新着記事

FX口座 SBI FXトレード

SBI FXトレードのロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

SBI FXトレードでFXトレードをしてみたいけど、「トレードをするときの最大・最小ロットは何通貨なのか?」「トレードにはいくら必要なのか?」を知りたい。あるいは、そもそも「ロット」の意味がわからない。

そんな人のために、ロットの基礎知識から、SBI FXトレードの最大・最小ロットや最低必要証拠金まで、SBI FXトレードのロットの全てを解説します。ロットの仕組みを知らないと、思ったようにトレードできず困ることも。ここでしっかりとロットについて学んでおきましょう。

FXのロットの基礎知識

そもそも「ロット」ってなに?というFX初心者も多いはず。まずは、FXのロットについてその基礎知識と最低取引単位との違いについて説明します。

基本取引単位「ロット(Lot)」とは

ロット(Lot)とは、FXトレードの基本取引単位です。FXでトレードするときの通貨の単位と覚えておきましょう。

FXでは基本的に10,000通貨単位や100,000通貨単位で取引をするため、表記をするときに数字を間違えやすい欠点があります。その間違いを少なくするために、ロットを使っているのです。

FXでは、一度に何ロットもトレードはできないこともあります。なぜなら、一度に大量の注文が入るとシステムに遅延が生じ、約定率が下がる可能性があるからです。そのため、それぞれのFX会社では一回に注文できるロットの最大数を制限していることもあります。これを最大ロットと呼びます。

最低取引単位とは

最低取引単位とは、FXでトレードできる最小の取引単位のことです。最低取引単位はFX会社によって異なります。

最大ロットが大きいメリット

一回に注文できる最大ロットが大きい場合のメリットは、チャンスを逃さず大きな利益を狙えるところです。大きな資金を投入してトレードをするときに、最大ロットが小さいと複数回に分けて注文を入れる必要があります。しかし、最大ロットが大きければ一度に注文ができ、チャンスを逃さずトレードができます。

少額をトレードする場合には最大ロットを気にしなくても良いですが、大きな金額をトレードしたいときにはチェックしておきましょう。

最小ロットが小さいメリット

最小ロットが小さいメリットは、少額からトレードができることです。最小ロットが小さいと、必要な証拠金も少なくて済みます。特に、資金が少ない場合は最小ロットの小さいFX会社を選ぶと良いでしょう。

また、最小ロットの小さいFX会社はFX初心者にもおすすめです。なぜなら、少額をトレードすることで、負けても損失を少なくできるからです。資金に余裕があっても、これからFXを始めるのなら最小ロットが小さい方がリスクを下げられる点を覚えておいてくださいね。

SBI FXトレードのロットは何通貨?

SBI FXトレードではロットという単位は使用しません。「通貨単位」で表されます。

SB IFXの最大取引数量

SBI FXトレードでは、一回の注文数量が1,000万通貨までと決まっています。他のFX会社と比べても少なくはなく、一般的な最大取引数です。

SBI FXトレードの最低取引単位

SBI FXトレードの最低取引単位は、1通貨です。

SBI FXトレードの最低取引単位は、業界でも最安です。FX初心者が少ない資金でFXトレードを始めるには、ぴったりのFX会社です。

SBI FXトレードでトレードするときはいくら必要?

FXトレードでは、最小ロット分の資金があればトレードができるわけではありません。証拠金と呼ばれる担保金をFX会社に預ける必要があります。ここでは、最低証拠金の基礎知識とSBI FXトレードの最低証拠金としていくら必要なのかを解説します。

最低証拠金とは

最低証拠金とは必要証拠金とも呼ばれ、FXトレードをするときにFX会社に担保として預ける証拠金のことです。トレードの取引額に応じて必要な金額が変わります。

なぜ最低証拠金が必要なのかというと、レバレッジをかけてトレードをしたときにはかけた分の損失を被る可能性があるからです。レバレッジとは、資金以上の金額をトレードができるFX特有の仕組みです。レバレッジをかけると、少ない資金で大きなリターンを狙えます。一方で、大きな損失を受けることもあります。損失を受けたとしてもトレーダーの支払いが滞らないように、最初に担保として資金を預けるのが証拠金の役割です。

最低証拠金はトレードする金額で変わりますが、基本的にはトレード額の4%です。

最低証拠金=為替レート×最低取引通貨×0.04

4%をかけるのは、レバレッジを25倍でかけた場合の計算だからです。日本国内のFX会社では、最大レバレッジが25倍と決められています。そのため、最低証拠金を計算するときは、最大レバレッジである25倍(4%)をかけます。

SBI FXトレードでトレードするにはいくら必要か?

それでは、SBI FXトレードでトレードをするときは最低いくら必要なのでしょうか?

SBI FXトレードの最低取引単位は、1通貨からトレードが可能です。SBI FXトレードのトレードに必要な最低証拠金を計算するときは、1通貨でのトレード額を使います。

SBI FXトレードの最低証拠金=為替レート×1通貨×0.04

例えば、為替レートが1ドル=100円のときで考えてみましょう。

100円×1通貨×0.04=4円

SBI FXトレードでは、1ドル=100円のときでは最低証拠金4円でトレードができます。1ドル=120円のときでも4.8円です。

他のFX会社では最低取引単位が0.1ロットや1ロットです。1ロット(10,000通貨)のFX会社で0.1ロットのときの最低証拠金は、1ドル=100円の為替レートで4,000円。

例:最低取引単位1,000通貨のとき(1ドル=100円)
100円×1,000通貨×0.04=4,000円

同様に、最低取引単位が1ロット(10,000通貨)だとすると、40,000円が必要です。比較すると、SBI FXトレードの最低証拠金がいかに少ないかがわかります。最低証拠金約4円でFXトレードを始められることが、SBI FXトレードの最大の魅力です。

SBI FXトレードの最大・最小ロットの通貨数と最低証拠金まとめ

ここでは、SBI FXトレードの最大・最小ロットの通貨数と最低証拠金についてまとめました。

FXトレードをするときは、ロットの基礎知識がないと思った通貨量をトレードできないこともあります。ここで説明したロットの基礎知識をきちんと理解しておきましょう。

SBI FXトレードのロットについて、下記の表にまとめました。

最低取引単位 1通貨
最大注文量 1000万通貨
最低証拠金* 約4円(1ドル=100円のとき)

*最低証拠金は為替レート、通貨ペアにより変わります。詳細はSBI FXトレードのホームページでご確認ください。

SBI FXトレードは、他のFX会社と比較して最低証拠金が少ないことが特徴です。多くのFX会社が最小ロットを0.1ロットや1ロットに設定しているため、最低証拠金としてSBI FXトレードの1000倍以上必要になります。

最低証拠金が圧倒的に少なくてすむSBI FXトレードは、リスクを下げたいFX初心者や資金の少ないトレーダーにとって使いやすいFX会社です。

-FX口座, SBI FXトレード

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.