新着記事

FXコラム FX口座

FX税金のすべて!確定申告時の注意点・税率などについて徹底解説

FXで利益を出せるようになると、気になってくるのが税金ですよね。税金の支払いを行うときには確定申告が必要です。

FXの利益がいくら出ると確定申告しなければならないのか気になる方もいらっしゃると思います。

また、収入額によって扶養から外れてしまうのでは?と心配している方もいらっしゃると思います。

この記事では、確定申告しなければならないケースと、収入額によって扶養から外れてしまう壁についての解説をしていきます。

さらに、税金を抑えるための節税対策についても触れていきますので、FX取引を行っている方や副業を行っている方などに見ていただけたらと思います。

FXでかかる税金は20.315%

FXで出た利益にかかる税率は20.315%です。この内訳は「所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%」です。

復興特別所得税は東日本大震災の復興のための財源として、2013年1月1日~2037年12月31日までの25年間課税されます。

所得は税法上10種類に分類され、「利子所得」「配当所得」「不動産所得」「事業所得」「給与所得」「退職所得」「山林所得」「譲渡所得」「一時所得」以上のいずれにも該当しないものを「雑所得」としています。

FXで得た売却益やスワップポイントで得た利益は「雑所得」のうちの「先物取引に係る雑所得等」に分類されます。

また、FXで得た売却益やスワップポイントで得た利益は、他の雑所得とは別で税額が計算される告分離課税の対象なっています。

確定申告では1月1日~12月31日までの1年間で得た所得にかかる税金を計算し、原則、翌年の2月16日~3月15日までに税務署に申告します。

しかし、2020年の確定申告申請期間はコロナウイルスの影響で2020年4月17日以降も申告ができることを国税庁が発表しています。

では、FXでどのくらいの利益がでたら、確定申告が必要なのでしょうか?次はFXで利益が出た場合の確定申告について解説していきます。

FXでの利益がどのくらい出たら確定申告が必要なの?

FXでの利益がどのくらい出たら確定申告が必要なのかは、その人の状況によって違ってきます。この記事では、会社員の方や、専業主婦の方でアルバイトなどをしている場合としていない場合をそれぞれ見ていきます。

会社員の方

給与所得が年間2000万円以下の会社員で、給与所得、退職所得以外の収入がFXの利益と合わせて20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。ただし、住民税の申告は別途行う必要があります。

したがって、FXの利益が20万円をこえる場合はもちろんのこと、FXでの利益が20万円以下の場合でも、その他の副収入との合計額が20万円を超えるときは、確定申告の必要があります。

確定申告時の注意点

また、会社にFXなどの副収入があることを知られたくない場合は、確定申告の際に住民税の支払いを「自分で納付(普通徴収)」にする必要があります。

専業主婦(被扶養者)で、アルバイト等をしていない方

専業主婦の方で、アルバイトをしていない場合はFXの利益が基礎控除額の48万円以下であれば、確定申告の必要はありません。2019年分の確定申告までは38万円以下でしたが、2020年分から48万円以下になります。

専業主婦(被扶養者)で、アルバイト等をしている方

専業主婦の方で、アルバイトをしている場合は、そのアルバイトの収入額によって変わります。

アルバイト収入が55万円以下であれば、給与所得控除により55万円が差し引かれます。したがって、給与所得はゼロとなり、FXなどの利益が48万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

アルバイト収入が55万円を超える場合は、給与所得者と同様にFXの利益と副収入の合計額が20万円を超えるのかどうかが判断基準になります。

なお、給与所得控除は2019年までは65万円でしたが、2020年以降は55万円となります。

稼ぎすぎによる注意点

FXで利益を得ることは非常に嬉しいことですが、稼ぎすぎにも注意が必要な場合があります。なぜなら、収入による壁が存在しているからです。その壁を超えるほど稼ぐと逆に損をしてしまう場合もあります。以下では金額ごとの壁を解説していきます。

103万円は自分の所得税がかかるかどうかの壁

103万円の壁の内訳は、55万円(給与所得控除)+48万円(基礎控除)=103万円です。これがいわゆる103万円の壁というものです。

つまり、この金額の壁を超えてしまうと所得税がかかってしまうというラインになります。これは所得税法上の壁のことであり、なおかつ、ご自分の所得税の課税ラインになります。

150万円は配偶者控除が満額受けられるかどうかの壁

150万円の壁とは配偶者控除が満額受けられるかどうかの年収の壁となっています。ちなみに、配偶者控除の38万円は夫の所得税課税対象から控除される額のことです。

もし、150万円を超える収入があったとしても、配偶者特別控除があるので150万円超201万円までは夫の収入や妻の収入により段階的に控除が受けられます。

106万円、130万円は社会保険上の扶養に入っていられるかどうかの壁

前述の所得税法の壁とは別に社会保険上の壁があります。社会保険上の扶養に入っていられるかどうかの壁として106万円と130万円が存在しています。

年収106万円以上の方は、以下の加入条件を満たす場合、勤務先の社会保険への加入義務が出てきます。

加入条件

  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 賃金月額が88,000円以上
  • 正社員が501人以上
  • 雇用期間が1年以上
  • 学生ではないこと

また、年収が130万円以上の場合は夫の社会保険の扶養から外れるので、自ら社会保険に加入しなければなりません。

専業主婦の方でトレードをしながらアルバイトを考えている方、もしくは現在アルバイトをしている方は前述の壁に注意しながら働き方とトレードの利益計画を立てるようにしてください。

無計画に稼いでも、逆に出費が増えてトータルでは損をした、なんてことにもなりかねません。ご自分に有利な範囲内で稼ぐことも重要です。

そして、稼いだ後は税金を納めなければなりません。しかし、本音を言えば少しでも税金は抑えたいものです。次はFXにおける節税対策を見ていきましょう。

FXの節税対策とは?

節税対策と聞くと、なんだか仰々しいですよね。しかし、どれも簡単にできるものですので、安心してください。

あともう少し利益額を減らすことができれば、103万円の壁を越えないで済むような場合など、少しだけ節税を行うことで、大きく税額が変わってくることもあります。ですので、いろいろと対策を知っていることで、お得になる場合もあります。

経費を計上する

FXの利益は全額が課税対象となるのではなく、経費を差し引くことが認められています。経費として認められるものについては、明確な規定はありません。ですので、「FX取引で利益を得るために直接使った費用」が経費として認められやすいと考えられています。利益額から経費を差し引くことで、課税対象額を抑えることができます。

損益を通算させる

年間取引で利益が発生した場合でも、他の取引で発生した損失と損益通算することで、利益額を減額することが可能です。

例えば、FXの取引をしているA会社で50万円の利益が出ていて、先物取引をしているB会社で-50万円の損失が発生していたとします。このような場合に、A会社の50万円の利益とB会社の-50万円の損失を損益通算することにより課税対象額をゼロにすることができます。

しかし、仮想通貨や海外FX業者の口座との損益通算はできないので注意が必要です。

損失は繰越しよう

最終損益がマイナスになった場合は、その損失を繰り越すことができます。

例えば、今年-100万円の損失が出たとします。損失の繰り越しをしておけば、次の年に50万円の利益が出たとしても、損益通算を行うことで-50万円の損失となります。したがって、課税対象額はゼロになります。

残った損失の-50万円分は、さらに2年間繰り越すことができます。つまり損失は発生した年以降3年間にわたり繰り越して損益通算することができるのです。ただし、損失を繰り越すには確定申告をする必要があります。

損失を確定させる

含み損が発生しているポジションを損切りすることで、損失が確定します。もし、利益が出ていたとしても、確定させた損失と相殺することで、その利益額を減額することができます。

例えば、100万円の利益が出ている状態で、現在保有しているポジションの含み損が-50万円出ているとします。

この時に含み損が出ているポジションの損切りをして、-50万円の損失を確定させます。確定させた損失と利益を相殺することで、利益額を50万円に減額することができます。利益額を50万円に減額することで節税ができます。

もし、損失を確定させた銘柄が、将来的に思惑通りに動きそうだと思っているのであれば、再度その銘柄を持つこともできます。

以上のように利益額を減らすことで、節税対策ができます。節税対策を上手に使い、課税対象額を抑えた金額の把握ができていれば、後は確定申告書に記入していくだけです。次は確定申告を手軽に行える方法を見ていきましょう。

確定申告をするには?

確定申告って面倒な書類を書いたり、申告するために税務署に行って並んだりと、なんだか想像するだけでも気が引けてきますよね。しかし、最近では作成から申告まで簡単に行えるようになっています。

国税庁のホームページで確定申告書を作成し、e-Taxを使えば手軽に手続きできる

国税庁のホームーページ内の「確定申告書作成コーナー」で必要事項の入力を行えば、確定申告書の作成は簡単にできます。

作成した書類はプリントアウトすることによって、そのまま確定申告書として使用することができます。

また、「e-Tax」を利用すれば、ネット上で作成した確定申告書をそのまま税務署に送信し、確定申告手続きを行うことができるのです。

「e-Tax」とは、公的個人認証サービスを利用し、国税に関する申告や納税などの手続きを行う電子申請サービスのことです。このようなサービスを利用することで、確定申告も簡単にできると思います。

まとめ

FXでは一定以上の利益を出すと、税率が20.315%かかります。また、収入額に応じて扶養から外れてしまう壁がいくつか存在しています。

特に社会保険の扶養から外れてしまう130万円の壁には要注意です。なぜなら、社会保険の扶養から外れてしまえば、自身で保険料や年金を負担しなくてはならなくなる場合が出てくるからです。

ですので、アルバイトの収入やFXの利益額の調整は計画的に行いましょう。その際に役に立つのが節税対策です。適切な節税を行うことで、効果的に税金の減額が可能です。

また、確定申告をするときはネットを利用することで簡単に書類作成ができ、e-Taxを利用すれば、より手軽に確定申告を行えます。

-FXコラム, FX口座

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.