新着記事

FX口座 上田ハーローFX

上田ハーローFXのレバレッジのルールと変更・設定方法!最大レバレッジは何倍?

はてな

「上田ハーローFXのレバレッジの倍率は、どうやって設定するの?」

「上田ハーローFXの最大レバレッジは何倍なの?」

そんな疑問にお答えします。

この記事では、次の内容について解説していきます。

ココがポイント

  • レバレッジの基礎知識
  • 上田ハーローFXの最大レバレッジ
  • 上田ハーローFXのレバレッジのルール
  • 上田ハーローFXのレバレッジの変更・設定方法
  • FX初心者は低レバレッジに抑えるべき

レバレッジを活用すると、少ない資金で大きな金額の取引が可能になります。そのため、効率よく運用することが出来るのです。

それならレバレッジの倍率は高い方がいいのかというと、そうではありません。レバレッジにはいくつかリスクがあるので注意が必要です。

初心者の場合は特に、知らない間に高い倍率でレバレッジをかけてしまっていることがあります。その仕組みについても後ほど解説します。

知らずに損してしまうことがないように、上田ハーローFXのレバレッジについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

レバレッジの基礎知識

FXは少額から始められる理由の1つとして、レバレッジが関係しています。そもそもレバレッジとは何なのかについて、次の順に解説していきます。

  • レバレッジとは
  • レバレッジのメリット
  • レバレッジのデメリット

レバレッジとは

レバレッジとは「テコ」のことで、小さい力でも大きいものを動かせる「テコの原理」と同じように、少ない資金でも大きな金額の取引ができる仕組みのことです

例えば1ドル=100円のときに、1万通貨=1万ドルの取引をするなら100万円の資金が必要です。最低取引数量にもよりますが、これでは大金がなければFXを始めることができません。

そこで、レバレッジの出番です。先ほどと同様の条件で、レバレッジを10倍にすると、10万円の資金で1万ドルの取引ができます。さらにレバレッジを25倍にすると、4万円で1万ドルの取引が出来てしまうのです。

それならレバレッジを最大にして、少ない金額で取引した方が安全でリスクも少ないのでは?と思うかもしれませんが、それは間違いです。次の項でメリットとデメリットについて解説しますので、見ていきましょう。

レバレッジのメリット

少ない資金で取引を始められるうえに、投資効率を高めて利益率を上げることができます。例えば、ドル円を100円で10,000通貨買って101円で決済したとします。その場合、レバレッジの倍率に対して必要な資金と利益率は次のようになります。

レバレッジ 取引数量 必要な資金 利益 利益率
1倍 10,000通貨 1,000,000円 10,000円 1%
25倍 10,000通貨 40,000円 10,000円 25%

誤解しやす部分なので補足しますが、儲かる金額は同じ1万円なのにどーゆうこと?と思うかもしれません。取引数量が同じなので利益の金額は同じになります。利益と利益率の違いは、100万円が101万円になるのと、4万円が5万円になのとで考えるとわかりやすいでしょう。

上の表のようにレバレッジの倍率を上げると、利益率が高くなります。利益率を上げることができて、投資効率を高めてくれることがレバレッジの最大のメリットと言えます

「それならなおさら、少ない資金で取引したほうがいいのでは?」

「逆に100万円をレバレッジ25倍で取引すれば大儲けできるのでは?」

と思うかもしれませんが、メリットがあればでデメリットもあります。次にレバレッジのデメリットについて、解説していきます。

レバレッジのデメリット

レバレッジの倍率を上げて取引する場合に、利益率が上げられるということは、損失率も同様に上がることになります。儲かるときの金額が大きくなる反面、損するときの金額も大きくなるので注意が必要です

レバレッジを上げることで、投資効率を上げることができますが、リスク管理が難しくなります。基本的には投資額以上の損失が出ないように、安全装置のような役割のロスカットが自動的に発動します。レバレッジ最大でギリギリの資金で取引すると、小さい値動きですぐにロスカットが発動してしまうのです。

そのほかにも注意しなければいけないことがあります。FXは基本的には、資金に応じて最大レバレッジまで取引できてしまうので、自分が高レバレッジで取引していることに気付いていないケースがあります。レバレッジの設定や確認方法については後ほど解説します。

上田ハーローFXの最大レバレッジは25倍

上田ハーローFXの最大レバレッジは25倍です。金融先物取引法により、2011年から日本国内のレバレッジは最大25倍となっています。

FXは初めの頃、400倍などの高いレバレッジで取引が可能でした。インターネットの普及と、個人投資家ブームの影響もあり、FXは急速に拡大しました。

100万円で4億円の取引ができるということなので、リスク管理を無視したギャンブル的な取引が少なくありませんでした。国としてもFXによる破産者を増やしたくないため、段階的にレバレッジが引き下げられ、最大25倍になったのです。

昔と比べるとレバレッジの最大値が下がったとはいえ、レバレッジは自分に無理のない範囲で設定することが大切です。

上田ハーローFXのレバレッジのルール

レバレッジを説明するうえで切り離せないものに、必要証拠金やロスカットなどがあります。その点も踏まえて、上田ハーローFXのレバレッジのルールについて以下の順に解説していきます。

  • 必要証拠金について
  • ロスカットについて
  • 追証について

必要証拠金について

FXは資金を担保に取引を行いますが、その担保を証拠金といいます。

必要証拠金とは、新しく取引や注文をしたり、ポジションを維持するのに必要な資金のことです。必要証拠金は注文価格×取引金額×必要保証金率で算出されます。上田ハーローFXの、必要保証金率は個人口座の場合は一律4%です。

例えば、ドル円の為替レートが110円のとき、10,000ドルを取引するには必要証拠金はいくら必要でしょうか?

答えは、110円×10,000ドル×4%=44,000円が必要証拠金として必要になります。そしてなぜ10,000ドル取引するのに44,000円でいいのかというと、上田ハーローFXのレバレッジが最大25倍だからです。

もしレバレッジが最大1倍。つまりレバレッジが使えないとすると、上記の場合なら1,100,000円の資金がないと10,000ドルの取引はできません。なので、レバレッジと必要証拠金は密接な関係にあると言えます。

ロスカットについて

上田ハーローFXのロスカットは「日次ロスカット」「即時ロスカット」の2種類があります。

そもそもロスカットとは、想定以上の損失を防ぐための安全装置のような機能です。必要証拠金維持率が100%を割ると、自動的に保有中のすべてのポジションは強制的に決済されてしまいます。「日次ロスカット」と「即時ロスカット」の違いについて見ていきましょう。

日次ロスカットは、有効残高が取引金額の4%=日次維持率100%とし、日次維持率100%を割ると日次ロスカットの対象になります。

日次ロスカットは、すぐに決済されるわけではなく、指定の時間まで猶予があります。日次ロスカットを解除するには次の対応が必要です。

  • 追証額の全額入金
  • 保有ポジションの一部決済
  • 保有ポジションの全決済
  • 保有ポジションの一部決済と追証額の入金

実行日の15:00までに追証の入金をするか、保有ポジションを決済して日次維持率を100%以上にすることで日次ロスカットを解除することができます。上記のなんらかの対応をとらなければ、日次ロスカット判定日の16:00に、すべてのポジションが強制的に決済されてしまうので注意が必要です。

即時ロスカットは、有効残高が取引金額の1%=常時維持率100%とし、常時維持率100%を割ると即時ロスカットの対象になります。日次ロスカットと違って猶予はなく、すぐにすべてのポジションが強制的に決済されてしまうので注意しましょう。

ロスカットが発動してしまう大きな要因は、レバレッジの倍率の上げすぎにあります。小さな値動きでも許容できなくなり、ロスカットされてしまうからです。そのため、レバレッジの倍率を上げすぎていないか把握することが重要です。

ロスカットの注意点

急な値動きによって、ロスカットが間に合わない場合があり、証拠金がマイナスになる可能性があります。このとき負債となるため、追証を入金しなければなりません。

例えば、ドル円が100円だとして100万円の資金でレバレッジ25倍の25万ドルを買いでポジションを持ったとします。相場の急変動によりロスカットが間に合わず、ドル円が95円で決済されたとします。その場合125万円の損失となり、100万円の資金を失っただけでなく、25万円を借金として支払わなければならなくなります。

ロスカット制度は、市場変動が大きい場合や処理の遅れ等ですぐに決済できない可能性があります。そのため預入資産以上の損失を被るリスクがあるのです。

レバレッジは利益を大きくできる反面、リスクも大きくなるので注意が必要になります

上田ハーローFXのレバレッジの変更・設定方法

上田ハーローFXのレバレッジは、入金した資産に対して取引する通貨の数量によって決まります。気付かないうちに高レバレッジになっている場合があるので、次に解説するレバッレジの変更・設定や確認する方法を参考にしましょう。

レバレッジの倍率を変更・設定する方法

レバレッジの倍率を変更・設定する方法ですが、それぞれのポジションごとにレバレッジを設定する必要はありません。むしろ、最大レバレッジになってしまう分の通貨数量を取引出来てしまうので注意が必要です。

そのため、レバレッジが何倍になるのかを、あらかじめ把握しておきましょう。計算方法は、現在のレート×取引数量÷有効証拠金となります。入金する金額か取引したい数量が決まっていれば、逆算することができます。

入金する金額を100万円に決めている場合、レートが100円のドル円をレバレッジを2倍で取引するには通貨数量はいくつになるでしょうか?

答えは、100万円×2倍÷100円=2万通貨です。

取引したい通貨数量が5万通貨と決まっている場合、レートが100円のドル円をレバレッジ10倍で取引するには入金金額はいくら必要でしょうか?

答えは、100円×5万通貨÷10倍=50万円です。

上記のように計算することで、レバレッジの倍率を決めることができます。

レバレッジの倍率を確認する方法

レバレッジの倍率は取引画面から確認することができます。「口座状況」の「維持率」の欄にレバレッジの倍率が出ています。レバレッジの倍率は必ず把握して、無理のないようにリスク管理することが大切です。

FX初心者は低レバレッジに抑えるべき

FX初心者はレバレッジを、高くても3倍までに抑えるべきです。手っ取り早く利益を出したい気持ちはわかりますが、資金を失ってしまっては元も子もありません。

最大レバレッジで取引すると、ロスカットが発動しやすくなってしまいます。災害などの影響で相場が急変動したときに、想定以上に大きなリスクを受ける可能性もあります。レバレッジを上げると、それに応じてリスクも大きくなってしまうことを忘れてはいけません。

最大25倍のレバレッジなら4万円程度の少額で1万通貨の取引ができます。しかし、小さい値動きに耐えられない取引では、継続して利益を出すことは難しいことでしょう。

相場に慣れないうちは、経験を積むことが大切です。低いレバレッジで、リスクを管理して継続して利益を出せるようになるまでは、レバレッジは3倍までに抑えておきましょう。

上田ハーローFXのレバレッジのまとめ

この記事では、上田ハーローFXのレバレッジについて解説してきました。簡単にまとめると以下の通りです。

ココがポイント

  • 最大レバレッジは25倍
  • 高いレバレッジは利益も大きいがリスクも大きい
  • 高いレバレッジはロスカットに注意する
  • レバレッジの倍率は自分で計算する
  • FX初心者はレバレッジを3倍までに抑えるべき

上田ハーローFXのレバレッジは、最大25倍のレバレッジで取引することで少ない資金で始めることができ、高い利益率で資金を効率的に増やせる可能性があります。しかし、それと同時に損失率も上がることと、ロスカットの発動のリスクを忘れてはいけません

レバレッジの倍率を設定するには、自分で計算して把握する必要があります。何も考えずに取引すると、最大レバレッジまで取引できてしまうので注意が必要です。資金が少ないのであれば、上田ハーローFXは1,000通貨から取引可能なので、取引数量を抑えることもできます。

レバレッジのかけすぎには注意し、継続的に利益を出せるようになるまでは、レバレッジは3倍までに抑えておきましょう。

-FX口座, 上田ハーローFX

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.