新着記事

FX口座 上田ハーローFX

上田ハーローFXのデモ・バーチャル口座の使い方・やり方

はてな

「デモトレードを使うメリットとデメリットって何があるの?」

「上田ハーローFXのデモトレードはどうやって使えばいいの?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、以下の内容について解説していきます。

ポイント

  • デモトレードとは
  • デモトレードのメリット
  • デモトレードのデメリット
  • 上田ハーローFXのデモトレードを始める方法
  • 上田ハーローFXのデモ取引システムの使い方
  • 上田ハーローFXのデモ取引システムの注意点

上田ハーローFXでは、仮想の資金として300万円を使ってデモトレードを利用することが可能です。デモトレードは、無料でノーリスクなのでFXの練習に非常に最適です。実際の取引と同じシステムなので、実践することで本番にとても役立ちます。上田ハーローFXのデモトレードは、パソコンとスマホの両方どちらでも利用できます

デモトレードのメリットやデメリットと、取引システムの始め方や使い方を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

デモトレードとは

デモトレードは、実際のお金を使わずに本物の取引システムを試すことができます。デモトレードで何度失敗しても、損することはないのでリスクがありません。実際の取引を体験できるので、FXの練習として非常に効果的です。

しかし、実際のお金を使わないことで、逆にデメリットになることがあります。次に解説するデモトレードの、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

デモトレードのメリット

ポイント

  • 失敗しても損することがない
  • 市場や相場がどう動くかイメージをつかめる
  • 取引システムの使い方や注文方法を覚えることができる

上記について、詳しく解説していきます。

失敗しても損することがない

デモトレードはすべて無料で、自分のお金を1円も使いません。仮想の資金を使うためノーリスクで取引ができます。初心者のうちは単純なミスや失敗が多いものです。本番で失敗ばかりしていたら資金はどんどん減ってしまいます

FXで継続して利益を出すためには、チャートを分析してルールや手法を検証していくことが大切です。検証しているうちに、資金が底をついてしまっては元も子もありません。デモトレードなら、失敗を恐れず試したいことを試せます。

失敗しても金銭的に損することがないのは、大きなメリットと言えるでしょう。

市場や相場がどう動くかイメージをつかめる

為替市場や相場には、一定の流れや決まりごとがあります。デモトレードで、実際に体験することでイメージをつかむことができます

FXには、取引が活発な時間帯や取引を控えたほうが良いタイミングなどがあります。活発といっても、どの程度の値動きがあるのかピンとこないのではないでしょうか?実践に勝る学習法はないと断言できます。つまり、実際に体験したほうが早いのです。

そのほかにも、災害や重要なイベントがあるときは、相場が急変する可能性があるので一般的には取引を控えます。そのような場合に、ヘタに手を出して失敗したとしてもデモトレードなら実際の損失は出ません。

デモトレードで、前もって市場や相場の動きを体験できることは大きなメリットといえます。

取引システムの使い方や注文方法を覚えることができる

FXの取引システムは、初めて見るとボタンがたくさんあって難しく感じると思います。そのため、慣れないうちは間違いが原因で、損失を出してしまうことも少なくありません。

無料のデモトレードでも、本物と同じ取引システムで実際と同じ為替レートで利用できます。少しややこしい取引システムに慣れておくことは、非常に有効な練習方法です。

取引システムには、いろいろな注文方法があります。指定したレートで注文できる指値注文などがありますが、最初のうちは注文方法の認識が間違っていたり、取引数量を勘違いして失敗してしまうことも少なくないかもしれません。

そのほかにも、取引システムに慣れていないがために、もたもたしているうちにエントリータイミングをのがしてしまったり、損失を出してしまうことも考えられます。

最初のうちは、慣れていないので失敗したり、もたついてしまうのは仕方のないことです。しかし、単純なミスで大切な資金を失うわけにはいきません。そのため、デモトレードで本物と同じ取引システムで練習できるのは、とても大きなメリットと言えるでしょう。

デモトレードのデメリット

ポイント

  • 利益がないので楽しくない
  • 実際の心理状況は体験できない
  • 簡単に勝てると勘違いしてしまう可能性がある

上記について詳しく解説していきます。

利益がないので楽しくない

デモトレードは仮想の資金を使うため、損をすることはありませんが利益を得ることもありません。利益を得たときの喜びがないため、続けるのが面倒になる可能性があります
トレードスタイルにもよりますが、長時間トレードすることは思っているより疲れます。

人は楽しいと思えないものに、時間を費やすことはつまらなく感じて継続できないものです。いくら練習のためとはいえ、利益が出ないので飽きてしまう可能性があります。

対策として、操作に慣れたら少額でFXを始めることをおすすめします。実際にお金をかけて本番を経験すると、考え方や視野が変わってくるのです。

たとえばスポーツの場合、大会本番で負けても、次に勝つためには練習するしかないと考えると思います。FXもそれと同様に、本番でなぜ勝てなかったのかを練習で分析することが、継続して利益を出すためにとても役に立ちます。

デモトレードは初めて使うと、すぐに飽きてしまうかもしれません。しかし、FXを少額で実践してからデモトレードを使うと、本当の価値を再確認できることでしょう

実際の心理状況は体験できない

デモトレードの場合、利益を出したときの高揚感や、損失を出したときの絶望感を感じることはできません。そのため、デモトレードでできていたことが、できない可能性があるのです

お金を失う恐怖で冷静さを失い、人はときにパニックになってしまいます。焦りから間違いを起こし、負の連鎖を引き起こしてしまうのです。デモトレードでは、恐怖心がないので冷静に判断できます。

心理状況においては、デモトレードはまったくの別物になってしまいます。デモトレードで決めたルールで結果を出せていたのに、本番で予想外のことが続くと疑心暗鬼になります。資金を失う恐怖から、気付けばルールを無視してしまい、取り返したい欲とお金を失う恐怖で、損切りできずに損失を大きくしてしまうのです。

このようなことから、実際の心理状況と異なる点は、デメリットと言えるでしょう。対応策は、自分が恐怖や欲望に飲まれない金額から慣らしていくしかないと考えます。

簡単に勝てると勘違いしてしまう可能性がある

デモトレードは、損失を出しても痛くもかゆくもないため、大胆な取引をしてしまうことがあります。ほぼ最大の高いレバレッジをかけて、すぐに数万円の利益が出ると簡単に勝てると勘違いしてしまう可能性があるのです

たとえば、仮想の資金が300万円あるとして、最大レバレッジが25倍だと米ドルは約70万通貨の取引ができます。0.01円の値動きだけで7千円動くので、数万円は簡単に動きます。まぐれで数万円の利益が何度も出ることだってあるでしょう。

自分の予想があたったと自信がつき、レバレッジをかければ簡単に勝てると勘違いしてしまいます。本番のFXでレバレッジをかけすぎてしまい、ロスカットによって資産を失ってしまう可能性が高くなることは非常に危険です。

何度か自分の思い通りにチャートが動いたからといって、分析や検証によって裏付けされていなければ、継続して利益を出し続けることは難しいでしょう。安易にリスクの大きい取引をするのは危険なので、本番と同様のリスク管理を想定して、デモトレードを利用することが大切です

上田ハーローFXのデモトレードを始める方法

上田ハーローFXの、デモトレードを始めるのはとても簡単で、登録に必要なものはメールアドレスだけです。フリーメールでも問題ありませんがhotmail、livejp、infoseekは、メールが届かない場合があるようなので、別のメールアドレスを使いましょう。

まずは、上田ハーローFXの公式サイトから「取引システム」のなかにある「デモトレードのご案内」をクリックします。

上記の申し込みフォームに、氏名・性別・生年月日・メールアドレスを入力します。入力したら「確認画面へ」のボタンを押して次にすすみ、内容に間違いがなければ「この内容で申込む」のボタンをクリックしましょう。

上田ハーローFXからメールが届き、ユーザーIDとパスワードを取得できます。このメールにデモ取引システムのURLが記載されています。

上田ハーローFXのデモ取引システムの使い方

上田ハーローFXから、届いたメールに記載されているURLへとすすみ、取引システムにログインしましょう

ポイント

  • 通貨ペアの見方
  • 取引方法
  • 口座状況を確認する
  • 取引支援システム「テクる」を使う

上記の内容について詳しく解説していきます。

通貨ペアの見方

上田ハーローFXは25種類の通貨ペアがあり、取引システムでは通貨は一般的に英字3文字で表記されています。どれがポンドで、どれが南アフリカランドの通貨なのかなど、最初は混乱するかもしれません。

上田ハーローFXの、通貨一覧は以下のとおりです。

JPY 日本円
USD 米ドル
EUR ユーロ
GBP ポンド
AUD 豪ドル
NZD NZドル
CAD カナダドル
ZAR 南アフリカランド
NOK ノルウェークローネ
MXN メキシコペソ
HKD 香港ドル
SGD シンガポールドル
CNH オフショア人民元
CHF スイスフラン
TRY トルコリラ

取引方法

取引方法は「新規成行」「スピード注文」「指値」「OCO」を選択し、取引したい通貨を選んで取引金額を入力します。

「新規成行」と「スピード注文」では、Bid(売)かAsk(買)のボタンをクリックすると新規で注文することができます。注文したポジションを決済したい場合は、ポジション一覧から決済が可能です。

「指値」と「OCO」では、指定したレートで予約のような注文ができます。間違ってしまったり、必要がなければ注文一覧から取り消すことができます。注文が約定されてから取り消すことはできないので注意が必要です。

口座状況を確認する

口座状況を確認する場合は、最上段にある「口座」をクリックすると口座状況を見ることができます。

上の図のように、有効保証金やレバレッジの倍率などは、こちらで確認することが可能です。ロスカットの基準となる日次維持率と常時維持率に気を付けながら、ロスカットの発動に注意しましょう

取引支援システム「テクる」を使う

上田ハーローFXの独自システムである「テクる」とは、テクニカル指標をベースにした取引支援システムのことです。テクニカル分析をもとに、エントリー・リミット・ストップの各値が注文ボタンを押すだけで自動でセットできます。自動売買とは異なり、IFO注文のサポートツールとして役立ちます。

上の図が「テクる」の注文画面です。最上段の「MFX」をクリックすると表示されます。

使い方は、まず通貨ペアと取引金額とエントリー方法を指定します。為替レートが自動的に計算されて表示されるので、調整したければ変更することが可能です。最後に注文確認画面へのボタンから注文することができます。

テクニカル上の重要ポイントとなる為替レートで、IFO注文が簡単にできるのでとても便利です。

上田ハーローFXのデモ取引システムの注意点

  • デモトレードの有効期間が1ヶ月しかない
  • 法人口座のデモトレードはない
  • デモ口座のIDとパスワードの発行は、取引時間外だと翌営業日になる

上田ハーローFXの、デモ取引システムの注意点は上記のとおりです。

デモトレードは有効期限があり、1ヶ月しか使えません。法人口座のデモトレードはないので、法人口座で検討している場合は、個人口座とレバレッジ倍率が異なるため、注意が必要です。

土日などの取引時間外に、デモ口座の申し込みをしてもすぐ始めることはできません。そもそも実際の取引システムと同様に、土日などの取引できない時間はデモトレードも使えないので注意しましょう。

上田ハーローFXのデモ取引システムのまとめ

ポイント

  • デモトレードのメリット・デメリット
  • デモトレードを始める方法
  • デモ取引システムの使い方
  • デモ取引システムの注意点

上記について解説してきました。

デモトレードは無料で利用できて、リスクがないのでFXの練習にとても役立ちます。自分の資金を使わないので失敗しても損することがありません。そして、ノーリスクで市場や相場がどう動くかイメージをつかむことができます。

上田ハーローFXの取引システムは本物と同じなので、自分のお金でFXを始める前に取引システムの使い方や注文方法を覚えることができます。

練習としてはとても有効ですが、実際の心理状況を体験することはできません。自分のお金を使ったときに、欲が出てしまったり損失を出す恐怖から、自分で決めたルールを破ってしまう危険性があります。

そのため、デモトレードである程度操作に慣れたら、少額でFXを始めることをおすすめします。上田ハーローFXなら1,000通貨から取引が可能なので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

-FX口座, 上田ハーローFX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.