新着記事

FXTF FX口座

FXTFのロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

FXを始めるにはどれぐらいの資金が必要なのかご存じですか?
「少ない資金でも始められる!」という広告を見たことや聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。でも実際にどれぐらい必要なのかよくわかりませんよね。

それを知るうえで知っておきたいのが「ロット」という言葉です。FXに興味がある方だと、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では「ロット」とは何のことなのかを踏まえて、FXTFのロットについても解説していきます。



ロットの基礎知識

ロットについて

ロット(lot)とは単位やまとまりを意味する言葉で、FXにおいては取引単位のことを言います。FX取引を行う際には、基本的にロットごとの取引を行うことになっています。FX会社によって1ロットが何通貨なのかが定められていますが、一般的には1ロット=10,000通貨としているところが多いです。

「通貨」ではなく「ロット」を取引単位として用いる理由は、FXでは大きなお金を動かすので、通貨単位だと桁数が多くなってしまい、注文の入力を行う際などにミスが生じやすくなります。そのため、10,000通貨を1ロットとまとめて表記することでなるべくミスを減らし、わかりやすく表記することができます。

ロットと最小取引単位はイコールではない!

最小取引単位とは、その名の通り取引を行う際の最小の取引単位のことを言います。この最小取引単位もFX会社によってそれぞれ異なるので、取引を行う前に必ず確認しておく必要があります。また、ロットと最小取引単位はそれぞれFX会社によって定められていますが、この二つは必ずしもイコールであるとは限りません。最小取引単位が何ロットなのかをきちんと確認しておかなければ、注文の際に入力ミスをしてしまう可能性があるので注意しましょう。

FXTFのおすすめポイント

  • MT4を利用して取引ができる!
  • 国内ナンバーワン最狭スプレッド!
  • 1,000通貨単位の少額取引もできる!

FXTFは、口座開設から最短翌日でお取引が可能になります。



FXTFの最大ロットと最小ロット

FXTFの最大ロット

最大ロットとは、一度に注文できる最大数量のことです。下限だけでなく上限も定められているので、最小数量以上であればいくらでも注文できるというわけではありません。この最大注文数量もFX会社によって定められています。

最大ロットについてですが、まずFXTFでは1ロットが10万通貨に設定されています。そして、標準コースで10ロットが最大ロットとなっており、通貨数量にして100万通貨が一度に注文できる最大数量です。(ストリーミングコースで1ロットが1万通貨に設定されており、300ロット=300万通貨が最大ロットに設定されていますが、このストリーミングコースは現在、新規申込等は終了しています。)

また、一度の注文数量だけでなく保有できる建玉にも上限が定められており、FXTFでは20億円相当額が上限値となっています。例えば1ドルが120円のとき、1650万通貨が上限です。

FXTFの最小ロット

最小ロットとは、一度に注文できる最小数量のことです。FXTFでは0.01ロットが最小ロットとなっており、通貨数量にして1,000通貨から注文が可能です。また、0.15ロットなどの端数でも注文が可能です。(ストリーミングコースでは前述の通り、1ロットが1万通貨に設定されており、最小ロットも1万通貨となっています。)

一般的に1万通貨が最小の注文数量に設定されているFX会社も多いですが、FXTFでは1,000通貨から注文が可能なのでより少ない資金で始められるのはメリットと言えそうです。しかし、少ない資金で始められるからとはいっても証拠金にあまり余裕がないと、ロスカットが行われる可能性も高くなってくるので、余裕を持った取引を心がけることが重要です。



実際に必要となる資金は?

それでは取引を始めるときに必要となる資金は、実際のところいくらぐらいなのでしょうか?それを知る前にまず知っておくべきことがいくつかありますのでそちらについて解説していきます。

必要証拠金について

取引を行う前には、注文を行うための資金となる証拠金を取引口座に預け入れる必要があります。これは言わば、担保のようなものです。そして必要証拠金」というのは、注文を行う際にその取引額に比例して必要となる証拠金のことを言います。

また、言葉が似ている「有効証拠金」というものもあります。この有効証拠金とは、口座の残高に保有しているポジションの損益とスワップポイントの損益を加減したもののことを言います。

上記の二つを用いて求められるのが「証拠金維持率」というものです。証拠金維持率とは有効証拠金に対して必要証拠金が占めている割合のことを言います。計算式は「有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率」となっています。この証拠金維持率は次にご説明するロスカットに大きく関係しています。

ロスカットについて

ロスカットとは、保有しているポジションに一定の損失が生じた際に、それ以上の損失の拡大を防ぐために強制的に保有ポジションの決済が行われるシステムのことです。ロスカットが行われる基準はFX会社によって定められており、証拠金維持率がロスカット基準を下回るとロスカットが行われるようになっています。

そのため証拠金維持率がどの程度の水準にあるかというのはロスカットと非常に大きく関係しており、注意しておくべきポイントの一つです。長期運用を目的としており、ある程度の含み損なら様子を見ておきたいという方などは、ロスカットが行われにくくするために証拠金を多めに入金しておいたり、経済指標の発表前などは念のため事前に証拠金を追加で入金しておくようにするなどして、証拠金に余裕を持たせておくと安心です。

レバレッジについて

FXでは一般的にレバレッジという仕組みを利用して取引を行います。レバレッジとは、「てこの原理」を意味する言葉で、少ない資金でも大きなお金を動かせる仕組みのことです。このレバレッジが1倍の場合には、100万円分の注文をするのに100万円の資金が必要となりますが、レバレッジを25倍にすると、100万円分の注文をするのに必要な資金は4万円となります。

上記のように、レバレッジをかけると自分の資金以上の取引ができることがレバレッジのメリットと言えます。反対に言えば、リスクもその分比例して大きくなるのでメリットだけではありません。レバレッジを利用した取引を行う際はリスクについてもきちんと理解したうえで利用するようにしましょう。

FXTFでの取引における必要証拠金

FXTFのレバレッジは30通貨ペアのうちの27通貨ペアが25倍に設定されており、変更することはできません。トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円の3通貨についてはほかの通貨ペアの半分となる12.5倍のレバレッジが設定されています。実際に必要となる証拠金はいくらなのか見ていきましょう。

米ドル/円の取引の場合

1ドルが100円の場合に0.01ロット(1,000ドル)の注文をするのに必要となる証拠金は4,000円です。

メキシコペソ/円の取引の場合

1ペソが5円の場合に0.01ロット(1,000ペソ)の注文をするのに必要となる証拠金は400円です。(レバレッジは12.5倍)

最もポピュラーな通貨ペアである米ドル/円の取引を行う場合には、1ドルが120円まで上がっても5,000円以下から始めることができます。また、メキシコペソのように価格の小さい通貨の場合には、レバレッジの倍率こそ変わりますがたった400円から始めることができますし、FXを始めるハードルが下がったように感じる方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

しかし前述の通り、証拠金に余裕がないと急な相場変動が起きた際などにロスカットが行われる可能性が非常に高くなるため、少ない資金で始める場合にも証拠金には余裕を持たせておくようにしましょう。

まとめ

FXにおける「ロット」というものがどういったものなのかわかっていただけましたでしょうか?1ロットが何通貨なのかや、最大・最小ロットなどはFX会社によって違う場合も多々あるので、口座開設や取引を行う前には必ず確認するようにしましょう。

FXTFでは1,000通貨から注文ができるため、より少ない資金で始めることができますし非常にオススメです。ですが、少ない資金で始められるといっても必要証拠金だけあれば取引ができるというわけでもありません。無理のない範囲で取引をおこなっていけるようにするためにも、証拠金維持率には常に注意しておき資金に余裕のある取引を心がけましょう。

FXTFのおすすめポイント

  • MT4を利用して取引ができる!
  • 国内ナンバーワン最狭スプレッド!
  • 1,000通貨単位の少額取引もできる!
  • 100%信託保存が導入され、安心して取引ができる!
  • 充実したサポート体制で初心者にもおすすめ!

FXTF口座は初級者から上級者まで幅広い層におすすめでできます!

こんな方におすすめ

  • FXが初めての方
  • MT4を利用して取引をしたい方
  • 様々な取引ツールを無料で利用されたい方
  • 各種取引手数料を抑えたい方

FXTFは、口座開設から最短翌日でお取引が可能になります。

【無料】FXTF口座開設はこちらから!

-FXTF, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.