000通貨×100円)÷40,000=25倍)です。

しかし、相場が反対に動き為替レートが90円になりました。1通貨の損失は10円、10,000通貨持っているので損失の合計は10万円です。資金が4万円しかないのに、資金以上の損失が出てしまいました。

このように、レバレッジをかけすぎると大きな損失になることもあります。ただし、資金以上に損失が出ることを防ぐため、FX会社では『強制ロスカット』を実施しています。強制ロスカットは、トレーダーの支払い負担が増えないようにするための仕組みです。

押さえておきたいSBI FXトレードの強制ロスカットルール

強制ロスカットとは、証拠金維持率がある割合を下回った場合に、FX会社により自動的に決済される仕組みです。損失を大きくしないために実施されます。

証拠金維持率は、取引必要証拠金と現在の資産評価額で計算され、トレーダーの支払い能力を表しています。トレーダーは資金を入金するかポジションを決済して、証拠金維持率を一定額以上キープしなくてはいけません。

SBI FXトレードの強制ロスカットライン

強制ロスカット

SBI FXトレードの強制ロスカットラインは、証拠金維持率50%のラインです。証拠金維持率は、以下の計算式で算出します。

証拠金維持率(%)=資産評価額÷取引必要証拠金×100

資金評価額とは、FX口座の残高とポジション総額をあわせた金額です。現在の為替レートで計算されます。また、取引必要証拠金は、持っているポジションに必要な証拠金のことです。

SBI FXトレードのロスカットルール

SBI FXトレードでは、原則20秒ごとにロスカット判定をしています。20秒ごとの為替レートで証拠金維持率を算出し、50%を下回った場合に強制決済されます。

SBI FXトレードの場合は、取引通貨量によって為替レートが変わるのが特徴です。そのため、1~1,000通貨までのときは第1区分の為替レート、1,001通貨以上は第2区分の為替レートで計算します。少し複雑ですが、証拠金維持率は自動で表示されますので、確認してみましょう。

SBI FXトレードの実効レバレッジ設定・変更方法

SBI FXトレードの最大レバレッジは25倍です。レバレッジ倍率は、設定画面などでは変更できません。レバレッジは、資産評価額と取引数量を計算して自動で設定されるからです。

レバレッジ=(取引数量×為替レート)÷資産評価額

SBI FXトレードではレバレッジの設定はできませんが、資産評価額を変えるか取引数量を変えることで変更が可能です。ここでは、実効レバレッジを変更する2つの方法を解説します。

【実効レバレッジの変更方法①】資産評価額を変える

実効レバレッジは、(取引数量×為替レート)÷資産評価額で計算されます。そのため、資産評価額を増やせば、レバレッジ倍率を下げることが可能です。

例えば、1ドル=100円のときに取引数量10,000通貨のポジションを持っていたとします。資産評価額が4万円のとき、レバレッジは25倍です。レバレッジを5倍に変えたいとすると、資産評価額を20万円にすれば良いことがわかります。つまり、新たに16万円を入金すれば、レバレッジを25倍から5倍に変更できます。

【実効レバレッジの変更方法②】取引数量を変える

もう一つの方法として、取引数量を変えることでレバレッジを変更できます。上記の例で言うと、取引数量10,000通貨の一部を決済する方法です。レバレッジを5倍に変更したい場合、取引通貨量を2,000通貨まで減らします。つまり、8,000通貨分は決済します。計算式は以下のとおりです。

取引数量=(希望のレバレッジ倍率×資産評価額)÷為替レート

取引数量を減らせば減らすほど、レバレッジを低く設定することが可能です。

レバレッジを上手く利用してSBI FXトレードで大きな利益を狙おう

ここでは、FX初心者が知っておきたいレバレッジの基礎知識と、SBI FXトレードのレバレッジルールについて解説しました。

FXトレードでは、レバレッジをかけて少ない資金で取引できることがメリットです。特に、1通貨からトレードができるSBI FXトレードでは、レバレッジを利用して大きなリターンが狙えます。

一方で、レバレッジにはデメリットがあることも理解しておかなくてはなりません。レバレッジをかけすぎると、資金と比べて大きな損失になることもあります。リターンが大きいときは、リスクも高くなると覚えておきましょう。

しかし、レバレッジはトレーダー自身で調節することも可能です。SBI FXトレードでは、資産評価額か取引数量を減らすことで、レバレッジを下げた運用ができます。FX初心者では、レバレッジ1~3倍が適正と言われています。無理をしないトレードを心がけましょう。

-FX口座, SBI FXトレード

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.