新着記事

FXTF FX口座

FXTFのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

FX取引を行う上で必ず知っておかなければならない重要なルールの一つに、「レバレッジ」というものがあります。レバレッジが一体何なのかを知らずに取引を始めることは非常に危険ですし、大きな損失を被りかねません。こちらの記事では、レバレッジについての基礎知識についてを解説した上で、FXTFのレバレッジのルールについてもご紹介していきます



レバレッジの基礎知識

レバレッジについて

「レバレッジ(leverage)」とは、「てこ(lever)の原理」を意味する言葉で、FXや株式の取引において用いられる仕組みのことです。(株式においては信用取引という形でレバレッジがかけられます。)少ない資金で大きなお金を動かす取引ができる仕組みとなっています。

例えば、手元に100万円の資金があったとします。この場合、一般的に考えると100万円分の取引しか行えません。レバレッジでいうと、これはレバレッジが1倍の状態だということです。このレバレッジが10倍の場合には1,000万円分、25倍の場合には2,500万円分の取引が行えるということになります。

つまりレバレッジとは、自己資金の何倍ものお金を動かす取引ができる仕組みということです。レバレッジが高いほどリターンも大きくなりますが、その分もちろんリスクも大きくなってくるので、注意しなければなりません。

必要証拠金と証拠金維持率について

証拠金維持率とは、有効証拠金が必要証拠金に対して占める割合のことを言います。必要証拠金とは、取引を行う上で最低限必要となる証拠金のことです。レバレッジが何倍かによって必要となる証拠金の金額は変わってきます。例えば100万円分の取引を行う場合、レバレッジが10倍のときの必要証拠金は10万円、レバレッジが25倍の時の必要証拠金は4万円となります。証拠金維持率等の計算方法は以下の通りです。

  • 証拠金維持率=有効証拠金(純資産)÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=残高+保有ポジションの評価損益+保有ポジションのスワップ損益
  • 必要証拠金=レート×数量×レバレッジごとの証拠金率

例を用いてもう少し詳しく解説していきます。

取引通貨:米ドル/円

レート:1ドル100円

レバレッジ:25倍

上記の場合において、口座に100万円を入金し10,000ドル分の買い注文をしたとします。この時、必要証拠金は「100(円)×10,000(通貨)×0.04(4%)=40,000」なので40,000円となり、レートが変動していないこの時点での有効証拠金は100万円、証拠金維持率は2500%となります。

その後、レートが1ドル99円に下落した場合、「99円-100円(買った時の価格)=-1円」なので、「-1(円)×10,000(通貨)=‐10,000(円)」となるため含み損は1万円です。この含み損を預託金の100万円から差し引くと99万円となり、これが有効証拠金となります。よって、この場合の証拠金維持率は2475%となります。



ロスカットについて

ロスカットとは、保有しているポジションにおいて一定の損失が発生した際に、それ以上損失を発生させないため強制的に保有ポジションが決済されるシステムのことです。前述の通り、レバレッジが高くなるほどリスクも大きくなるのですが、特に急激な相場変動が起きた場合などには損失が大きくなってしまう可能性が高くなるので、損失の拡大を防ぐためにロスカットが行われます。

このロスカットが行われるタイミングについてですが、FX会社ごとにロスカット基準が定められており、その基準に従いロスカットが行われています。FXTFでは証拠金維持率の判定時刻と、それ以外の時間帯とで基準が分けられています。基準値については以下の通りです。

FXTFにおけるロスカット基準
証拠金維持率判定時刻(15:30~15:45の間の約1分間) 証拠金維持率が100%以下となった場合において、証拠金維持率が100%を上回るまで、損失の大きいポジションから順番に強制決済。
上記以外の取引時間帯 証拠金維持率が50%以下となった場合において、証拠金維持率が50%を上回るまで、損失の大きいポジションから順番に強制決済。

上の表の通り、証拠金維持率判定時刻の間のロスカット基準は証拠金維持率が100%を下回った場合となっていますが、証拠金維持率の判定時刻は1日の取引時間の中でも非常に短い時間となっています。それ以外の取引時間帯のロスカット水準は50%まで下がってしまうため、100%を切った後にすぐ相場が戻るなどした場合には一時の含み損のみで済みますが、ロスカットが行われるまでポジションを保有していた場合にはその分損失が大きくなってしまいます。なので、ロスカット基準を考慮し、資金管理には十分気を付けるようにしましょう。

証拠金維持率がロスカット基準を下回ってから実際にロスカットが行われるまでの間には数分の時間差が生じる場合があります。また、ロスカットが行われるまでの間に急激な相場変動が起きた場合などにはそれ以上の損失が発生する可能性もあります。ロスカットというシステムがあるからといって安心せず、資金に対して余裕のある取引を心がけることが大切です。

FXTFのレバレッジのルール

国内のFX業者における個人口座のレバレッジは一律で25倍以下までと定められており、1倍~25倍までいくつかのコースからレバレッジが設定できるFX会社も少なくありません。ですがFXTFではレバレッジのコース等はなく、取り扱っている30通貨ペアのうち27通貨ペアは25倍に固定されています。そのため、リスク管理のために低レバレッジから取引を始めたいという方などにとってはデメリットになってしまうかもしれません。

高金利通貨として人気のあるトルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円の3通貨ペアにおいては、ほかの通貨ペアの半分の12.5倍に設定されています。この3通貨は日本円に対して価格が小さいため、レバレッジはほかの通貨ペアの半分ですが少ない資金でも十分に取引をすることが可能です。



レバレッジのメリット・デメリット

前述の通り、レバレッジを利用するメリットはやはり、自分の資金の何倍もの取引をすることができる点です。手元の資金が少ないという方や、まずは少額から始めたいという方にとっては特に、FXを始めるハードルが少し下がるので取引が始めやすくなります。ですが、レバレッジはかければかけるほどリスクも大きくなっていくということは先ほども申し上げた通りです。資金は少なくても、取引で生じる利益や損失は資金ではなく取引額に比例しているので、大きなリターンが望めると同時にリスクも大きく背負うことになります。

FXTFではレバレッジが固定されているので、損切りの目安を明確に決めておくなどしてリスク管理を行うようにしましょう。

リスクを理解し、無理のない取引を

FX取引の醍醐味ともいえるレバレッジですが、なるべく損失を生まないためにもリスクなどについて正しく理解をすることが必要だということがご理解いただけましたでしょうか?FXTFではレバレッジが固定されているため、「最初から25倍のレバレッジで取引を行うのは不安だ」という方や「初心者で資金が少ない」という方には、実際の取引を行う前にデモトレードを活用してみることもオススメします。取引の流れも掴めますし、レバレッジが25倍の取引というのが資金に対してどのように利益や損失を生むのかなども実際の取引を行う前に知っておくと安心です。

また、少ない資金でも始められるからと、一攫千金を目指すように安易に取引をおこなってしまうと大きな損失を被ることになりかねません。そのメリットやデメリットについてきちんと理解し、自分の資金や取引スタイルを考慮しながら無理のない取引が行えるように心がけましょう。

FXTFのおすすめポイント

  • MT4を利用して取引ができる!
  • 国内ナンバーワン最狭スプレッド!
  • 1,000通貨単位の少額取引もできる!
  • 100%信託保存が導入され、安心して取引ができる!
  • 充実したサポート体制で初心者にもおすすめ!

FXTF口座は初級者から上級者まで幅広い層におすすめでできます!

こんな方におすすめ

  • FXが初めての方
  • MT4を利用して取引をしたい方
  • 様々な取引ツールを無料で利用されたい方
  • 各種取引手数料を抑えたい方

FXTFは、口座開設から最短翌日でお取引が可能になります。

【無料】FXTF口座開設はこちらから!

-FXTF, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.