新着記事

FX口座 インヴァスト証券

インヴァスト証券のロットの全て!最大・最小ロットは何通貨?取引の最低証拠金はいくら必要?

  • ロットって何?
  • 取引するときの最低証拠金はいくら必要?
  • インヴァスト証券の最大・最小ロットはどのくらい?

などの疑問はありませんか?この記事では、以下のことを解説しています。

  • ロットや通貨とは
  • いくらから取引ができるのか
  • インヴァスト証券の最大ロットと最小ロット
  • ロットサイズとトレードスタイル

ロットについて知りたい方、インヴァスト証券の最大ロット・最小ロットを押さえておきたい方、どのくらいのロットで取引すればいいのか知りたい方に読んでいただけたらと思います。

Lot(ロット)通貨とは

まず通貨とは、FX取引を行う時に使う単位のことです。

例えば、ドル円が1ドル=100円の時に1,000通貨買おうとすれば、100円×1,000通貨=10万円が必要になります。

このように「通貨」とは、取引を行う際の通貨量の大きさを表すときに使われる単位です。

次に、ロットとは取引を行う時のまとまりのことで、1ロットを10,000通貨や1,000通貨に設定しているFX会社が多く存在しています。

売買単位が違えば、ロットあたりの取引金額に違いが生じます。

1ロットの取引を行う場合に、1ロットを10,000通貨に設定していA会社と、1ロットを1,000通貨に設定しているB会社では、取引額に10倍の差が出てしまいます。

例えば、ドル円を1ドル=100円としたときに、

  • A会社での1ロット取引では、100円×1ロット(10,000通貨)=100万円
  • B会社での1ロット取引では、100円×1ロット(1,000通貨)=10万円

A会社とB会社では、同じ1ロット取引であったとしても、取引額には10倍の差が出ることになります。

ですので、取引を行うFX会社の1ロットが何通貨として設定されているのかを、把握することはとても大切です。

では、ロットや通貨のことはわかったけど、実際に取引する際に、いくらい必要なのかなどの疑問が生じてくると思います。

そこで、次はFXを行うための資金量について見ていきましょう。

その際にレバレッジという仕組みも解説するので、合わせて理解していただけたらと思います。

いくらから取引ができるのか?

結論から書くと、レバレッジ25倍で10,000通貨買うには、4万円の資金で取引することができます。

以下では順を追って解説していきます。

まず、FX取引を行う場合には、証拠金を預け入れなければなりません。

例えば、ドル円が1ドル=100円の時にドル円を10,000通貨買おうとすれば、通常なら100円×10,000通貨=100万円の資金を用意しなければなりません。

しかし、FXではレバレッジという仕組みを利用し、自己資金の数倍の取引を行うことができます。

先ほどのドル円を10,000通貨買うには、通常であれば100万円の資金が必要ですが、レバレッジを10倍使うことで、100万円÷10倍=10万円の資金でドル円を買うことができます。

このように、レバレッジを使って取引を行えば、必要な資金量を抑えることができます。

この必要な資金のことを証拠金と言います。

では、いくらくらいの証拠金を用意すれば取引できるのでしょうか。

前述した条件のもと、ドル円を10,000通貨買おうとすれば、100万円の資金が必要です。

しかし、レバレッジを使うことで必要な資金量を抑えることができます。

一番少ない証拠金額で取引するには、レバレッジを最大までかけることになります。

日本国内で取引するときに、かけられるレバレッジの最大値は25倍です。

ですから、25倍のレバレッジでドル円を10,000通貨買おうとすれば、100万円÷25倍=4万円、最低証拠金額は4万円となります。

しかし、4万円というのは最低取引単位が10,000通貨の場合であって、1,000通貨のFX会社では100円×1,000通貨=10万円÷25倍=4,000円になります。

レバレッジを使うことで、少額の資金でも大きな取引額でトレードができる、ということがわかりました。

大きな取引額でトレードするということは、大きな利益が期待できる反面、大きな損失も出る可能性があります。

トレードにおいて、利益は値動きに任せるしかありませんが、損失額を決定するのは自分の裁量次第なので、損失は自分でコントロールできる要素と言うことができます。

ですので、レバレッジを使う時には、利益よりも損失から考えて使うことをおすすめします。

では次に、インヴァスト証券の最大ロットと最小ロットを見ていきましょう。

インヴァスト証券の最大ロットと最小ロット

インヴァスト証券のロットサイズは各サービスによって変わってくるので、表にまとめています。

トライオートFX
トライオートETF シストレ24
最大ロット マニュアル注文 自動売買注文 マニュアル注文 自動売買注文 100万通貨
1,000万通貨(ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル)
200万通貨
銘柄によって異なります。
100万通貨(その他通貨ペア)
最小ロット 1,000通貨(南アランド/円のみ10,000通貨単位) 1,000通貨(南アランド/円のみ10,000通貨単位) 10口(TOPIX連動ETFは100口) 1口 5,000通貨

トライオートFX、トライオートETFでは、注文方法がマニュアル注文と自動売買注文の2種類がありあます。

マニュアル注文と自動売買注文では、取引数量が変わってくるのでご注意ください。

また、ETFの取引額はETFの価格×口数=取引額になります。

シストレ24では、最低ロットが5,000通貨となっていて、トライオートFXの自動売買注文では1,000通貨となっていますので、注意が必要です。

ロットサイズとトレードスタイル

自分の取引にあったロットサイズを知るためにも、現在の取引スタイルを把握する必要があります。

取引スタイルは、ポジションの保有時間によって以下の4つに別れます。

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

1つずつ解説していきます。

スキャルピングトレード

スキャルピングトレードは超短期取引のことを指し、ポジションの保有時間は数秒~数十秒と非常に短い取引スタイルです。

小さな値幅を何回も取ることで、トータルでの利益を狙います。

利幅が小さくなるので、1回のトレード効率を高めるためにも、ロットを大きくします。

デイトレード

デイトレードでは、スキャルピングトレードよりも保有時間は長くなり、数分~数時間で、ほとんどの場合その日のうちに決済を行います。

保有時間が長くなる分、スキャルピングトレードよりも、利益を伸ばしやすくなりますので、ロットはスキャルピングトレードよりも減らします。

スイングトレード

スイングトレードは数日から数週間と一気に保有時間が長くなり、大きな利益が期待できる一方で損失額も大きくなります。

ですので、値動きに左右されるリスクも大きくなってしまいます。

スキャルピングトレードやデイトレードなどの、短期取引に比べてロットサイズは小さくします。

ロットサイズが小さくても利幅が大きいので、大きな利益額が見込まれます。

ポジショントレード

ポジショントレードは数週間から数ヶ月保有する長期トレードです。

大きな利益とスワップポイントも狙える一方で、損失額も大きくなります。

スイングトレードよりも、値動きに左右されるリスクが大きくなります。

ですので、短期的な値動きでロスカットにならないように、ロットサイズ、レバレッジともに小さくして運用を行います。

ロットサイズを小さくしても、勝つときには大きく勝てる投資スタイルといえます。

以上をまとめると、保有時間が短いほど、値幅は小さくなるので、ロットサイズを大きくして少しでも利益額を大きくします。

一方で値幅が大きくなれば、ロットが小さくても、大きな利益額が狙えます。しかし、値動きによるリスクを大きく受けることになります。

このように、取引スタイルによって狙える値幅が変わってくるので、ロットサイズを調整することでリスクとリターンの調整も行います。

ご自分の取引スタイルを4つの中から把握し、取引スタイルの特徴からロット調整を行います。

投資スタイルとロットサイズの関係は、自動売買プログラム選択の際にも参考になると思います。

インヴァスト証券のロットまとめ

ロットについて解説してきました。

ロットは取引を行う際の「まとまり」のことで、取引量の把握のためにも、理解しておかなければならない要素です。

また、取引量と資金量の関係の把握には、レバレッジについての理解も欠かせません。

レバレッジはFXトレードをより魅力的なものにしてくれる一方で、過剰なリスクにもつながる要素なので、注意をしながら使うことをおすすめします。

次に、インヴァスト証券のロット解説を行いました。

自動売買であっても、ロットを調整することは重要です。

少額で取引を開始しようとしている方は、最低取引単位を参考にしてください。

そして最後に、取引スタイルに合ったロットというものを、大まかに解説させていただきました。

以上を参考に、ご自分にあったロットサイズでリスクとリターンの調整を行いトレードしていただけたらと思います。

-FX口座, インヴァスト証券

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.